閑話休題

おとなになって毎日を過ごしているうちに見えなくなるものがあります。

先ごろ実家に用事があって行きましたところ額に入った誌が壁にかけられてありました。

もちろん読みました。宮沢賢治の『雨ニモマケズ』です。あまりにも感動したので全文を掲載させていただきますので長いけど読んでみてください。

『雨ニモマケズ』

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ 丈夫ナカラダヲモチ 

慾ハナク 決シテ瞋(オコ)ラズ イツモシヅカニワラツテヰル

一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ 

アラユルコトヲ ジブンヲカンジヨウニ入レズニ ヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ

野原ノ松ノ林ノ陰ノ 小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ 東ニ病気ノコドモアレバ 行ツテ看病シテヤリ

西ニツカレタ母アレバ 行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ 南ニ死ニサウナ人アレバ 行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ

北ニケンクワヤソシヨウガアレバ ツマラナイカラヤメロトイヒ

ヒデリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアルキ ミンナニデクノボウトヨバレ

ホメラレモセズ クニモサレズ サウイフモノニ ワタシハ ナリタイ

日本の文化の象徴とも言うべき清貧の思想です。松尾芭蕉や吉田兼好など風流な生き方を送ったひともいますしね。見た目陰気な感じもしますけど、実はこんなに面白いこともないと思います。

今の時代にそぐわないかもしれませんがもう一度立ち止まって考えてみるのも良いかもしれません。
アラユルコトヲ ジブンヲカンジヨウニ入レズニ ヨクミキキシワカリ ソシテワスレズはかなり難しい事ですけどね。笑

この投稿へのコメント

  1. 大山郁人(大山兄弟 弟) said on 2007年5月8日 at 23:49:48

    有名な詩ですけど全文は初めて読みました。
    感動というか考えさせられる内容ですね。

    東京に来て二ヶ月になりますが、この街ではお金がないと
    つらいなーと思います。そういうわけでどうしても自分本位になってしまいます。

    そんな時にこの詩をよむと本当に立ち止まって考えたいなと思います。
    仕事は忙しいですが、時間を創って一度、じっくり考えたいと思います。

    そんな気づきを与えてくれてありがとうございます!!!
    また大阪帰った時にはよろしくどうぞ。

  2. Tanigawa said on 2007年5月9日 at 13:13:14

    >大山ちゃん

    まいどです。コメントありがとうございます。がんばってはりますなー。大山くんは素直で自分に正直なので素晴らしいと思います。僕もこの誌を読んで自分を勘定に入れて考えてたから恥ずかしい話です。あんまり思いつめると重たーなるから、たまに自分を戒めるためにこんな誌もええかなと思います。たまには僕にも気づきを頼みます。またいつでもいらしてください。スタッフ一同お待ちしとります。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL