マイフェイバリット「Lacoste(ラコステ)」。

 お気に入りのラコステのポロシャツ。三年くらい前に買ったもの。今はこの色は見当たらない。そういうのがよくて、ラコステは気に入った色があれば、その年のうちに必ず買おうと思っている。

IMG_7661

 昔はこのなんでもないワニのついたポロシャツの、良さが全くわからなかった。ガリガリ体型の僕がうまく着るにはちょっとコツがいるし、一度文房具屋で店員と間違えられたこともあるし笑(制服違うよー)。

 でも年を重ねるにつれて、これほど万能な服はないと思うようになった。そこらへんに出かける時、ちょっと街へ出かける時、実家へ帰って親戚に会う時、旅行へ出かける時、どんなシチュエーションでもハマってしまう万能性、そして、きちんと優等生に見える上品さと当たり障りのなさ。ある程度の歳になってくると、当たり障りのない落ち着いた服の、ありがたみが分かってくるのでございます。

 インポートラコステのいわゆる「鹿の子」と呼ばれる生地はやはり独特です。昔、古着でフランス製のラコステをもらったことがありますが、今の方が断然、生地は上質になってます。
 そして、新品よりも5回、10回と着て、洗濯を重ねた後の方がかっこいい。体に馴染んでくるし、鹿の子の独特な立体感も増してくる。襟も少しロールしてきて表情を良くしてくれる。たったそれだけなのに、こんなにも手放せなくなるポロシャツ。高級ブランドのニットポロも確かにいいけど、家の洗濯機で普通に洗えてしまう簡易さを考えれば、僕にとっては断然、ラコステの勝ち。

 毎年のように、谷川ボスが血眼になってたくさんの色を買い集めてくる意味が、今になってよく分かります。その時にしかない色、その時に手に入れなくちゃいけない色をなるべくたくさんの中から選んでいただきたい。その贅沢さをお客様に存分に楽しんでいただきたい。僕も、楽しませていただいている一人です。

favlacosteset1_mini

 定番なら白かネイビーがマストバイ。夏によく穿かれるボトムスに合わせて、これぞと言う色味を選ぶのもアリ。何年かして、その色ええなぁ、って誰かに言われる頃には、多分同じ色は売ってませんから。ちょっとした優越感も、ファッションを味わい深くするスパイスの一つ。

 今年のラコステ、一枚いかがでしょうか?

☆お店に行く!→ZABOUのお店
☆ネットで購入、もっと詳しく見る→ZABOU WEB SHOP

最新情報満載のZABOU facebook(フェイスブック)はこちらから。

色んなコーディネートが見たい!Instagramはこちらから。