PIN1876(ピンイチハチナナロク)by Botto Giuseppe(ボット・ジュゼッペ) 素敵な巻物の受注会を開催します。

先日までムーンキャッスルのカシミヤアイテムをイベント展開していましたが、お次はこちらをご紹介させてください。

『PIN1876(ピンイチハチナナロク)by Botto Giuseppe(ボット・ジュゼッペ)』

ストールに始まり今季も素敵なカシミヤアイテムのご予約を10月8日より受付致します。

『PIN1876(ピンイチハチナナロク)by Botto Giuseppe(ボット・ジュゼッペ) 22AW受注販売会』

【渋谷店】
期間:10月8日(土)~10月13日(木)

【銀座店】
期間:10月15日(土)~10月20日(木)

【大阪店】
期間:10月22日(土)~10月27日(木)

【WEB SHOP】
期間:10月8日(土)~10月27日(木)の19:00まで
※WEB SHOPは期間中24時間ご予約いただけます。

上記の日程でそれぞれサンプルを持ち回りながら開催致します。
今回は渋谷店スタート。どうぞよろしくお願い致します。

そもそもにはなりますが、ピンイチハチナナロク?ボットジュゼッペ?とカタカナが多いタイトルになっていると思いますので、改めてブランドのご紹介をさせていただきます。

~PIN 1876 by Botto Giuseppe~

PIN 1876はイタリアBotto Giuseppe社が手がけるストールブランド。
Botto Giuseppe社は古くから高級スーツ素材の産地として、世界的に有名なイタリア・ビエラ地区で1876年に創業、イタリアのテキスタイル業界の大御所として認められております。
各国のデザイナーやLUIS VUITTONやHERMESなどの高級メゾンがその風合いと原料の良さを認め多用していることにも、その信頼が伺えます。
「空気のような軽さと繊細さ」をコンセプトにエレガンスを追求したストールブランドです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おかげさまで今回で3回目の開催となりました。
私も初回開催時に自分の分をオーダーしましたが、それ以来すっかり虜に。
もともとカシミヤの巻き物はジョンストンズなど愛用していますが、それとはまったく違う、非常に満足度の高い品々です。

こちらのイベントでは、型と豊富なカラー展開から組み合わせてお選びいただけるのですが、その前にもう一つだけ他と大きく違うところを。

通常巻き物のほとんどが布帛(織物です)なのに対し、こちらのブランドはニット(編物です)で作っています。それにより、布帛にはない軽さと伸縮性があり一日身に着けてていても非常に軽やかなのです。風合いもふんわりと、手触りも柔らかく、カシミヤ特有のツヤや僅かなヌメリもあります。
まあ、歴史あるファクトリーなのでウンチクはたくさんあるのですが、一度手にして、可能なら首に巻いていただくと違いを感じていただけるはずです。

前回開催時のルックより。

ご予約いただきました皆さまへのお渡しは、2022年11月末~12月頭頃を予定しています。

ご注文の際は全額前金にて頂戴いたしておりますので、予めご了承ください。

また近日中にラインナップなどご紹介させていただきます。
今年も巻ける日が来るのが待ち遠しく、楽しみです。

それでは。

この記事を書いた人

瀬川

ZABOU大阪店スタッフの瀬川です。店頭にいらした際は是非色々とご試着してみてくださいね。体型が近い型はサイズのお問い合わせも是非!