Regal Shoe&Co(リーガルシューアンドカンパニー)より私物のご紹介を。

開催中の『Regal Shoe&Co(リーガルシューアンドカンパニー)21AW TRUNK SHOW 』
期間も残すところ後一週間。まだ見られてない方もご検討中の方も、この機会をお見逃しなく。
引き続きご来店お待ちしております。

さてさて、今日は私の履いている私物をご紹介出来れば。

Regal Shoe&Co(リーガルシューアンドカンパニー) Standard Saddle Last pumps ¥46,200-

レザースリッポン。
一枚革で作られる贅沢な一足。結構前から気になっていた、欲しいタイプのシューズでした。
展示会で見て、他のお店さまでも見て、何となくしっくりこないな~が続き、昨年私含め、他スタッフもこのシュー&カンパニーをZABOUで展開する前にそれぞれ一足購入するという運びに。
そこでラインナップを見ていた中こちらがありました。たまたまカタログの一番最初に掲載されていてたので、他のを見る前にコレにしようともう即決。

「スタッフ間での被りは無し」とそれぞれみんな選びましたが、多分被らんやろ(笑)と。案の定そうでしたが。
前回ご紹介した際も少し書きましたが、何が良かったって型押しであること、丸みがあって華奢過ぎないこと、そしてアウトソールにボリュームがあること。

こちらは革靴好きの方にはお馴染みかもしれませんがリッジウェイソールを採用。
ゴム(ラバー)ソールだとダイナイトが有名ですが、このリッジウェイはもう少しカジュアル感のある印象。
溝が多くグリップ力に優れ、ある程度の悪天候でも使いやすい街履きには持って来いなソールです。アッパーもスムースに比べ水濡れには強く、傷も目立ちにくいですしね。

レザースリッポンはもう少しドレス感のあるタイプが多いのですが、このカジュアル感が自分の好みによく合います。
書いていて思い出しましたが、昔パラブーツのランスを購入した時も同じ理由だったな~。
力の抜けた感じと、やはりレザーシューズだけあって、ほんのり締まりがある。
程よくぽってりとしたシルエットはカーゴをはじめ、ボリュームのあるパンツと相性抜群ですよ。

上から下まで全て私物です。本日のリアルなやつ。
ようやくこの時期らしい恰好が出来るようになりましたね。

こちらはサドルラストを採用しています。どれも共通ですが、ウィズは2E。
足のサイズ26.5cmの私でこちらは25.5cmが丁度良かったです。見ての通りヒモがなく、伸びも出ていまいりますのでぴったりとしたサイズ選びがおすすめです。

合わせも難しいイメージを持たれる方も多い一足ですが、スニーカーの延長くらいで私は考えております。タフに使えておすすめな一足です。是非お試しあれ。

この記事を書いた人

瀬川

ZABOU大阪店スタッフの瀬川です。店頭にいらした際は是非色々とご試着してみてくださいね。