春のボトムス!GUNG HO(ガンホー) ファティーグパンツ

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。東京店スタッフの大森です。

日に日に気温が上がり、陽が伸びで春を実感するようになりました。冷え性が辛い時期もようやく終わるということでウキウキしております。私事ではございますが大のサッカー好きでして、最近はマイチームのマリノスとチェルシーの調子が良く、嬉しいこと続きです。

さて、そろそろ洋服の話をさせていただきます。本日紹介するのは、GUNG HO(ガンホー) ファティーグパンツでございます。

ZABOUでも長年取り扱いのある定番のファティーグパンツですが、今一度おさらいから。

「ファティーグパンツ。元々はアメリカのミリタリーパンツです。ベイカーパンツとも言います。
カーゴパンツとはまた違い、サイドのカーゴポケットは付きません。特徴的なのはアイコンともなる台形型のようなフロントポケット。
様々なブランドがサンプリングし生産するメンズの定番パンツと言ってよい代物です。ブランド物・古着色々含めて一度は穿いたことがある方も多いのでは。

うちでもいろいろなブランドで取り扱いをしていますが、一番長く取り扱い、ご紹介しているのがこのガンホー(バックポケットのネームラベルは全てスタンレーに切り替わりました)。
形も2種類、ストレートシルエットの1101Pと、スリムテーパードの1301P。どちらが良いかはスタイリングやお好みによるところですが、共に穿きやすいパンツなのは間違いないので、これからファティーグパンツを手にしていただく方には是非ともおすすめさせていただきます」

ストレートシルエット 1101P

その名の通りのやや太目なストレートシルエット。しかし、穿いた時の足のラインは非常にきれいです。

個人的に太めのシルエットはカジュアルに着たいので、羽織物にはワークジャケットを選択。インナーはウエッソン。

スリムテーパード 1301P

こちらは膝から下にかけてキュッと強めのテーパードをかけてすっきりとした印象に。ファティーグパンツとは思えない上品さがあります。

こちらはやはりジャケパンスタイルが気分です。テーパードが効いたパンツはジャケットがよく合います。

◎エイジング

スタッフ私物 着用3年

生地はコットン100%のバックサテン。洗濯をしていくとパッカリングや色落ちなどのエイジングが楽しめます。

デニムより薄手でありながら非常にタフな生地。数か月、数年と履いてふと新品と見比べた時、だいぶ育ったなと生地をなでるのが非常に楽しく、愛着が深まる瞬間でございます。

是非、店頭にてお試しくださいませ。

この記事を書いた人

大森

東京店スタッフ。
1998年生まれの神奈川育ち。若輩者ですがよろしくお願いします。