J.CREW(ジェイクルー)コットンVネックセーター

最近、休みの日は神社仏閣に詣でてます。というか、紅葉なんぞを見に出かけるのですが、道に迷ってしまってまぁいっかと思いつきでたどり着くのが神社だったりお寺だったりする訳ですわ。

しかし、日本にはたくさんの神社仏閣がございますね。建物を建築物として捉えると現代にはマネの出来ない拵えなどがあって非常に趣きがあります。歴史的に見ても言い伝えやお伽噺のようにその土地ゆかりの物語なんかがあって楽しいもんでございます。樹齢数百年というような杉の大木を見ると自分の今が点のような存在として映ったりします。

さて、僕のたわ言はこのくらいにしておいて仕事です。

今、NEW YORKで最もアツいブランドと言えばJCREWでしょう。(非常に個人的意見ですのでよそで言わないように。)そのベーシックな編集は古くて新しい。まさに温故知新でございます。

先日もS社のY氏と温故知新的な話になりまして、ふと原宿の街を歩いていると原宿のCというお店のYさんが歩いていたそうな。雑誌や媒体によく出ていらっしゃる方なのですぐに判ったそうですが、彼はベタベタのIVY世代で自他共に認めるプレッピーな方です。しかし、その着こなしたるや相当なものでちっとも古くないそうなんです。ややもすると「あの時は良かった」なんて昔話を言い出しそうな勢いであるにも拘わらず、何の何の「今を捉えていた」そうです。かっこいいなぁ。

これは非常にいい話だなと思いました。人間はつい良かったときの想い出に浸り、前に進むことをためらいがちになります。しかしながら進歩する為に、いつも新たな気持ちで居なければいかんなーとあらためて気付かせてくれた話でもありました。

さて、「JCREW」ですが、今年はZABOUでもいろいろとご紹介させていただいて参りました。が、この時期インナーに着るものが難しいという御仁をよくお見かけいたします。それならと、本日ご紹介いたしまするはJ.CREW(ジェイクルー)コットンVネックセーターでございます。

これはJCREWが毎年定番として出しているモノでコットン95%カシミヤ5%という非常に肌触りの良い生地のセーターでございます。毎年定番と申しましたが、少し違いがございます。何かと申しますと色、サイズ繰りなどが違うのでございます。これが実は先ほどから申し上げております「定番を着てるけど古くない理由」でございます。定番といえども少しずつ時代の流れに変化を付けておるのでございます。「古いけど新しい」とは以上のような理由からだったのでございます~。
jcrew11
J.CREW(ジェイクルー)コットンVネックセーター  カラー:グレー、ネイビー  サイズ:S、M  プライス:¥8,295-

PS:永ちゃん(矢沢永吉)の映画早く観に行きたいのでございます~。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL