『Versatile Style』 2009 ZABOU THEME

さて、今年のZABOUのテーマはズバリ『Versatile Style』です。昨年11月にこんな記事を書かせていただきました。

既成概念でモノを見ること(パラダイム)が、実はとても危険なこと。なのかもしれません。
逆説的に言うと、温故知新(古きを訊ねて新しきを知る)ということかもしれません。
新しい価値観を創りだしてみませんか、という問いかけかもしれません。
先日、ロサンゼルスのI氏から頂いたメールの中で彼は次のように述べています。あまりにも的を得てるのでそのまま引用させて頂きます。
地球温暖化のために衣料の季節感もなくなり、年中T-Shirtを着てその上に何かをその日の気候によって重ねるようなVersatile Fashionを広めるしかないようです。そのコンセプトで季節感を全く無視したFashionを考えて、重ね着、ショール、を楽しみながら一年中その日の気候,温度にあわせて着こなす季節無視、気候重視のVersatileを提案しますので、受け入れてくれる事を願います。組み合わせが多いほど個人のセンスが生きて、新しい組み合わせを捜しにお店を廻ることがお客さんの楽しみになりますように。(中略)

Versatile とは

1 〈人・性格・才能が〉なんにでも向く, 多芸多才の;融通のきく

・a versatile artist 多才な芸術家

・a versatile talent 多芸多才

2 〈道具・物が〉多用途の, 万能の

・a versatile instrument 万能道具

・a versatile new material 用途の多い新しい材料

3 〈気持ち・目的・政策などが〉変わりやすい, 不安定な;気まぐれな

・a versatile disposition 移り気な性格

・versatile interests 気まぐれな興味
(yahoo辞書より)

すごくいいですよね。多芸多才で融通が利いて多用途で万能、おまけに「気まぐれ」ですわ。笑 僕は「気まぐれ」というのは大好きで、これは裏を返せば常に臨機応変で最良の方法があるのではないかと模索している姿勢と感じられるのです。この時代を生き抜くのにピッタリやな~と思います。

毎年12月に発表される「今年の漢字」。あれ、よう出来てますよねー。ちなみに2008年は「変」で、2007年は「偽」ですわ。今年はどんな年になることやら。 松下幸之助氏ではありませんが、「好況よし、不況さらによし」と不況こそチャンスと捉えて頑張れば必ず「道は開ける」はずです。笑

調子ようないときは笑ってたらええんです。潮の満ち引きと一緒であかんかった後にはええことあるし、ええことあったらあかんこともあるよ。日常を大切に。毎日感謝の気持ちを忘れずに丁寧に生きること。それでええんちゃう。 道

この投稿へのコメント

  1. 大山 郁人(大山兄弟 弟) said on 2009年1月6日 at 17:04:04

    あけましておめでとうございます!

    「ヴァーサトルスタイル」と読むんですかね?わくわくするテーマですね!今年もZABOU、本当に楽しみにしてます。

    あと自分は調子ようないので、日常を大切にし感謝の気持ちを忘れずに笑っていこうと思います。谷川さん、素敵なお言葉ありがとうございます!今年もどうぞよろしくお願いします。

  2. Tanigawa said on 2009年1月7日 at 8:31:35

    >大山さん

    あけましておめでとう。今年もよろしくおねがいします。

    Versatile Style はヴァーサタイル・スタイルと発音するようですよ。

    良いご提案ができるように日々努力して参りますので、感じたままの意見をきかせてくださいませ。

    今年は調子ようなるよう信じて祈ってます!またいつでも相談乗るからね。

    今年もよろしくお願いします。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL