春夏モノのテーマは・・・

少し早いですがZABOUの来春夏の簡単なテーマというかガイドラインを。 
テーマは『部屋とYシャツと私』ではなくて『FDGE』です。(エフデジェ)と読みます。

『FDGE』(エフデジェ)とは、フランス語のFutur Directeur Generalの頭文字からなる造語です。
いわば、将来を約束された上流階級という意味合いのことです。特にこの階級の子弟を指します。
言い換えればフランス版「プレッピー」のようなものですわ。
【ファッション用語解説】’87年日本の情報雑誌ポパイが提唱した。 フランス語 将来を約束された階級という意味の略語。 上品でベーシックな装いをいう。(追記)

なぜ殊更にエフデジェやプレッピーなのか?

気分的な問題だとは思いますが時代の気分が反映しているような気がします。最近、洋服を着るにあたって気負い込み過ぎる事や頑張りすぎる事に対して「さぶい」とか「きもい」などの言葉をよく耳にします。多少この気負いや頑張りや勢いがないとあかん場合も多々あるわけですが何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」なんでしょう。

しかし、それを解決するが如く現われたのが「プレッピー」や「FEGE」ですわな。彼ら(彼女ら)は生まれつきお金持ちなのでファッションに対しても気負いや頑張りが無い。そのサラッと着こなす姿が美しくまた華麗な訳です。また独自的な着崩しが彼らの得意とするところで、スタイリングはトラッドやベーシックでありながらさりげなく洗練されたコーディネイトであったりするわけです。

ただ、我々一般庶民に同じ事はでけまへんが感覚を身に付ける事は可能です。そしてさらに『FDGE』を解体して再組立したいと思います。ZABOU風にアレンジします。基本的には今お手持ちの服を最大限利用するというのが僕たちの考えです。どないして組み合わせたらうまいこと着れるやろと言うのが常にテーマです。

分かり易く言い換えるとアメカジのもんにフランスもんを融合していきましょかっちゅう話ですわ。
まあ今日に始まった事とちゃうけどね。笑
ラコステのポロシャツ(新)にセントジェームスのボートネックのカットソー(新)合わせてLEVIS 501穿いて普段コンバース合わしてたんをSUPERGA(新)にするとかね。あくまでWESTONやHERMESとかでは無いですよ。
あと、軍モノとか作業服(ワークもの)なんかも取り入れて少し土っぽさとだらしなさもミックスしちゃいましょう。

ポイントはZABOUのお店にて...はい。お待ちしております。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL