RESOLUTE FAIRに向けて 712のおすすめ。

どうもです。瀬川です。
暖かいななんて油断してたら、ここ数日の寒さにしっかりと冬を感じています。
えべっさん辺りからやっぱり寒くなりますね~。セーターにダウンに、ここぞとばかりに暖かいのん着ときましょ。

さて、今月25日(土)からはいよいよリゾルトフェアです!
年に1度、大阪店では毎年1月のお楽しみイベントです。うちでは常時たくさんのサイズを扱っていますが、さらにパワーアップ。それにデザイナーの林さんに直接見立ててもらえるのはこのタイミングだけ!
フィッティングデーは初日25日、26日の2日間のみなので、この機会に是非リゾルトのジーパンをお試しくださいませ。

『RESOLUTE(リゾルト)FAIR 2020 ZABOU OSAKA』
期間:1月25日(土)~2月2日(日)
時間:12時~20時
場所:ZABOU OSAKA&ZABOU WEB SHOP

良いタイミングだと思い、私瀬川も新調しました。
今回は“712”をチョイス。

自身2本目となる712。
以前に穿いていたやつは、まだレングス展開が無い頃だったので裾上げをして穿いてました。
それでも短めにはせず、丈は靴にちょいかかるくらいで。(そんな気分やったんやと思います。)片方の膝だけ以上に擦れているのは職業柄。

今回はさっぱりと穿きたいので短めで。
サイズはジャストサイズのW30×L31。軽く一折りしていい感じのバランスです。
710は今W30×L30を穿いていますが、一折りするなら同じくW30×L31が丁度良いサイズ。

ご存知の方も多いと思いますが、66タイプの710に対して712は505タイプ。
505はかつての作業着(501)としてのジーパンじゃなく、ファッションアイテムとして登場した名品番。その特徴はもちろんリゾルト712にも表れています。

股上が少しだけ浅く、フロントはジッパーフライ。シルエットは膝から下にかけて細くなったテーパードシルエット。
モダンでスタイリッシュな形は脚を綺麗に、またコーディネイトを引き締めます。

710より太もも回りにゆとりが出ますので、太ももが太いスポーツ体系の方でもウエストでサイズを合わせやすくなっています。逆に裾幅は710より細めです。
かくいう私も、ちょっと太ももが太め&少し余ってる方が好きなのでこれがしっくりくるんですよね~。

生地にも少し違いが。
生地自体は710と同じですが、712はサンフォライズド加工をし、元々ある毛羽を焼いていますのでまた違った印象です。この辺りも店頭に来られた際はじっくり見比べてみてくださいね。

冬はやっぱり濃い~色のジーパンが穿きたくなります。
ジーパンの型と自分の体型の相性、丈の長さ、コーディネイトのイメージ。いろんな観点から選んで、悩んで、これ!という一本をお楽しみくださいませ~。

●ダウン montbell(モンベル) サイズ:M ¥11,880-
●セーター HIGHLAND TWEEDS(ハイランドツイード) ¥10,780-
●ストール  HIGHLAND TWEEDS(ハイランドツイード) ¥10,780-
●パンツ  RESOLUTE(リゾルト)712 サイズ:W30×L31 ¥23,100-
●シューズ SANDERS(サンダース) サイズ:UK7 ¥47,300-
モデル 身長175cm 体重65kg 足のサイズ約26.5cm

●アウター N.O.UN(ナウン) サイズ:M ¥22,000-
●カットソー N.O.UN(ナウン) サイズ:M ¥7,480-
●パンツ RESOLUTE(リゾルト)712 サイズ:W30×L31 ¥23,100-
●シューズ 私物
●サングラス IZIPIZI(イジピジ) ¥6,050-
モデル 身長175cm 体重65kg 足のサイズ約26.5cm

今年で10周年となったリゾルト。当初からのファンはもちろん、SNSなどで最近知られた方もいらっしゃるかと。シルエット、色落ち、物の背景、求めるものは人それぞれですが、そのどれをとってもおすすめなジーパンブランドです。この機会に是非お試しだけでもいらしてください。

もちろん、フェアまでの間もサイズはしっかりとご用意しております。
いつでも気軽にいらしてくださいね。それでは。

この記事を書いた人

瀬川

ZABOU大阪店スタッフの瀬川です。店頭にいらした際は是非色々とご試着してみてくださいね。