SIERRA DESIGNS(シエラデザイン)/Mountain Parka この冬どう着る?

洋服が誕生してから現在まで、数えきれないほど沢山の服が生み出されてきました。
それは民族・宗教的な背景から生まれるものもあれば国同士の争いによって生み出されたものなど、出自は様々ですが共通して言える事はその土地・文化・生活様式に合わせて作られてきたという事。

そういった歴史のある服たちが現在のファッションのデザインソースとなることが大半となっています。
素材を変えてみたり、形を現代風にしたりと今の生活スタイルにあった洋服が新たに生み出されていく訳で、カッコよさ・機能面なども世に出回っている商品は良い服だらけです。
でもなぜでしょう?
洋服が好きになればなるほど、本物やオリジナルを知りたくなりませんか?

そんなオリジナルでありながらもいまだに絶大な人気を誇るブランドのご紹介です。

SIERRA DESIGNS(シエラデザインズ)

1965年創業のSIERRA DESIGNS(シエラデザイン)は、ジョージ・マークスとボブ・スワンソンの2人によって、カリフォルニア州バークレーの隣町リッチモンドという土地で小さな工房から始まりました。
『SIERRA DESIGNS(シエラデザイン)』。その名前は雄大にそびえ立つシエラネバダ山脈に由来しています。

出典元:SIERRA DESIGNS公式

創業から3年後の1968年に『60/40(ロクヨン)マウンテンパーカ』を発表。
これが現在のマウンテンパーカーの基本となり、様々なブランドがこの形・素材をベースにマウンテンパーカーを作っています。

またHeritage Lineの製品は今もなおUSA製にこだわり、丈夫で質の高いモノ作りを続けています。

60/40クロスとは、横糸に綿を約60%、縦糸にナイロンを約40%の比率で織り上げられた生地の事で、その比率から通称ロクヨンクロスまたはロクヨンと呼ばれています。
1960年発祥のオーセンティックな素材ながらも、コットンよりも通気性が高く、ナイロンに比べて耐摩耗性に優れていて機能的。水分を吸収すると、横糸の綿繊維が膨張して撥水性も発揮する。使うほどに風合いが出るので、愛着を持って使い続けられる素材でもある。

●MOUNTAIN PARKA(マウンテンパーカー)

左上:V.tan/Navy 右上:Midnight/V.tan 左下:OliveDrab/Black 右下:Black/Black

前述の通り、マウンテンパーカーの元祖とも言えるのにはそう呼ばれるだけの理由があります。

元祖にして完成系との呼び声高いデザイン。

マウンテンパーカーはアウトドアスポーツなど天候に左右されるスポーツを快適に楽しむために様々な工夫が施されています。

今やカジュアルマウンテンパーカーのアイコンともなっている、象徴的なレザークッキー(通称:豚鼻)。

ハンドウォーマー付きの大型ポケットは、マチが十分にあるので収納力抜群。
少々のお出掛けともなると手ぶらで行けちゃいます。

背面には新聞紙などを入れると防寒対策にもなるマップポケット。
山道では地図や新聞が必須アイテム。実際、保温性を高める為に新聞を詰め込んでいたのだとか。

ロクヨンクロスであることの証明とも言えるこのタグ。
ちなみに「SINCE 1968 THE ORIGINAL 60/40 LINE SIERRA DESIGNS」はシエラデザインズ社の登録商標となっている為、他のブランドでは決して使う事は出来ません。

縫製はもちろん生地もアメリカ製となっています。

●コーディネイト

11月も半ばに差し掛かり、日中の最高気温も徐々に下がって参りました。

マウンテンパーカーって使える時期が短いなんて言われがちですが、インナーを工夫すれば1月頃まで着用頂けます。

おおよその気温に適したコーディネイトを組んでみましたので是非参考にしてみてください。

最高気温16℃~20℃

●アウター SIERRA DESIGNS(シエラデザインズ) サイズ:L ¥55,000-
●シャツ F.O.B FACTORY(エフオービー ファクトリー) サイズ:L \18,700-
●パンツ RESOLUTE(リゾルト) サイズ:W32×L30 ¥28,600-
●キャップ Au Vrai Chic BRITAIN(オーブライシックブリテン) サイズ:フリー ¥7,480-
●シューズ 私物

日中は気温も上がりシャツ1枚でも過ごせるかもしれませんが朝晩の冷え込みがあるのでマウンパを羽織ると丁度いいサイズ。

70年代~80年代に流行った「ヘビーデューティー」なスタイルは今やアメカジの定番スタイル。
まずは先人に倣ってマウンテンパーカーを使ったコーディネイトで正解と言っても良いような定番スタイルを楽しんでください。

最高気温12℃~15℃

●アウター SIERRA DESIGNS(シエラデザインズ) サイズ:L ¥55,000-
●トップス Camber Ⅱ(キャンバー・ツー) サイズ:M ¥15,840-
●パンツ GUNG HO(ガンホー) サイズ:W34×L32 ¥12,980-
●キャップ COOPERS TOWN(クーパーズタウン) サイズ:フリー ¥7,240-
●シューズ 私物

この気温になると昼間でも少し肌寒いので、インナーにはZABOUの冬の定番アイテム「CAMBER(キャンバー)」がおすすめ。
防風性のあるアウターと暖かいパーカーを組み合わせれば、寒さなんてどこへやら。

アメリカらしいカラーリングのマウンテンパーカーとこちらもZABOU定番アイテム「GUNG-HO(ガンホー)」の土臭いベイカーパンツの相性は抜群です。

最高気温8℃~11℃

●アウター SIERRA DESIGNS(シエラデザインズ) サイズ:L ¥55,000-
●ニット Rinascente(リナシェンテ) サイズ:48 ¥16,280-
●ベスト COLD BREAKR(コールドブレーカー) サイズ:M ¥12,980-
●パンツ F.O.B FACTORY(エフオービー ファクトリー) サイズ:M ¥16,500-
●ベレー LAULHERE(ロレール)
●シューズ 私物

10℃を下回ってくるとさすがにマウンテンパーカー1つでは少し物足りません。
そこで登場するのがミッドレイヤーアイテム。
ミッドレイヤー?なんて方が居ましたら是非、こちらをご覧下さい。

ウール100%のベストは袖がなくともしっかりと体を温めてくれます。
更に追い打ちをかけるかのようにウールのニットを着れば1月の厳しい寒さも耐えれます。

こちら最近自分用に購入しましたRinascente(リナシェンテ)の沼ネック。このニットめちゃくちゃ着心地良いですし、暖かいので併せておすすめです(笑)

●まとめ

原点にして頂点ともいえるようなSIERRAのマウンテンパーカ。
現在のアウトドアウェアのベースはここから生まれました。

商品単体で見るとカラーリングが独特で中々使いづらい印象を持たれがちですが、着こなし方は難しく考えず、ご自身の用途やスタイルによってコーディネイトを組めば様々な変化を見せてくれます。

クラシックながらも実用性も高いアウター。
男心をくすぐります。

この機会に是非ご検討ください。

◎イベントのお知らせ

『RESOLUTE(リゾルト)FAIR 2022 東京店(渋谷・銀座)』

期間:11月26日(土)~12月4日(日)
●渋谷店 時間:12:00~19:00

●銀座店 時間:12:00~20:00(日曜のみ19:00まで)

デザイナー林氏のフィッティングデー
日時:銀座店 11月26日(土)12:00~20:00、渋谷店 11月27日(日)12:00~17:00

『尾道デニムプロジェクト 東京店(渋谷・銀座)』
期間:11月26日(土)~12月4日(日)
●渋谷店 時間:12:00~19:00
●銀座店 時間:12:00~20:00(日曜のみ19:00まで)

尾道デニムプロジェクトスタッフ在店日
●渋谷店 11月26日(土)12:00~19:00

●銀座店 11月27日(日)12:00~19:00
※初日と二日目のみ、尾道デニムプロジェクトスタッフ在店店舗のみUSEDデニムを展開しておりますので、ご来店の際はご注意くださいますようお願いいたします。

『SANDERS(サンダース)22AW TRUNK SHOW』

【銀座店】
期間:11月19日(土)~11月23日(水)
時間:12:00~20:00
 (日曜日のみ19時まで)

【大阪店】

期間:11月26日(土)~12月4日(日)
時間:11月26日(土)~12月4日(日)19:00まで

【渋谷店】

期間:12月7日(水)~12月11日(日)
時間:12月7日(水)~12月11日(日)19:00まで

この記事を書いた人

高橋

ZABOU大阪店スタッフの高橋です。
『TAKE IVY』でここまで大きくなりました、アメトラ大好き青年です。
皆さまどうぞ宜しくお願いします!