「シューケア実演販売会」に向けて スムースレザー・ガラスレザーのお手入れ

今週末の18日(土)と19日(日)はシューケアイベント。

店頭でシューケアマイスターの方にお越しいただきまして、実演のもと靴のお手入れのあれこれをご紹介させていただきます。

日頃のお手入れで分からないことやこれからチャレンジしようと思っている方などは是非この機会にお越しくださいませ!

てなわけで、週末のシューケアイベントに向けて本日はスムースレザー・ガラスレザーのお手入れについてご紹介。

まずはスムースレザー編。

Paraboot(パラブーツ)シャンボードを使って実践。

はじめに靴の形を整えるため、シューツリーを入れてあげましょう。
シワが伸びて、お手入れもしやすくなりますよ。革靴を大事に長持ちさせたい方にはシューツリーが必須アイテム。

手順① ブラッシングで汚れ落とし。

左:プロホースブラシ 右:SANOHATAブラシ

まずは馬毛のブラシ「プロホースブラシ(馬毛)」or「SANOHATAブラシ 馬毛」でシューズ全体をブラッシング。表面上のホコリや汚れを落としてあげます。

リムーバーで汚れを落としたり、靴クリームを塗る前にまずはブラッシング。ホコリなどが溜まった状態で水滴などを靴が浴びると、隠れていた汚れが広がって染みになる可能性がございます。

強くこするのではなく、払う・なでるような感覚でブラッシング。

手順② リムーバーを使って汚れ落とし。

ブラッシングで表面的な汚れは取れたので、お次は革の汚れを落としていきます。

M.モゥブレイ ステインリムーバー60」を「M.モゥブレイ リムーバークロス」につけて、靴全体を優しく拭き取るようにして汚れを落としていきます。

前回お手入れした時のクリームも落ちて、クリアなすっぴんの状態に。お手入れは化粧のようなものですので。

液状なので出しすぎに注意してくださいね。

きちんと全体を拭いてあげましょう。シューレースを通しているタン部分なんかは忘れがちなので!

手順③ クリームで栄養・潤い。

汚れをキチンと落としたら、ここから栄養クリームで潤いを与えます。

お好みの仕上がり具合などによって使うクリームは異なりますが、おすすめはナチュラルな仕上がりで風合いの良い「M.モゥブレィ プレステージ クリームナチュラーレ ニュートラル」。

クリームを塗る時は手を汚さず、細かなところまで綺麗に塗れる「ペネトレィトブラシ」を使用します。

クリームも付けすぎにご注意を。米粒3、4粒分程度が目安です。

モカ縫いやコバの部分など、布では届かない部分があるのでブラシが◎

手順④ 仕上げ(磨き)

左:プロホワイトブラシ 右:SANOHATAブラシ

クリームをまんべんなく塗り終わったら、今度は「プロホワイトブラシ(化繊毛)」or「SANOHATAブラシ 豚毛」でブラッシング。クリームを伸ばして馴染ませることによって光沢感が生まれます。

はじめと同じく、払う・なでるような感覚でブラッシング。

最後は「M.モゥブレイ グローブクロス」で空拭きします。余分なクリームを落としつつ、ツヤを出して綺麗に仕上げるための重要な工程です。

ピカピカがお好きな方はしっかり目に磨いてください。

お手入れ完了!

基本的なスムースレザー(一般的な表革)のお手入れは以上の通り。

Regal Shoe&Co(リーガルシューアンドカンパニー)ストレートチップGORE-TEXBLUNDSTONE(ブランドストーン)も同じくのお手入れ方法がおすすめです。


次はガラスレザー編。

SANDERS(サンダース) MILITARY DERBY SHOEを使って実践。

同じくシューツリーは入れおくことをおすすめします。

まずガラスレザーとは、カーフレザーをガラス加工したものを言います。(品ある綺麗な光沢感が特徴的)
この革質は、比較的お手入れ方法が簡単ですのでズボラな方でもご安心ですよ。

手順① ブラッシングで汚れ落とし。

左:プロホースブラシ 右:SANOHATAブラシ

まずは馬毛のブラシ「プロホースブラシ(馬毛)」or「SANOHATAブラシ 馬毛」でシューズ全体をブラッシング。表面上のホコリや汚れを落としてあげます。

リムーバーで汚れを落としたり、靴クリームを塗る前にまずはブラッシング。ホコリなどが溜まった状態で水滴などを靴が浴びると、隠れていた汚れが広がって染みになる可能性がございます。

強くこするのではなく、払う・なでるような感覚でブラッシング。

手順② クリームを使って汚れ落とし&栄養・潤い

M.モゥブレィ プレステージ クリームエッセンシャル」と「M.モゥブレイ ポリッシングコットン」を使用。これ一本で革の汚れ落としと、栄養・潤いを与えることができます。一本二役なのでございます。
クロスを指に巻き付け、クリームを適量。細部まで抜かりなく、全体を塗っていきます。

クリームは少量ずつ薄く伸ばしていくのがポイントです。

手順③ 3.仕上げ(磨き)

“馬毛のブラシ”を使って仕上げ(磨き)のブラッシング。※この際、使用するブラシは初めに使用したブラシとは別のブラシを用意することをおすすめします。

そしてブラッシングが終われば、「M.モゥブレイ グローブクロス」で空拭きします。余分なクリームを落としつつ、ツヤを出して綺麗に仕上げるための重要な工程です。

トゥを艶っぽく仕上げたい方はしっかりと磨いてください。

お手入れ完了!

以上のお手入れはG.H.BASS(ジーエイチ・バス)ローファーSOLOVAIR(ソロヴェアー)も同じくのお手入れ方法がおすすめです。

いかがでしたでしょうか。

シューケアもやってみると案外楽しいもので、靴が綺麗になると気分も良くなります!

明日も引き続きシューケアについてご紹介させていただきますので是非ご覧ください。

また、開催初日の18日(土)はザボウインスタグラムによるインスタライブ2本立て!でお送り致しますので是非チェックしてくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●その1 ボス谷川の革靴をお手入れ!

時間:午前11時半より約30分
アカウント:zabouosaka13にて

中々の変化をしているボス谷川の一足を綺麗に蘇らせようということで、こちらを実際にプロの手で手入れしてもらいます。
どのような仕上がりになるかお楽しみに!

●その2 お手入れQ&A!

時間:午後7時半より約30分
アカウント:zabou_tokyo

インスタグラムのストーリーズにてお手入れに関する疑問や質問など募ります。
その中よりいくつかピックアップしましてライブにてプロにお答えいただきます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インスタグラムのフォローも是非お願い致します!
期間中は皆様のご来店スタッフ一同心よりお待ちしております。

この記事を書いた人

大井

東京店スタッフ。
1993年生まれの関西人。AB型の左利き。
どうぞ気軽にお店へ遊びに来てくださいね!