『weac.(ウィーク) ‘14秋冬、新作シャツの予約会』からこの一枚 (堀田編)

 6/1(日)まで好評開催中の、『weac.(ウィーク) ‘14秋冬、新作シャツの予約会』。たくさんのお客様に足をお運び頂きまして、誠にありがとうございます。まだ知らない、と言う方も、是非一度気軽に、会場へ遊びにいらして下さいませ。ご試着頂いて、楽しんで頂ければ幸いです。

  
 さて僕のおススメする”この一枚”は、『eight days a weac.(エイトデイズアウィーク) HUNTER COAT』でございます。

weac14fwinterview19eight days a weac.(エイトデイズアウィーク) HUNTER COAT ¥52,920-

weac14fwinterview18

  
 カジュアルで手頃なお値段のアイテムが多いweac.(ウィーク)に対して、このeight days a weac.(エイトデイズアウィーク)は本気です。決して、ウィークが手を抜いているという訳ではないのですが、先日のボスのブログにも書いてありました通り、”抜け”感が絶妙なウィークに対して、エイトは手を抜かず、多少値が張っても絶対良いモノを作る!という、決意が現れているアイテムばかりです。その高いクオリティの割には、お値段も良心的なように思います。

  
 僕は服を選ぶ時、誰かを想像して選ぶ事があります。エルスケン、木村伊兵衛、ブレッソンにアボット、アジェと、僕の好きな写真家は皆、身なりも洒落ていて、そしてややロングのコートを着てカメラ片手に街を歩く、そんなイメージがあって、このハンターコートはイメージにしっくりきます。

 ”コート”というよりは、あえて”外套(がいとう)”という言葉を使いたくなる、クラシックで落ち着いた雰囲気。ハンティングコートをメルトン地で、上品に仕上げています。
 右肩のガンパッチにフラップ付きのマチのある大きめなポケット。そして、ななめに入ったハンドウォーマーポケット。それを、上質で目の詰まった、暖かいウールメルトンで仕上げています。縫製も非常にキレイで、一部はハンドフィニッシュを行うなど、メイドインジャパンの繊細な技術が詰め込まれています。

 ウィークは決して有名ではないですし、派手さも無いのですが、職人のように淡々と良いモノを作り続ける、その姿勢に共感します。メジャーじゃなくても、良いものは良いのです。

  
weacichimaihotta14fw2

weacichimaihotta14fw1

 予約会場にて、是非一度ご試着下さいませ。

  
~『weac.(ウィーク) ‘14秋冬、新作シャツの予約会』~
期間:5月24日(土)~6月1日(日)
時間:12時~20時
場所:ZABOU 3F 及び ZABOU WEB SHOP