Each History

 先日僕の父親がガンジーセーターを購入しました。ホームページを見て、欲しくなったようです(笑)。買ってからもネットで色々と検索して調べたようで、ガンジー種の乳牛から取れるミルクがゴールデンミルクと言われていて、ヨーロッパで有名らしい、とか、「レ・ミゼラブル」を書いたヴィクトル・ユゴーが、ナポレオン・ボナパルトに追われて、亡命していたのがガンジー島だ、とか、かなりハマっている様子(^^)。教えてくれてかなりありがたいですけど(笑)。

 また、先週来られたお客さんは、ガンジーセーターやグレネスケのシャツを見て、「懐かしい~っ!」と、おっしゃってました。ウチのオヤジよりずっとお若い方でしたが(ひょっとすると僕とそんなに変わらないかも?)、奥さんとお子さんも一緒で、10年ほど前にガンジーセーターを買ってよく着ていたそうで、「このお店には懐かしいものがたくさんある。」と、喜んでおられました。 この方はコンバースのオールスターを履いておられましたが、またオールスターを買っていかれました。好きなのですね~。

 ガンジーセーターは以前のブログにも書きましたが、16世紀からあるニットブランド。グレネスケも英国王室の寝間着を作っていた、アイルランドのブランド。いつ頃からあるのかはネットで調べてみてもはっきりしません‥。コンバースオールスターも、1917年に誕生し、現在まで80年以上にわたって生産され続けています。どれも歴史が長い!

 歴史が長く、また大きく形を変えずに現在まで残っている服や靴、それらは「古いもの」ではなく、「永く輝きを失わないもの」なんですね。本来はファッション性よりも、実用性を追求して生まれたアイテム達なのでしょう。それらを今の時代に生きる僕らが身につけ、コーディネートする事は、とても素敵な事のような気がします。
history.jpg
●ガンジーセーター カラー:ネイビー(着用)、ホワイト、レッド、グリーン サイズ:38、40、42(着用) ¥21,000- グレネスケ シャツ カラー:ブルー(着用)、グリーン、ピンク サイズ:S ¥6,615- FOB チノパン カラー:ベージュ(着用)、ネイビー サイズ:S、M(着用)、L ¥10,290- コンバース オールスターシンプルディテール サイズ:8(着用)、9インチ ¥7,245- 

 いつか自分が親の立場になり、子供が昔の自分と同じアイテムを買い、身に付けた時、どんな新しい感覚が待っているのでしょうか。歴史を感じるだけでなく、未来をも感じさせる服は、これからもずっと輝きを失わず、受け継がれていくのかもしれませんね。もの作りとは、非常に神秘的なものですね。そう考えると、デザイナーさんとかは、やっぱりすごいな~っ、と、つくづく思います。

 僕たちの仕事は服を身につけ、探り、自分なりに理解、解釈しようとし、その人に合わせたコーディネートを考え、その服を着ることの喜びをお客様に伝える事です。人にはすべて、どんな人にも、その人にしか分からない歴史があります。そんなお客さん一人一人に服の話をする時、僕はその服が生まれた理由や歴史を、もっと知らなければいけないなと、いつも強く感じます。人としても服屋としてもまだまだ未熟。お客さんと一緒に成長していきたいなと、都合の良い事を思うのでした(^^)。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL