RUSSELL MOCCASIN(ラッセルモカシン) 個人オーダー導きの書 ~レザー(革)~

“ファッション(流行)だけでなく、普遍的なスタイルがカッコいいと思っています。その時々の気分はもちろん汲みつつ、どのような人種、スタイルを持った人からも最低限『ふつう』と思ってもらえ、どのような場でもその空間にとけこむデイリーカジュアル(カッコいい普段着)。” by ZABOU style

●靴はモノとして捉えずに履くモノとして捉えるのがいい!(凝ったものにし過ぎるとすぐ飽きまっせー)
●1足目で完璧なものは出来ない。2足目、3足目と作っていくうちに完璧なものになる。(最初から力んでも仕方ありまへん お気軽に~)
●スタイル(型)もレザー(革)もソールも好きなもの選んでくださいませ。そうすれば長い間履き続けるし、もっともっとその靴の事が好きになれる。(ある程度は職人に任せた方が失敗は少ないしクリエイティブな靴に仕上がりまっせー)

by あるビスポークシューズのテイラー談

それを踏まえた上で、RUSSELL MOCCASIN(ラッセルモカシン) 個人オーダーに際しての導きの書。本日は「レザー(革)」 。

靴=革ということです。革靴が好きであるとか興味があると言うのは、革が好きで興味があるに等しいとよく言われているようです。ある意味今回のオーダー会において、レザー(革)選びは醍醐味のひとつではないでしょうか。

大きく分けて、表革(スムースレザー)にするか?裏革(スウェード)にするか?が悩ませどころ。


【過去2回開催の受注会にて選ばれたレザー(革)ランキングトップ3!】


1位:Laramie Suede(ララミスウェード)



2位:Oil Tan(オイルタン)



3位:Chromexel(クロームエクセル)

スウェードが頭1個抜けた感じです。2、3位は表革ですが、二つ合わせてもLaramie Suede(ララミスウェード)に及びません。

靴のお手入れに詳しい(レザー(革)に精通してられる)メーカー様のご意見に…
1.丈夫で美しい
2.足に馴染みやすい
3.通気性がある

この三要素が備わっていることが靴(=革)にとって一番大切な事とおっしゃられてます。つまり、機能的であり快適、ファッショナブルであること。共感できます。RUSSELL MOCCASIN(ラッセルモカシン)においてはこの条件をすべてクリアしていると思います。「1.丈夫で美しい」は好みの部分が占めるようですが、その結果は上記ランキングで知る事が出来ます。

個人的にもスウェードやヌバックが好みです。理由は簡単。
●雨に強く、手入れがイージー。
●よりカジュアルに見える。

せっかく1年半~2年の歳月と大枚をはたいてつくる靴なのでオールシーズン、天候に問わず履きたいですもんねー。

特にヌバックは、裏革(スウェード)よりも丈夫な表革(スムースレザー)をサンドペーパーなどで傷をつけて起毛させた皮革。ラウンドワイヤーブラシWOLY(ウォーリー) スエードカラーフレッシュスプレーがあれば恐いものなし!手入れも簡単で雨の日やアウトドアシーンでも安心です。

私事ですが、TAGUCHIスペシャルTAGUCHIスペシャル2で使用したレザー(革)もチョコレートウェザーバックとカウポークウェザーバック。雨に強くて、この落ち着いた渋いカラーはぼく好み。街でもアウトドアでも対応可能な全天候型。カジュアルにかつ実用的に履くなら、やっぱりスウェードやヌバックがおすすめです。基本的にはお好みだけです。それ以上でもそれ以下でもありません。

「第3回RUSSELL MOCCASIN(ラッセルモカシン)受注会 ~個人オーダー会~」は8/1(日)までの開催です。是非、自分だけの1足作りをお楽しみ下さいませ。

*あくまでご提案でございます。RUSSELL MOCCASIN(ラッセルモカシン)の個人オーダーをされる際にご参考となれば幸いです。

この投稿へのコメント

  1. ジョイイルです said on 2010年7月27日 at 23:52:16

    バカヤロウ(ビート武風に)

    革はやっぱりブライダルレザーでしょうが

    そんなアホの変態でラッセルで注文は僕ぐらいかな

    やっぱし(笑)

    あー靴ほし

  2. taguchi said on 2010年7月28日 at 13:44:16

    >ジョイイルです さん
    そうですね~(森田一義風というか「いいとも!」風に)

    ブライダルレザーとは、めでたいですね~

    ジョイイルですさんらしくて、ええじゃないっすかー。

    またコレクションにお一つどうぞ。お待ちしてます。

    あーぼくも靴★

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL