新しい軍パンが加わりました。JAPAN BLUE JEANS(ジャパンブルージーンズ) モダンミリタリーカーゴパンツ

皆さんこんにちは。

東京店スタッフの大森です。

最近は暑すぎるくらいで半袖の人が多く、長袖の人が少なくなってきました。

先週末の日曜日は30℃近くを記録して、熱中症に気を付けなきゃいけませんね。10年前はこんなに暑くなかった。そう思いつつ調べてみると実はそうでもないようで、子供の頃と今では格好や代謝やら何もかも違うからかもしれません。23歳夏生まれ、暑さに負けるなと自分に言い聞かせています。

さてさて、本日紹介するのはJAPAN BLUE JEANS(ジャパンブルージーンズ) より入荷しましたモダンミリタリーカーゴです。

プロッパー、F.O.B FACTORY、今だったらバーンストーマーも。ZABOUにはそれぞれ特徴のあるカーゴパンツがありますが、さらにワイドストレートなミリタリーカーゴパンツが加わりました。

JAPAN BLUE JEANS(ジャパンブルージーンズ) サイズ:28  ¥17,600-

モデル 身長173㎝ 体重50㎏ 足のサイズ約25㎝

まずはディティールの紹介から。

カーゴパンツは元々貨物船(カーゴ)の荷役作業着として使われていたそうで、腰をかがめた時にも物の出し入れがしやすいようにひざ上の左右に道具を入れるための大きめのポケットが付いているのが特徴です。

裾口には絞りが。裾回りのもたつきを軽減したりブーツインなどスタイリングのアレンジ的な役割も果たしてくれます。

カーゴパンツといえばなリップストップ生地。高密度な平織りの生地に、太い糸を格子状に織り込んでいます。縮みや色落ちといったエイジングをお楽しみいただけます。

触ってみるとプロッパーとは違った9.5オンスのガシッとした生地。深みのあるオリーブ色で雰囲気も◎

生地の硬さと反比例した軽さで穿いていて楽ですし、太いシルエットは肌当たりしないので今の時期は丁度良いです。

それでは、サマールックなスタイルをいくつかご紹介していきます。

サマースタイル ~リネンシャツを合わせて~

人気なリネンシャツを、袖まくってインナーにブルーのボーダーを入れて色も生地も夏らしく。足元はサンダル履いて軽くロールアップして足首出していきましょう。

リネンシャツもナチュラルのほかにブラウンとスミクロもありますが、オリーブにはナチュラルを合わせたくなります。

麦わら帽子を被っても良かったかなと書きながら思いました。寅さんのように帽子が似合う大人になりたいですね~。

暑いしこのまま浅草や上野のような下町でビールを飲みたいなぁ。

サマースタイル ~白シャツを合わせて~

カーゴパンツを外しに使った鉄板コーディネイト。そして差し色にブルー。なんも言うことなしのハズレのない色合わせ。

白シャツにミリタリーパンツは廃れなくていつ着てもいいので安心します。

シャツはタックアウトでもいいんですが、個人的にボタンダウンシャツはタックインしないと落ち着かないのでいつも真面目な感じに。高円寺や下北沢のような古着の街に着ていきたいですね。

スタイル ~ポロシャツを合わせて~

先週の金曜日の今週のおすすめでも着用していましたが、夏のユニフォームでもあるラコステ。

オレンジ、ネイビー、イビサ、どれにしようか迷いましたが今回はブラックを選択。

せっかく最近気にいているビーチサンダルを履いているので江ノ島や鎌倉にでも行きたいですね。暑いけど砂浜歩くの気持ちよさそうです。

疲れたらビールでも飲んで休憩して、しらすが入ってるたこ焼きを久しぶりに食べたい気分です。

撮ってから気づきましたが、トップスが全部襟があるものに。僕の性格が出たコーディネイトばかりになってしまいましたがいかがでしたでしょうか。

Tシャツにもシャツにも合うミリタリーパンツ、ぜひ一着は持っていただきたいパンツです。

『SUPERGA(スペルガ)&WALSH(ウォルシュ) スニーカートランクショー』は終了しましたが、6月にもイベントを行うのでお楽しみに。

それでは、明日もご来店お待ちしております!

この記事を書いた人

大森

東京店スタッフ。
1998年生まれの神奈川育ち。若輩者ですがよろしくお願いします。