MOONCASTLE(ムーンキャッスル) ICE COTTONシリーズ お手入れ

昨シーズンから展開中のMOONCASTLE(ムーンキャッスル) ICE COTTONシリーズのニット。

コットン素材なのでイージーケアとは言いますが、実際はニットなのでやはりそのお手入れ方法は気になりますよね。
さて本日はその気になるお手入れ方法のご紹介。

◎洗濯表示の確認

ご覧の通り基本はぬるま湯での手洗い。干す際は日陰で平干しを推奨しております。
もちろんここに記載の通り行うのが一番安全で確かな方法ですが、実際はどんなお手入れをしているのでしょうか。

◎作り手のリアルなお手入れ方法

月城ニット工場の三代目でもある月城亮一さん。実際に商品を作る側の方に、普段ご自身で行っているお手入れ方法を教えていただきました。
写真は実際に教えていただいた内容をもとに実践してみましたので合わせてご覧くださいませ。

手順1:洗濯方法

—月城さん本日はよろしくお願いいたします。月城さんは普段はどのようにお手入れしているのでしょうか?

月城:「洗濯表示は手洗いをオススメしておりますが、私は自身の普段のお手入れは裏返し、ネットに入れて中性洗剤を使用し通常の洗濯モードで洗っています」

裏返してネットにいれます。

—通常の洗濯モードというのは驚きです。何か理由があるのでしょうか?

月城:「私自身が大雑把ということもありますが(笑)。やはり一般のお客様と違い商品の縮率を理解していることが大きな要因です。弊社のアイスコットンシリーズは初めの1回目の洗濯でほとんど縮みきり、そこからは縮みません。ですので自己責任にはなりますが、一度手洗い等で洗ってみてご自身のサイズ感に問題なければ、洗濯機で洗ってみても良いかと思います。その際はやはりオシャレ着モード等で優しく洗ってあげるのがオススメです。」

本日自宅にあったエマールの中性洗剤を使用します。
洗濯モードは優しめにオシャレ着モードで。

手順2:濡れた状態での皺伸ばし

月城:「洗濯の際の一番のポイントは、この洗濯直後の濡れた状態での皺伸ばしです。アイスコットンの糸の特性上皺になった状態でそのまま干してしまうと、皺が残りその後も中々とりずらくなってしまいます。ですので濡れた状態で、ニットを手で軽くポンポンと叩き皺をとってあげると乾いた時に皺が残りにくくなります。」

—確かに以前自分で洗濯した時に皺が気になってたのでとても参考になります。実践してみます!

洗濯後濡れた状態で軽く手で叩くと皺が伸びます。

手順3:干し方

月城:「基本的には平干しがオススメです。ハンガーに掛けてしまうとどうしても水に濡れた重みで肩が出てしまったり伸びの原因に繋がります。スペース等が無い方は竿に対してニットのお腹部分を中心に掛けて干してあげると型崩れせずオススメですよ。」

—僕も平干しのスペースがないので、これなら簡単に干せますね。


月城さん、本日は細かい所まで教えていただきありがとうございました!
一見ハードルが高そうなニットのお手入れもちょっとした工夫で簡単にしていただけますね。
皆さまも是非お試しくださいませ。

銀座店では12日までMOONCASTLE(ムーンキャッスル) モアバリエーションフェアも開催中でございます。是非ともこの機会にMOONCASTLE(ムーンキャッスル)のアイスコットンニットをお試しくださいませ!

明日もご来店をお待ちしております。

◎イベント情報

『MOONCASTLE(ムーンキャッスル) MORE VARIATION FAIR inZABOU GINZA』

【銀座店】
期間:6月4日(土)~12日(日)
時間:12:00~19:00

日時:2022年 6月11(土)12(日)渋谷店、6月18(土)19(日)大阪店
場所:ZABOU 大阪店 /渋谷店/ ZABOU WEBSHOP

この記事を書いた人

岡安

東京店スタッフ。
1996年生まれ。出身は埼玉県です。
皆様のご来店お待ちしております!