Harley of Scotland(ハーレーオブスコットランド)のサイズ選びについて

皆さまこんにちは。ZABOUのオッサンでございます。ぼちぼち寒くなって参りましたが冬支度はお済みでございましょうか。アウターをはじめインナーもしっかりと暖かいものが欲しいところですね。ZABOUでは暖かいアウターだけでなくセーターにも力を入れております。薄手のものから厚手のものまで幅広いラインナップの中からお選びいただけますよー。その中でもオススメなのは「Harleyのシェトランドセーター」でございます。ご周知の通りHarley of Scotland(ハーレーオブスコットランド)は英国を代表するブランドで、ZABOUでも長きに渡りお取り扱いをさせていただいてございます。軽くて暖かいのはもちろんのこと、中肉厚で発色の良い色が多いので選ぶ楽しみも。もちろん様々なコーディネイトとも合いますし、ホールガーメント製法なので継ぎ目がなく着やすいのが特徴です。ではではそろそろ今日の本題「Harley of Scotland(ハーレーオブスコットランド)のサイズ選びについて」解説して参りましょう。

Harley of Scotland(ハーレーオブスコットランド)は英国のインポートブランドで言わばそのままの英国仕様でございます。和風にアレンジされたものではございませんので、サイズ選びにひと工夫を用いていただくのがよろしいかと存じます。特徴としては着丈がやや短めであること。これは日本人と英国人の体型の違いによるもので、彼らが胴よりも脚が長いことに起因してございます。ですので、背が高くて細い方は着丈を合わせるためにワンサイズ大きめのサイズを選んだ方が収まりがよろしいかと思います。ワンサイズ大きめと申しましても決して身幅がブカブカになるというわけではありませんのでご安心ください。逆に身幅をジャストサイズで合わせれば着丈が少し短くなります。どちらを優先するかという選択肢でございますが着丈を優先される方がよろしいかと思います。それから袖丈は少し長い目でございます。着丈は良いんだけど袖丈が長くなっちゃうという場合には、袖口のリブ織りの部分をひと折りしていただくだけで約3〜6cmほどは短くできるので袖のたわみは解消されます。袖口はリブ織りになっておりますからひと折りしても折り目が気にならないのでオススメでございます。

次に微妙なサイズ感をどう見極めるかでございます。例えばオッサン、身長176cm、体重65kgです。サイズを選ぶとしたら40か42なんですよね。もちろんセーターは多少伸びますので38でも着れるし、大きめの44や46だって着れる訳です。その時代の気分や雰囲気で洋服を着るので、その時の自分の気分でサイズを選ぶのが正解だと思います。そこでオッサンがすべてのサイズを着てみましたのでご覧ください。

38・・・少し小さめですがそれなりに着こなせるサイズ。

40・・・いわゆるピッタリ目のジャストサイズ。

42・・・こちらはゆったり目のジャストサイズ。

44・・・これは少し大きめですがラフな着こなしが出来て来ている本人も楽チンサイズ。

46・・・ビッグシルエットでもそれなりに着こなせるサイズ。

・帽子 Highland200 サイズ:F
・ダウンベスト ZANTER(ザンター)サイズ:M
・セーター Harley of Scotlandサイズ:42
・ジーパン Levi’s Vintage Clothing 501-1947 スタッフ私物
・靴 Regal shoe & co.サイズ:25cm
・鞄 USタイプ ヘルメットバッグ
モデル:身長176cm 体重65kg

オッサン的にはやっぱりジャストサイズありきなので42がしっくりきます。大きくても小さくてもなんとなく違和感を感じてしまいます。サイズ選びは「ご本人の趣くままに」が結論なように思います。トレンドでは大きめが旬ですが、何年も着るとなるとジャストサイズに勝るものはないのかなぁという気がします。皆さんもこの機会にマイサイズを見つけてみてはいかがでしょうか。ご来店が難しいときはお電話やメールでスタッフにご相談していただければお勧めできるサイズが見つかると思います。その際はお手数ですが、ご身長、体重、体型の特徴(肩幅は広いが痩せ型など)や好みのバランスをお伝えいただけましたら助かります。もしWEB SHOPで2つのサイズを着比べてから選びたい時は、2点購入していただいて、1点返品する方法をご使用くださいませ。その際は備考欄に「着比べ希望」とご明記いただけると幸いです。やっぱり冬は暖かくて軽いセーターがオススメです。是非ともお気に入りのサイズでお召しいただきご機嫌でお過ごしくださいませ〜!!

この記事を書いた人