weac.(ウィーク)’13春夏コレクションからこの一枚(堀田編)

 weac.(ウィーク)の服はアメリカ服の要素やディテールを取り入れながらも、仕上がった表情はヨーロッパの服を感じさせる柔らかな顔つきであったりする所が、なかなか服好きの胸を刺激して良いなと、思うのでございます。

 僕なんかはどっぷりアメカジでもなく、かと言ってヨーロッパ古着ゾッコンで全身装備と言う人間でも無い、良くも悪くも適当で欲張りなものですから、そんな芯があるような無いような適当に真面目な服好きには、ウィークは痒い所に手が届くモノなのでございます。

 中坊の頃に両親に連れられ、こんなの一生に一度だぞと言われて10日間、ヨーロッパへ旅行に行った事があります。ラッキーな事に親父はフランス語を操る職業ですので、言葉には困りませんでした。記憶は薄れていくばかりですが、薄れない感覚や匂い、思い出と言うのもあるのが事実です。石畳の道、美術館、街の小さなカフェ、チーズ臭いクロックムッシュ、ホテルの独り部屋、レストランのギャルソン。また行きたい。

 服を着るという事には、コスプレ的要素も孕んでいると最近思うものですから、何かにちょっとだけ成りきってコーディネートをするのが楽しいものです。『weac.(ウィーク)’13春夏コレクションからこの一枚(堀田編)』と言っておきながら、自分も二枚選んでしまいました。

  
 一枚目はSHOPPING PAPA

 ショップコートとは作業員が着る制服の事ですが、そんなワークディテール満載のコートをお父さんが休日にショッピングへ連れて行けちゃう程の、洒落乙さと渋さをミックスしたものに仕上げています。中にも同じくロング丈のGONTA NAVY 土埋めを重ねて。コートは男にとっての防護服ですから、ちょっとゆったりめでゴッソリと羽織るのが粋でございます。

SHOPPING PAPA 2 RED ¥25,725- ※3月末納期予定の受注商品

  
 二枚目は“MITTERRAND”でございます。

 高級素材のフレンチリネンを使用したインディゴブルーのシンプルなシャツ。上品でありながら、このような寂れたコンクリートの風景へ混じってみると、着込みすぎてヨレヨレになったワークシャツにも見えてくるから不思議でございます。非常に発色が良いので、明るい色味のアイテムともよく合います。

MITTERRAND NAVY ¥17,850- ※4月末納期予定の受注商品

 雰囲気漂うシャツ達を、この機会に是非作ってみて下さいませ。いよいよ今週末、11月4日(日)までとなっております。ご来店、及びご注文を、お待ちしております。

試着してみるZABOUのお店
ネットから注文するZABOU WEB SHOP

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL