ザボウの「古着を楽しむ」/ US ARMY M-65 FIELD PANTS

10代の頃、古着屋巡りに没頭した時期があった。
店内に所狭しと並ぶヴィンテージウェアの数々。
その中で憧れの古着に手を伸ばし、程度の良いものや、元の所有者の生活を想像しながら、自分に合ったサイズのものを選ぶ。

それは至福のひと時。
時が流れて、古着を着ることは少なくなったけれども、今でも何か一つはコーディネートに取り入れるよう心掛けている。

サラ着にはない着用感。レプリカにはないオリジナリティ。少し野暮ったいものと、綺麗目なアイテムというのが個人的な好みであったりする。



ブルージーンズ、スラックス、チノーズなどパンツの要として、これさえ持っておけば。というものがある。
その中の一つとして、特に男性にオススメしたいのが軍パンである。

文字通り戦闘用のパンツは男らしさもあり、その時代によって実用的に、または平和主義の象徴として
身に着ける時代や用途は様々だが、実用性も兼ね備えたパンツとして、デイリーユースとしては申し分ない。

そんな「軍パン」と聞くと思い浮かぶ形の一つとして、こちらを挙げられる方が多いのではないだろうか。

US ARMY M-65 FIELD PANTS

所謂、カーゴパンツ。
元は船荷の運搬用として使われていたワークパンツ。1965年にアメリカ軍に採用され、
オーバーパンツとしての役割を果たす極太シルエットが、今また良い。

ZABOUで今回お取り扱いとなるのがサイズS/R(スモール/レギュラー)。日本での需要が特に高いサイズ感で、Mサイズ相当にあたる。レングスも長くもなく短くもない丁度良い塩梅といった感じ。

ドローコードがつくので縛って穿いても良い。

サイドには大きなカーゴポケット。穿いていくうちに膨らんできて、程良くボリュームを持たせてくれる。

ミリタリーカーゴ。国や部隊によって色味やディテールは異なりますが、やはりこのシルエットとこの色味。ミリタリーものを始めるとなれば、「Olive Drab」。この色味をお試し頂きたい。

ここからはスタッフの着用サンプルをご紹介。全てサイズはS/Rで、ほぼフリーサイズ。
更に合わせるトップスの色目。男臭いこの色目には、クリーンな白が良く映える。

160㎝~170㎝

【スタッフ坂口】

●Tシャツ  SPINNER BAIT(スピナーベイト)  サイズ:S  ¥8,800- 
●パンツ  アメリカ軍 M-65 サイズ:US.Small/Regular ¥14,300-
●シューズ  Paraboot(パラブーツ)  サイズ:UK5  ¥29,700-

「野暮ったいなあと思っていたM-65。買ったものの、多分一生穿く事ないんだろうと思っていたこれが最近本当によく手が伸びる。ドレスシューズからハイテクスニーカー、サンダルまで対応可能なパンツが、今より50年前に完成されていたなんて、ロマンがありますよね。」

「穿き始めはガシッとした質感が、徐々に馴染んできてフワフワな穿き心地になるんです。デッドの状態よりユーズドの、程よく色抜けしてクタっとなった方が、コントラストが生まれ、革靴と合わせた時に全体のバランスが良い。勿論丈夫なアメリカンメイドなので、前の所有者より引き継ぎ、10年単位で穿いていきます。」

【スタッフ前田】

●帽子 私物(Sashiki)
●ブラウス 私物(humoresque(ユーモレスク))
●パンツ  アメリカ軍 M-65 サイズ:US.Small/Regular ¥14,300-
●ベルト N.O.UN(ナウン) BELT NYLON オリーブ
●シューズ 私物(NewBalance(ニューバランス) MR993 グレー)
身長165cm 体重50kg 足のサイズ約24.5cm

「やわらかい表情のブラウスに軍パン、足元はお決まりのニューバランス。
ベルトをギュンと絞って腰元からチラリと垂らしてアクセントをつけたら出来上がり。 」

「女性らしい甘めのアイテムにボリュームのある男前なミリタリーパンツ、どこまでも歩いて行けそな実用重視のスニーカーを合わせたスタイルは、気取らず気張らず楽しめる、おススメのコーディネートです。 」

【スタッフ大井】

●帽子 SUBLiME(サブライム)  ¥4,180
●Tシャツ Champion(チャンピオン)  サイズ:M  ¥5,500
●パンツ  アメリカ軍 M-65 サイズ:US.Small/Regular ¥14,300-
●シューズ Rainbow Sandals(レインボーサンダル)  サイズ:US8  ¥16,500
●ブレスレット NORTH WORKS(ノースワークス)  ¥9,900
●バングル NORTH WORKS(ノースワークス)   ¥7,700
モデル 身長168cm 体重58kg 足のサイズ約26cm

「2回ロールアップ。これをマイルールとして楽しんでいます。
軍パンと言えど他にはない、ぶっといシルエットが穿いてみるとこれまたエエ感じでご満悦。中途半端に太いんじゃなくて太過ぎる。。でもだから良いんでしょうね。」

「服装は普通。勝手にパンツが主役になりますからアレコレ難しく考える必要もないけども、今の気分はしっかり反映。と言っても今年もポケTが気分です!」

170㎝~180㎝

【スタッフ瀬川】

●トップス HARRISS(ハリス) サイズ:42 ¥12,100-
●パンツ アメリカ軍 M-65 サイズ:US.Small/Regular ¥14,300-
●シューズ 私物
●ブレスレット NORTH WORKS(ノースワークス) ¥9,900-
●バンダナ 私物
モデル 身長175cm 体重65kg 足のサイズ約26.5cm

「軍パンと言えばやっぱりM-65がまず浮かびます。軍パンと言えば他にも色んな名品がありますが、自身の登場回数もこれが一番。年中穿いているマイワードローブに欠かせない一本です。 」

「思いっきりカジュアルな合わせも好きですが、ちょっぴり品の良さを漂わせるコーディネートが今気分なマイスタイル。パンツのクタっとした表情とのギャップも良い。裾はしっかりウエストを上げて穿く時はそのまま、腰まで落として穿く時は2回ロールアップなどコーディネートに合わせて変えています。
球数が減ってどんどん気軽に手に入れずらくなってきた中、ウエスト、レングス共にゴールデンサイズなこちらは是非ともおすすめ。色んなアレンジを楽しめる一本です。 」

【スタッフ谷川】

●ポロシャツ  LACOSTE(ラコステ)  サイズ:3  ¥14,300-
●パンツ  アメリカ軍 M-65 サイズ:US.Small/Regular ¥14,300-
●シューズ  G.H.BASS(ジーエイチ・バス)  サイズ:US8  ¥17,600-
モデル 身長176㎝ 体重68㎏ 足のサイズ約25.5㎝

「軍モノのパンツの中でも特に太いシルエットのM65。あっさりとポロシャツとローファーで。ラルフ・ローレンのコレクションにも大概はミリタリーの太パンが入っていました。」

「トラッドにもミリタリー物をミックスしたコーディネイトが良いのではないでしょうか!是非お試しくださいませ。」

180㎝~190㎝

【スタッフ本並】

●シャツ HARRISS(ハリス) サイズ:L ¥15,400-
●パンツ アメリカ軍 M-65 フィールドパンツ ’70 USED(古着) サイズ:S/R ¥14,300-
モデル 身長185cm 体重72kg 足のサイズ約29cm

「無骨で存在感のある軍パンだからこそトップスはちょっと力を抜いて白いアロハシャツ!
足元は夏らしくサンダルで。
レザーを選ぶと上品に上手いこと着こなせます。」

「ドローコードを絞るとまた違った雰囲気が楽しめるのもこの軍パンの良いところ!
丈感はロールアップなどせずそのままが個人的に気分です。 」



体型様々なスタッフが穿き比べてみましたが、本当に幅広くお使い頂けます。
そこが古着の面白いところでもあります。
アレンジ次第で自分のスタイルの思うところに当てはめて下さい。

また、古着ならではの少し生地が柔らかくなった穿き心地は、新品よりもかなり良いです。

特に古い70年代の、希少なサイズの物はかなり少なくなっております。
なくならないうちに。。。物は試しで如何でしょう。

この記事を書いた人