長持ちには欠かせませんよ! Sarto Recamier(サルトレカミエ) SR300EX

どうもです。瀬川です。
今週12月8日(土)は『レザーメンテナンス~実演販売会~ in ZABOU TOKYO』
東京店では初となるシューケアを中心としたレザーメンテナンスイベントです。
当日はZABOUがいつもお世話になっているシューケアの専門家が実際に実演のもとお客様にご案内してくれます。
お手入れにお悩みの靴がございましたらこの機会に是非!ちなみにですが私瀬川も参戦します。いつもながらですが個人的にも楽しみです。

さて、ザボブロで連日ご紹介しているメンテナンスですが、これも大事です。いや、これが一番大事か。
大切な靴の長持ちに欠かせない“シューツリー”でございます。

【Sarto Recamier(サルトレカミエ) SR300EX】

シューツリーは“靴のハンガー”とも言われているものです。
では何故これが大事か。それは形を整えるためです。
シューツリーを入れずに放置してしまうと、シワが入ったままここに汚れがたまって痛んだり、反り返って形が崩れたりして寿命が大きく縮むのです。

このSR300EXは“ネジ式”になっているのが特徴の一つ。一般的にはバネ式が多いのですが、ネジであることによってお手持ちの靴に合わせたフィット感に調整出来るのです。

メモリが3つ付いてますのである程度の目安にしてください。素材にはブナ材を使用しています。シューツリーに使われる木材の中では特に丈夫な素材で劣化しにくく、綺麗な木目が高級感のある仕上がりです。

また、曲げられる可動域が広いため、ブーツなどにもすんなり入れやすい。

入れる際の引っ掛かりがなく使いやすいですね。

実際入れてみると違いがよく分かりますね。履きジワによる反り返りが抑えられています。
特にガラスレザーの場合はそのまま放置しておくとシワ部分にひび割れが起きることも。一日履いた靴には必ず入れてあげましょう。
(画像は以前ご紹介のブログより⇒シューツリーのすすめ Sarto Recamier(サルトレカミエ) SR300EX

反り返しが抑えられているのが分かりますね。

甲のシワも伸びています。

靴と同じくシューツリーも形がいろいろとございますが、しっかりとこだわって作られたこのサルトレカミエは大事な甲、幅のフィット感の良さに加え、踵のフィット感にもこだわっています。このように広がりやすい履き口を綺麗に整えます。パラブーツやサンダースにも合いやすい形で使いやすいですよ。

一足に付き一つ揃えるのも大変なのでまずは他の靴と併用で構いません。
お手入れ用品を揃えられたのなら、シューツリーも是非ご一緒に。使い捨てのものならいいですが、せっかく奮発して買った良い革靴、2~3年で駄目にしてしまってはもったいない。良い靴には同じく良いシューツリーをお供にしてあげてください。

商品についてより詳しくはZABOU WEB SHOPよりどうぞ。
Sarto Recamier(サルトレカミエ)  ネジ式シュートリー SR300EX

サイズ(目安です)
39(24.0cm-25.0cm)
40(25.0cm-25.5cm)
41(26.0cm-26.5cm)
42(26.5cm-27.0cm)
43(27.0cm-27.5cm)
44(28.0cm-28.5cm)

こちらはいつも展開しておりますが、8日は是非ZABOU TOKYOに遊びにいらしてくださいませ。
皆様のご来店スタッフ一同心よりお待ちしております。



日時:2018年12月8日(土)
時間:12:00~20:00(途中休憩あり)
場所:ZABOU TOKYO 店内


大阪店インスタアカウント⇒@ZABOUOSAKA13


東京店インスタアカウント⇒@ZABOUTOKYO

☆通販で購入、商品詳細など詳しく見る! ⇒ZABOU WEB SHOP(ウェブショップ) 通販サイト
☆実店舗へのご案内、お店までへの行き方を地図や動画でご紹介! ⇒ZABOUのお店