N.O.UN(ナウン) MAINE

 こんばんはホッタです。

 年末は三年ぶり、ポーランド人女性写真家のD-MOが来日したので、京都で家族そろって集まって、食事や買い物を楽しみました。だんなさんの両親と、三歳になる息子も一緒でした。僕は英語が得意な友人を二人連れて行きました。

dmokyoto1 チェコ人のだんなさんとの間に生まれた息子のMossesが可愛すぎて、一日中遊んでいました。D-MOも僕の事を「Uncle Nobuyuki!」と紹介したので、僕にはポーランド人とチェコ人のハーフの甥っ子が出来ました。笑 僕の英語力なんて低レベルなのですが、気持ちで向き合えばなんとかなるものですね。

dmokyoto2 D-MOとはいつか一緒に展示をやろうと話しています。僕が服屋で働いていることも知っているので、仕事のことも写真のことも聞いてくれます。「今日の服もお店のものなの?」僕は軍パンを穿いていました。「そうだよ。ミリタリーウェアはあまり好きじゃないんだけどね、写真を撮るにはとっても機能的だから。」と僕が言いますと彼女は、「気持ち分かるわ。その通りよね。」と言ってました。フェイスブックを通じて知り合い、直接会うのはまだ二度目なのですが、すでに親友のように親密な距離感で付き合いが出来ていることを、とても不思議に感じた一日でした。

  
 さて、メンズファッションにおいてミリタリーウェアのディテールやテイストを無視することは、とても難しいですね。究極の機能服とも言えるミリタリーウェア。あくまでもファッションとして楽しめることに、幸せを感じます。

 本日ご紹介致します、『N.O.UN(ナウン) MAINE』。“NECESSARY or UNNECESSARY(ネセサリーオアアンネセサリー)”、通称“N.O.UN(ナウン)”は大阪のブランド。唯一無二のデザイン、そして存在感を放っています。

 ミリタリーとワーク、そしてベーシックなカジュアルウェアを絶妙にブレンドした服たちは、匿名的でありながら強烈な個性を持ち合わせています。一度袖を通せば、とりこになってしまう方もきっと多いことでしょう。

 MAINEはタンカースジャケットの襟を切り落としたようなデザイン。袖をラグランスリーブにし、ポケットをコンシールドジッパーにして存在感を消すことで、洗練されたスマートな雰囲気を持っています。

 襟がないと一見着こなしにくそうですが、まったくそんなことはなく、シャツでもカットソーでも、簡単に合わせて頂けます。

maine-olv1N.O.UN(ナウン) MAINE オリーブ 24,624-

maine-blk1N.O.UN(ナウン) MAINE ブラック ¥24,624-

  
 僕も着てみました。こりゃ今すぐ使えてしまうなぁ。

nounmainehotta1◎ジャケット N.O.UN(ナウン) MAINE ブラック サイズ:L ¥24,624-
◎ニット Channel Jumper(チャネル ジャンパー) ガンジーセーター 私物
◎シャツ Loquat Sports Wear(ロックァット・スポーツウェア) 私物
◎パンツ GUNG-HO(ガンホー) サイズ:30 ¥8,532-
◎ブーツ ラッセルモカシン 私物
身長180cm 体重59kg 足約28cm

 春の商品が少しずつ、いや、意外とスピーディーに入荷してきております。笑

 是非チェックしにいらして下さいませ!

☆お店に行く!→ZABOUのお店
☆ネットで購入、もっと詳しく見る→ZABOU WEB SHOP

  

最新情報満載のZABOU facebook(フェイスブック)はこちらから。

色んなコーディネートが見たい!Instagramはこちらから。