NOUN Cleric Shirts(クレリックシャツ)

 行ってまいりました。東京出張1泊2日。いつもの苦手な飛行機に乗り、今回は東京ビッグサイトにて開催された『IFF International fashion fair(インターナショナルファッションフェアー)』。そして2日目はひたすらショップ巡り!重い資料を背中に背負ったまま、田口兄さんと歩きまくりました‥。東京は大阪に比べて気温が低かったので、まだましだったのですが、それでも背中はびっしょり、シャツが汗で濡れていました。やはり違う土地へ行くと刺激を受けます。まだまだ僕も頑張らないと!

 さてさて、東心斎橋の名店『Mamborama(マンボラマ)』。そのオーナー、小澤師匠によるブランド『Necessary or Unnecessary(N.O.UN ナウン)』より、早くも秋の新商品が入荷いたしております。オックスフォード地のクレリックシャツでございます。

 クレリックシャツとは、カラーディファレントシャツ、もしくはカラーセパレーテッドシャツとも言い、ドレスシャツの中でも襟と袖の部分を白の無地にし、身頃部分に色柄や、色無地の生地を使ったりしたシャツのことを言います。ジャケットを合わせた時に、袖と襟の出ている部分が白いので、一見白いシャツを着ているように見えるのですね。語源は牧師さん(cleric=聖職者)が着ていたシャツと言われています。

 非常にクラシックなデザインベースではあるのですが、こちらは素材にオックスフォードを使用しているので、変に堅苦しくはありません。白無地も襟部分だけで、袖は身頃と同じ生地。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、ベースが生成り色のものとバーガンディーの2色。素材は夏でも着れるカジュアルなものですが、なんとなく温かみのある色合いが、少し秋に向けての気分も教えてくれます。

 あまり見慣れないデザインかも知れませんが、ブリティッシュトラッドを演出できるものですし、さらっと羽織っていただいたり、秋にはベストなんかを合わせていただくと、より雰囲気が出せると思います。夏もまだまだこれからですが、早くも次のシーズンを先取りしたい欲張りな方へ、お勧めです。

NOUN クレリックシャツ カラー:ホワイト(着用)、バーガンディー サイズ:M、L(着用) ¥11,340- NOUN レジャーパンツ サイズ:M(着用)、L ¥16,590-
cleric1.jpg

NOUN クレリックシャツ カラー:ホワイト、バーガンディー(着用) サイズ:M、L(着用) ¥11,340- リーバイス 501ユーズド サイズ:29~34インチ(33インチ着用) ¥7,245- クラークス デザートブーツ サイズ:US7~9,5インチ(8,5インチ着用) ¥20,790- 
cleric2.jpg

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL