DENIME

DENIMEの記事一覧

ZABOU style31 ~Sud(スッド)のジーンズ~

2008年、ZABOUのジーンズスタイルはSud(スッド)で盛り上がってました。谷川氏「シルエットと裾丈のバランスが最高。」、田口氏「この穿き心地、たまりませんわ~。」、堀田氏「愛着が湧きます。大好きです。」。スタッフ3人、ほんまこの1年よく穿いてましたわ~、Sud505タイプ。

なんやかんや言うても、ジーンズと言えばやっぱり一から育てて自分のカラーにしていく事が醍醐味のひとつ。各々のライフスタイルや体型、仕草等のクセによって表情が出てきます。いわゆる、個性ですわ。無意識にそれが表現される恐るべしパンツ、それが世界中で愛され続けているジーンズ。そんなジーンズの魅力に取り付かれたDENIMEの林氏が送る、Sud(スッド)。その経年変化を、本日は堪能して頂こうと思います。

A.T氏
sud2-6.jpg
sud2-7.jpg
谷川氏談
「経年変化の真意とは!? 色が抜けるのと髪が抜けるのとは訳が違いますからね。でも男もデニムも歳月を重ねてハゲてきて始めて味が出るということですわー!!」

M.T氏
sud2-1.jpg
sud2-2.jpg
田口氏談
「写真では見えないですが、大きめのバックポケットが気に入ったSud505タイプ。携帯の形に色落ちしたフロント右ポケットが自慢です(笑)いや~現代的ですわ。2009年はゆるめのストレート、Sud502タイプに挑戦しようかな~。」

N.H氏
sud2-3.jpg
sud2-5.jpg
堀田氏談
「足が細すぎる事がコンプレックスの僕は、デニムの綺麗な色落ちなんてほとんどあきらめていました。でもSudは違った。極端に色落ちした膝部分が、僕らしさを表してます。自転車に乗るときもよく穿きました。大事な相棒です。」

いや~。三者三様、スタイルがにじみ出てますわ~。穿き始めて約3ヶ月後から表情が出てくるSud(スッド)のジーンズ。穿き方、洗濯の仕方、日常の生活、それぞれのスタイルをジーンズが代弁してくれてます。そんなSud(スッド)のジーンズは、まさにZABOU styleのひとつです。

Sud(スッド)

「約1年前、ZABOUでSud(スッド)の取り扱いが始まって即購入。それ以来、他のジーンズはもう穿けまへん。DENIME(ドゥニーム)ですら躊躇してしまう(笑)。」

ちなみにあのDENIMEの林氏は「Sudは、DENIMEを超えた!?」言うてはりましたわ~笑。

体に馴染みやすく、めちゃくちゃ穿き易いジーンズの登場ですわ~。そう!DENIMEの林氏によるジーンズが、Sud(スッド)なのです。

13.4オンスの比較的軽め。綿100%のデニムなのにジーンス特有の張りがなく、まるでストレッチが効いているかのようなソフトな履き心地。スウェットパンツを穿いてるみたいです。この時点でもう既にショックです。

うんちくだとかスペックがどうとか、そんなんもうどうでもええんですわ。とにかく楽チンで体に馴染んで穿き易くてしかも安い、ジャケットやレザーシューズにも合う大人のジーンズが欲しい。そんな要望に見事応えてくれました。

ヴィンテージのリーバイス501 BIG’E’(1960年代)の中でも、特に細身でシャープなシルエットのものをベースにしパターンを引き直した、Sud 501タイプ。パイプステムと呼ばれる直線的なストレートのリーバイス505をベースにした、Sud 505タイプ。どちらも、ジャケットやラッセルモカシンのチャッカなんかに合う細身のストレート。

さらに、先日からZABOUのラインナップに新たに加わったゆとりのあるストレートの、Sud 502。ラッセルモカシンのスポーティングクレイチャッカなど重量感のあるシューズに良く似合います。まさにZABOUが今、気分のシルエットです。(詳しくはコチラのブログをどうぞ⇒2008/12/06(土) ZABOU style30 ~ZABOU別注モデルラッセルモカシン~

sud5.jpg
Sud JEANS 右より:Sud 501タイプ、Sud 502タイプ、Sud 505タイプ  サイズ:29~34インチ(30インチを使用)

しかしなんやかんや言うても、ちゃんとこだわってます。はい。↓

●糸からこだわったオリジナルのデニムがヴィンテージ特有のタテ落ちとリーバイスを思わせる絶妙なブルーに変化していく。
●耳(セルビッチ)部分にアタリが出るよう、「Sudロック」と呼ばれる新しいロックの縫い方を開発。
●国内最終在庫のSCOVIL社製のリベットを使用。
●右足のみ片耳仕様。
●赤タブは「H」マーク。もちろん、DENIME 林氏の頭文字…。
●ブランドネーム「Sud(スッド)」。イタリア語で「南」。大阪の「ミナミ」がやっぱりお好きのようで。

sud1.jpg
sud2.jpg
sud4.jpg
sud3.jpg

勿論、ZABOUスタッフ全員約1年近く穿き込んでます。気軽にカッコ良く穿いて頂けるジーンズ、それがSud(スッド)ですわ。

*ここ1年ブログで度々登場しているZABOUスタッフのジーンズ姿。大半がSud(スッド)を着用してました。

DENIME(ドゥニーム)505 WHITE DENIM

ここに一枚の写真がある。

古ぼけているが今なお新鮮に映るのはスタイルのせいだろうか。1960年代のアメリカ東海岸の大学生たちは一種のスタイルを持っていた。「IVY」と呼ばれた彼らのスタイルは独特で且つ合理的なものだった。勉強とスポーツに明け暮れたその生活は卒業後の飛躍を意味している。

昭和40年(1965年)に出版された『TAKE IVY』には「IVY」の基本となるスタイルがたくさん盛り込まれている。平成20年(2008年)の今にも通ずるものもあるし、そうでないものも当然ながらある。ただ、その「IVY」といわれるスタイルには廃れる事のない魅力が満載だ。

よく何を合わせたらかっこいいですか?と質問される。もちろんAとBは誰の目にもよく合うと認められるが、AとCは合わないと言い切ることは難しい世の中である。だからAとBの組み合わせのパターンをたくさん持っていれば困らないのである。

前述の『TAKE IVY』には「エール大学服装心得20か条」なるものや「アイビーワードローブガイド」なるものが併記されていて、色の選び方や必要枚数まで載っているから驚きである。所謂AとBの組み合わせだ。

DENIME(ドゥニーム)505 WHITE DENIM はそんな「IVY」のワードローブに欠かす事のできないアイテムとして挙げておきたい。505というのはもちろんLeviのそれと同じでスリムフィットを意味している。少し短い目に裾丈を合わせてみるとウンといい。

えっ?白は眩しいから恥ずかしいって?!ええ男は眩しいモンですわ。
takeivy2.jpgtakeivy1.jpgtakeivy3.jpg
DENIME(ドゥニーム)505 WHITE DENIM  カラー:ホワイト  サイズ:28~34インチ  プライス:¥15540-

denime(ドゥニーム大阪店10周年記念パーティー)にて

先日DENIMEさんの大阪店10周年記念パーティーにご招待いただきましたときのこと

「20年経ってやっと自分のつくりたいもんつくりまんねん。」

「10年店やって明日から11年目じゃなくて1年目なんですわ。」

(ドゥニーム林師匠 談)

こんなに有名でこんなに実績のあるひとの言葉です。僕はこの謙虚さに感動しました。
お話をさせていただいた30分ほどがあっと言う間に過ぎていきました。

「僕はジーパン屋や。」と言ってのけるところがまたかっこいい。

「服好きが少なくなった。」というお言葉にも重みがあった。(雑誌やネットの影響で全体の底上げがされたため)こざっぱりしたひとが増えた。お話の内容はところどころ鋭く突き刺さる。僕たちお店をやっている者たちの責任でもあるからだ。僕たちは品物を売ってるのではなく「夢」を売る職業だからだ。

「『夢』売らなあきまへんでー!」そう言って夜は更けていった。

ドゥニーム大阪店10周年おめでとうございます。

そして頂戴いたしましたお言葉に感謝いたします。ありがとうございました。

服好きのみなさんもこれから好きになられる方も僕たちも努力しますのでもっと楽しみましょね!

hayashi1.jpgdenime11.jpg

DENIME(ドゥニーム) エピソード2

デニム業界で20年以上デザイナーを務め、デニムファンに支持されてきた林 芳亨(はやし よしゆき)氏が立ち上げたブランド⇒【RESOLUTE(リゾルト)】

RESOLUTE(リゾルト)についてのことをいろいろとまとめたページですので、是非ご覧くださいませ。
※画像を押して頂きますとそのページに飛びます。

今回(エピソード2)は、DENIME(ドゥニーム)の本質に迫って参ります。

DENIME(ドゥニーム)の由来
 ドゥニームというブランドネームの由来は、15世紀フランス、ニームの古代織物センターで生み出されたSerge de Nimes セルジュ ドゥ ニーム(ニーム産のサージ)が語源で、de Nimesがアメリカ訛りでDenim(デニム)になったと言うところからきています。

ドゥニームのブランド設立は1988年、現在では入手の難しい50~70年代の隠れた名品の数々をリメイク、その時代の空気を出来るだけ忠実に伝えることをコンセプトに、素材、縫製、付属品、着こなしに至るまで徹底的に追求した物作りをしています。

DENIME(ドゥニーム)のこだわり
 ゴールドラッシュに沸くサンフランシスコでジーンズが誕生してから150年余りの年月が流れ、ジーンズそのものも歴史的な変換を経て今日に至っています。DENIME(ドゥニーム) はその歴史的背景を踏まえた上で、あくまでもジーンズのベーシックな部分をベースにし、その時代の空気を出来るだけ忠実に伝えることをコンセプトに、今日的な味付けを施した商品を開発しています。

  昔どうりに着色した糸を、織機、縫製、糊付(のりづけ)からパーツに至るまで一貫して再現し、出来上がったものがDENIME(ドゥニーム)のGパンでありGジャンです。
ドゥニームの代表的なXX typeが良い色落ちをするのは、化学合成インディゴを使い染色を反復することにより、染色面に厚みをつけ、染料も濃いものを使っているからなのです。

洗いをかけた後は、穿きこむごとにオールドの証明とされる縦落ち、ネジレを生じさせるサイド耳使用独特のアタリがつきます。

このようにDENIME(ドゥニーム)は可能な限り過去に忠実に、そして、ささやかなこだわりを持った物作りをしています。

Denim(デニムの歴史)
デニムは、15世紀フランスのニームの古代織物センターで生み出された「Serge de Nimes」が語源で「de Nimes」がアメリカに伝わった時のアメリカ訛りで「Denim(デニム)」になったと言われています。
( Denime(ドゥニーム)のブランド名もこれが語源です。)

非常にマイナーであったインディゴ染めを一般的なものにしたのが「インディゴ合成染料」で、別名「インジゴイド染料」と呼ばれています。
この合成染料は、1878年ドイツの科学者「Aボン・バイヤー」によって報告されたのが最初です。そして、1883年化学構造が決定し量産が始まりました。
(構造的には「天然インディゴを染料」に使う場合の成分と全く同じで「天然インディゴ」のような不純物がなく純粋な成分構造だけを抽出したと考えて下さい。)

定番XX typeは1950年代のデッドストックのデニムを糸まで解体し、綿の産地や色、糸の番手、染め、縦糸横糸の打ち込み本数までとことん調べあげて世に送り出された商品です。

1988年から89年にかけて生産された初のXXタイプはわずかに144本のみでした。またプロトタイプを作成してから本生産に入るまでに6ヶ月をかけてます。色落ちの状態を確認してようやく生産のGoサインが出されたのです。DenimeのGパンでありGジャンは、お客様が買われて6ヶ月後からが勝負なのです。

(以上、DENIME ホームページより引用させていただきました。)

ZABOUでは、「Denime 66 TYPE(以下、66)」と「Denime 66XX TYPE(以下、66XX)」の2型ご用意しております。で、「何がちがうねん!?」ということですが、大きく分けてどうやら2つありそうです。 

ひとつは、シルエットとディテール。もう一つは、生地に違いがみられる。
●「66」は、リーバイス501の1960年代後半モデル。いわゆる66前期がベースになっている。やや股上の浅い細めのストレート。力織機を使用しており、きめが細かくアタリ感の強い色落ちが特徴。オレンジの糸で縫われており、生地は柔らかくて非常に穿きやすい。
●「66XX」は、1970年代頃モデル。いわゆる66後期がベースになっている。「66」と同シルエットだが、腰幅がややタイト。生地は、リーバイス501の1950年代前半のデニム。いわゆるXXのものを再現。旧式の力織機(重織機)を使用しており、ムラ糸を使い、染色量が「66」に比べて多く、ヒゲの濃淡がつきやすいのが特徴。イエローとオレンジの糸を使い分けて縫われており、生地に腰があり身体になじませ履き込んだ後の表情が楽しみ。

denime-a2.jpg
これは、「66」。

denime-a3.jpg
これは、「XX」。「66XX」と生地が同じ。このような、色の変化が楽しめます。

ちょっとわかりずらいかもしれませんが、「66XX」の方が色の落ち方が粗いです。

denime-a1.jpg
右=「66XX」 左=「66」
ポケット、ステッチの色がちょっと違う。

※現在は取り扱いございません。

デニム業界で20年以上デザイナーを務め、デニムファンに支持されてきた林 芳亨(はやし よしゆき)氏が立ち上げたブランド⇒【RESOLUTE(リゾルト)】

RESOLUTE(リゾルト)についてのことをいろいろとまとめたページですので、是非ご覧くださいませ。
※画像を押して頂きますとそのページに飛びます。

☆お店に行く!→ZABOUのお店
☆ネットで見る→ZABOU WEB SHOP

最新情報満載のZABOU facebook(フェイスブック)はこちらから。

色んなコーディネートが見たい!Instagramはこちらから。

DENIME(ドゥニーム) エピソード1

10数年前、空前のレプリカジーンズブームが起こりました。記憶に新しく、ご存知の方が多いと思います。ぼくももちろんその波にのり、数少ない情報の中から「どこのジーンズが一番ええやろう?」と必死になったものです。数あるメーカーの中から、ジーンズに対する深求心とジーンズを穿き込んだ後の表情の良さ等から納得するブランドを1つに絞込み、ようやく入手。それが、DENIME(ドゥニーム)あり、最初の出会いです。

ヴィンテージブーム真っ只中、XXだの、ビックEだの、66だのと大金はたいて自慢げに穿いていたリーバイス501。シルエットそのままにその雰囲気がノンウォッシュの状態から、自分で洗いをかけ、乾燥機に入れ、穿き古していく、育てていくといったことが出来ると言うレプリカジーンズ。

お店には糊がのったままのカチカチの生デニム。ワンウォッシュの洗いのかかったサンプル品がない時代、カチカチの生デニムを試着するもののイメージがわかず、「洗濯して乾燥機に入れて縮んだら丁度いいよ」と自分のものにしているDENIME(ドゥニーム)のジーンズを穿いた店員さんに進められるがまま。記憶が甦ります。自宅で洗濯、乾燥後、再びお店へ。裾上げをしてもらい、その後また取りに行くという手間のかかりよう。そら、愛着もわいてくるってなものです。

今回、ZABOUで取扱のDENIME(ドゥニーム)、何かと忙しい現代人にはちょうどいいはず、すでに洗いをかけ、乾燥機に入れ、縮んだ状態のものをご用意。すでに時代は変わりました。必要以上にジーンズに執着しすぎるのもどうかと思います。

denime-e2.jpg
DENIME(ドゥニーム) ワンウォッシュの66モデル  カラー:ブルーデニム  サイズ:29-34インチ(30インチ着用)  プライス:¥15540-

denime-e1.jpg
DENIME(ドゥニーム) 10数年前、2~3年穿き続けた66モデル  カラー:ブルーデニム  サイズ:30~32位 プライス:私物   

久し振りにクローゼットの奥の奥から引っ張りだしてきました。やはり、全く色褪せません。むしろ新鮮。当時、学生時代は毎日のように穿き、1年以上洗濯をせず穿いていました。だいぶ不潔です。臭っていたはず。(笑)
紳士であるZABOUのお客様は絶対に真似はしないで下さいね。清潔であることが一番です。

☆お店に行く!→ZABOUのお店
☆ネットで見る→ZABOU WEB SHOP

最新情報満載のZABOU facebook(フェイスブック)はこちらから。

色んなコーディネートが見たい!Instagramはこちらから。

DENIME(ドゥニーム)入荷

 本日よりZABOUにて、DENIME(ドゥニーム)の取扱を開始いたします。アイテムは現在2型、若干細身のストレートである66(ロクロク)モデルと、そこにヴィンテージライクなXX(ダブルエックス)の素材をのせた、66XX(ロクロクダブルエックス)モデルです。 店頭にて、ぜひ一度お試し下さい。

denime.jpg
●DENIME 66モデル サイズ:29~34インチ ¥15,540- 66XXモデル サイズ:30~33インチ ¥25,200-