Paraboot(パラブーツ)  純正SHOE TREES(シューツリー)

 Paraboot(パラブーツ)と言えば、フランスの老舗シューズブランド。カジュアルからややドレッシーなスタイルまで、幅広く対応出来るCHAMBORD(シャンボード)は特に人気が高く、ZABOUでもちょっとした憧れアイテムとして、気にされているお客様も多いかと思います。

chambordmarron1Paraboot (パラブーツ) CHAMBORD (シャンボード ) マロン  プライス:¥58,800-

 また、すでにパラブーツを持ってらっしゃる方は、やはりお手入れの方法が大切です。アッパーに使われている、パラブーツ独自開発のLISSE LEATHER(リスレザー)は、馴染み易く水にも強い優れもの。ちゃんとお手入れしてあげれば、履ける年数は10年とも20年とも言われます。非常にコストパフォーマンスに優れたレザーシューズなのです。

 しかしどんな高級靴も、お手入れ無くして長く履けるはずもありません。それなりに手を掛けてあげなければ、普通に痛んで駄目になるだけなのです。

 そんなお手入れの生命線になるのが、本日改めてご紹介させて頂きます、『Paraboot(パラブーツ)  純正SHOE TREES(シューツリー)』でございます。

parabootshoetree1Paraboot(パラブーツ)  SHOE TREES(シューツリー)  プライス:¥8,925-

 実は人気のため、ずっと完売が続いていた商品でございます。
 久しぶりにメインのサイズである、「6、7、8」が揃いました。

 そもそも『シューツリーって何?』はい、よく言われる事ですが、靴のハンガーでございます。

 例えば、如何に高級なジャケットであっても、適したハンガーにちゃんと掛けておかなければ、シワだらけの情けないものになってしまいます。シューツリーは、革靴を本来の美しい姿勢に戻す為の、矯正器具でもあります。

 シューツリーが重要な理由は他にもあります。二つ目に、お手入れの効果を上げる事が出来ます。

 履いた後の革靴は足の動きによって、あらゆる場所にシワが出来て曲がっています。そのままお手入れをしようとすると、肝心のシワの部分に汚れが溜まったままになります。また、栄養クリームも革にまんべんなく行き届きません。
 シューツリーを革靴に入れて、靴が正しい姿勢に伸びた状態でお手入れをする事で、溜まり易い汚れも取れ、クリームも全体に行き届き、長く履く為のお手入れが出来るのです。

parabootshoetree2

 最後に、革靴内部の湿気を取り除く効果もあります。

 パラブーツの純正シューツリーは、木が欠けてしまうのを防ぐ為に表面をニス塗りしてあるタイプです。未塗装の木製シューツリーに比べるとさすがに吸湿効果は劣るものの、丈夫で長く使う事が出来ます。
 靴の湿気が特に気になる方は、「シダードライ」との併用をオススメ致します。一日履いた靴の中にシダードライを一晩入れておきましょう。翌朝、シューツリーを入れて保管すれば、湿気も取れて形も戻してくれます。

parabootshoetree3

 いかがでしたでしょうか?お気に入りの革靴、寿命を大きく左右するのがこのシューツリーです。
 特にパラブーツ純正は、当然パラブーツ製品に合わせて特別にラストを削っていますので、市販の物に比べるとフィット感に差が出ます。一足持っていれば安心の純正シューツリー。是非、お試し下さいませ。

  
 パラブーツの基本的なお手入れについて、こんなZABOU動画もございますので、宜しければ是非ご覧下さいませ。

☆お店に行く!→ZABOUのお店
☆ネットで購入、もっとパラブーツについて見る!→ZABOU WEB SHOP

  

最新情報満載のZABOU facebook(フェイスブック)はこちらから。

色んなコーディネートが見たい!Instagramはこちらから。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL