SAINT JAMES(セントジェームス)のナバル7分袖

めちゃくちゃ意識しているであろうけど、そのようには見えない。無意識でいると一見無頓着な雰囲気で、そんな姿がカッコよく映り、また興味を持ってしまう。そんな個人的なイメージのヘミングウェイもかつて愛用していた様子のボーダーシャツ。

クローズアップするがゆえに、いかにもイケてるかのよう。そのような意識で見てしまうものだからほんまにそうなのかわからないのに、そうであるかのように思ってしまう。不思議なものです。なんのこっちゃ!?

そんなこんなで私事ではありますが、ボーダーのバスクシャツ『セントジェームスのナバル7分袖』のホワイト/ネイビーがまた気分なのです。はい。

「7分袖と言うアイテムがこんなにも理にかなった服やったんや!」と言う事を認識している今日この頃。最近はチャンピオンのテンイレブン7分袖をヘビーローテーション。その中で気づいちゃったんですよねー。蒸し暑くてでも時折肌寒さも感じて。そんな中途半端な天気にはやっぱり中途半端な「ハンパ袖」がいいってコトに。

そろそろ他にも気分な7分袖が欲しいな~と思い早速『セントジェームスのナバル7分袖』を選んで見ました。

定番ウエッソンに比べれはより細い番手の糸を使用しておられているため(時間という暇がかかるらしいですわ)、繊細な表情ながら丈夫。この時期にピッタリな着用感を約束してくれます。

コーディネートはと言うと、即戦力ではガンホーのファティーグパンツのように生地が薄くてリラックスしたシルエットのパンツや吸汗速乾に優れたハイテックなパンツに合わすと快適!さらに季節が進めば、ショートパンツに7分袖なんて感じが気分ですわ。

Saint James(セントジェームス) NAVAL(ナバル)7分袖についての詳細はこちらからどうぞ→Saint James(セントジェームス) NAVAL(ナバル)7分袖