workjacket

workjacketの記事一覧

Veste militaire F2 Armée française(フランス軍 F2 ジャケット)

「卒業」シーズンだそうな。ワタクシもかれこれ卒業しましたが、未だ就学中のコトも多ぅございます。人生そのものが就学みたいなものですから、まだまだ勉強中でございます。小さい時分から興味のあることはわかるまで調べる性格でございましたので、ひと様に言わせるとしつこい、しぶとい性格だということでございます。「知るは一時の恥、知らぬは末代の恥」なんて自分の都合の良いように何でも解釈するものですから、ある種メデタイヤツなのかもしれません。ほんで興味のないことは一切「われ関せず」であさって向いてますけどな。笑 ただ物事が複雑多岐に渡って参りますと、なまじ分かっておっても分からんフリをしたほうが利口やないかという場面にも出くわしますわな・・・。

さて、フランス。

ホテルの傍の小さなデリカテッセンでお惣菜を買って、キオスクでワインなんぞを手に入れる。部屋でささやかな晩餐でございます。これは我々庶民の「旅の醍醐味」みたいなもんですわな。お惣菜って言うてもそらアンタ、ここはフランスやから「目には鮮やか」「舌にはまろやか」「財布には軽やか」と三拍子揃ってます。ひとつだけ難点を申し上げますと食べ慣れへんもん食うとうるさかいに「屁がクサい」っちゅうコトだけですわ。わっはっは。

早朝から車に乗り込みまして、蚤の市や古着の倉庫へ向かいます。埃っぽい中で「宝さがし」ですわ。これがまたキモ楽しいんです。得体の知れん匂いはするわ、そこらじゅう小汚いわ、もう大変。薄暗い部屋で軍モノを触るのはタマ●ン縮みあがる思いでっせ。その反面、カッコええのん見つけたらキモさ忘れて飛び上がるくらい嬉しいけどね。前にも少し触れたことがございますが、古着のディーラーで買い物するときは、絶対に「おぉ~!見っけた!」とか「うほほ~ぃ!」とか言うたらあきまへんな。これしてしもたら、もう最後。相手の思うツボですわ。「ん!君これ欲しいのかね?」「いくら出すんだい!」みたいに足元見られ放題になります。なので、そ知らぬフリでクールにやらなあきまへんのでございます。

昨日に続き本日はフランス軍 F2 ジャケットでございます。どうぞご心配なく。これはサラ(新品)ですので。¥6,195-

南船場のパリジャン。

というよりも・・・。

Vêtements de travaille (フランス・ワークジャケット)

みなさま、こんばんは。ワタクシ古(いにしえ)に想いを馳せてございます。

暦では明日からお彼岸でございます。「暑さ寒さも彼岸まで」とは申したものでございまして、今日の寒さも次第に和らいでくるでしょう。そして巡りくる季節と共に「ひとは生かされているなぁ」と思う訳でございます。淡々と慎ましく、たくましく生きるのでございます。そう思うとなんともたのもしく思えてくるのでございます。

「たのもしさ」という言葉を私の敬愛する司馬遼太郎氏は「21世紀に生きる君たちへ」になかでこう語っています。(少し長いですが読んでみてください。)

さて、お仕事でございます。

98年から00年はフランスはじめ欧州へよく買い付けに行きました。ワタクシ当時はアメカジ一辺倒だったものですから、ヨーロッパものが珍しく映りました。中でもとりわけ目を引いたのは「作業服」でございます。この「作業服」(=ブルーカラーの語源どおり労働者の被服)の色がとても素晴らしく惚れ込んでしまったのでございます。アメカジのインディゴ・ブルーもさることながら茄子紺とかプルシャンブルーとか言う欧州の紺色もしくはブルーがなんとも美しくこの目に焼き付いたのでございます。

今なお、春の訪れとともに着て楽しむ一着でございます。1969年モノのデッドストックでございます。(フランス製)¥7,245-

経年変化したらこんなんになります。

よろしおまっせ~。

ImageFashion-7 (Euro Items)

 ボス谷川さんに続き、田口兄さんまでフランスへ。欧米かっ!と、ベタに言ってみたくなるほど、最近のZABOUはまた急に異国の匂いが強くただよい始めています。もともと欧米なお店なのですが(笑)、僕にとってはすごく新鮮で、毎日売り場でワクワクしてます。ほとんどお客さん気分。欲しいものが急激に増え過ぎて、嬉しい悲鳴です。

 ボーダーのバスクシャツに、ダッチキャップ。ポーランド製のホーローの食器にワークジャケットにベストにコートに……もうお宝の山です。楽しすぎ。ヨーロッパって良いんだろなぁ~っって、田口兄さんにデジカメの写真を見せてもらって、話を聞きながら思いました。なんて言うか憧れ。行きたい。

 実は、十年以上前に一度、家族でヨーロッパ旅行をしたことがあります。ロンドン、ローマ、パリ、10日間の旅でした。当時僕は中学一年だったので、はっきりいって、今は記憶が断片的です。でも空気感と言うか雰囲気、それを肌身で感じたことは、どうやら体が覚えているようです。

french3.jpg

 この古着たちや写真を見ていると、体が当時の楽しかった記憶を思い出しているかのように、ワクワクしてきます。 自分が日本人であるからこその、異国に対する憧れ。古着は自分で気づかなかった自分の新たな感情を教えてくれるようです。

 「セントジェームスのボーダー、ええねんけど実際ぼくらあまり着ませんから…」って、僕も言ってたのに(笑)。やっぱり実際にフランスから届く、着古されてモケモケのバスクシャツ。良いです。一時期、二年以上は寝巻きとして穿きまくっていたフランス軍の軍パンとも、相性は抜群。一番軍人ぽくない人間が軍パンを穿き、一番ワーク出来なさそうな人間がワークジャケットを着て(笑)。ある意味リアルさは無いのかも知れませんが、自分に無いものを求めるものなんですよね。服は僕の夢を叶えてくれます。
french1.jpg
フレンチワークジャケット サイズ:48 ¥13,440- ユーズドボーダーバスクシャツ私物 フランス軍のパンツ私物 ラッセルモカシンのチャッカブーツ私物

 これはなんとプリズナーシャツ。囚人服ってやつですね。囚人になりたい願望はありませんが、非日常をファッションとして楽しむ、それだけで平凡な毎日が少し新鮮なものとなるかも。これも空気、雰囲気、そんなものを感じ取って欲しいです。
french2.jpg
フレンチプリズナープルオーバーシャツ サイズ:S ¥7,245- マウンテンカーキ アルパインパンツ カラー:ベージュ、ブラウン(着用) サイズ:30(着用)、32、34 ¥12,600- 

 イメージを具現化するには、やはり実際に体験するのが早いですよね。今度は僕もヨーロッパへ行きたいです。でも今はお店の古着で満足しておきます☆