タグ: paraboot(パラブーツ)の記事一覧 6/6 ページ目

PARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード) 明日12/10再入荷します。

 林師匠の足元に光る、シブく馴染んだ革靴、『PARABOOT(パラブーツ)のCHAMBORD(シャンボード)』が、明日12/10(土)再入荷の予定です。(2011/10/17(月)のZABOUブログ、”林さんと、Double Tree(ダブルツリー) Corduroy jeans(コーデュロイ・ジーンズ)“より)

 物作りに携わる人の審美眼は鋭い。それがジーパン一筋20年、日本屈指のデザイナー林師匠ともなれば極めて鋭い。その方のご愛用の靴。

 PARABOOT(パラブーツ)とは…

 「全ての製品に本物の信頼性と高い品質、そして魅力を」
Parabootの創始者レミー・リシャールポンヴェールは1919年アメリカ滞在から1足のラバーで覆われたブーツと共に帰国しました。この”ブーツ”は彼に、ブラジルPARA港から直輸入された天然ラテックスを使用しラバーソールの靴を生産するというアイデアを与えました。
よって「Paraboot」は自社の靴に用いるソールをも自ら製造する世界で唯一のシューズメーカーとなりました。
創業以来、変わらない魂と厳しい基準のもとに「Paraboot」は造り続けられ、まもなく一世紀が経とうとしています。
(パラブーツ公式ホームページより)

  
 お洒落はやはり、足元から。足元が大事。全部大事なんだけど、決して外せないくらい大事。せっかくのコーディネートも、足元だけで台無しになったり。逆に、足元がビシっと決まっていれば、他のアイテムで外しても説得力があったり。男が気を使いたいのが、やはり足元。

 シャンボードが人気の理由は、フォーマル、カジュアル、どちらのコーディネートにも振れる幅の広さ。水に強い独自開発のワックスレザーに、履き心地の良いこちらも独自で製造しているラバーソール。シンプルなUチップのデザイン。履く人の持ち味や趣味趣向、シチュエーションに合わせて融通を効かせてくれるのに、極めて個性(オリジナリティ)が強い。でも、奇を衒ってもなくて、極めて普通。

Paraboot ( パラブーツ ) CHAMBORD (シャンボード ) NOIR(ノワール)  サイズ:6,5 7 7,5 8  プライス:¥70,200-

Paraboot ( パラブーツ ) CHAMBORD (シャンボード ) CAFE(カフェ)  サイズ:6,5 7 7,5 8  プライス:¥70,200-

 そして「本当にイイモノ」。イイモノの基準は難しいけれど、質が良く、作りが良く、センスが良く、長く続き愛されているモノ。グッと気温が下がってきたここ数日。冷たい風の吹く中をシャンボード履いて颯爽と、オンでもオフでも、街をスマートに行きたいものです。

  
 明日12/10(土)再入荷予定のPARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード)が気になる!
☆お店の場所を調べておこうZABOU のお店
☆ウェブショップで下調べだ!ZABOU WEB SHOP
PARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード)
  

最新情報満載のZABOU facebook(フェイスブック)はこちらから。

色んなコーディネートが見たい!Instagramはこちらから。

PARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード) 新色(マロン)入荷!

ザボブロをご覧の皆様、はじめまして。先輩堀田氏に、変なあだ名をつけられ弄ばれてる吉田と申します。主にWEB SHOPを担当しております。日々試行錯誤の連続で、まだまだ勉強中ですが、どうぞ皆様宜しくお願い致します。

さて私、最近パラブーツのシャンボートを購入したのですが、これが素晴らしくいいのでご紹介させて頂きます。今までスニーカーしか穿いてこなかった僕は、ずっと革靴を欲しい欲しいと思っておりました。ですが、なかなか欲しい物に出会う事が出来ずにいました。

時が経ち、ZABOUでこいつに出会い、試着したら抜群の履きやすさ、歩きやすさに驚き、清水の舞台から飛び降りる覚悟で購入しました。スニーカーしか知らない僕の勝手な想像で、革靴は靴擦れするものやと思っていましたが、そんな事は全くなく、快適そのもの!とにかく穿きやすい!これに尽きます。体感して頂くとわかります!今なら新色も追加して皆様をお待ちしております☆

皆様それぞれに自分のモノサシがあって、それを基準に物の価値を決めてると思いますが、自分のモノサシを信じてよかったと思える一足です。

PARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード)  カラー:ブラック、ブラウン(着用)、マロン  サイズ:6.5、7、7.5、8(着用)、8.5  プライス:¥58,800-

●モデル 身長180cm、体重70kg、足のサイズ約27.5cm

このPARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード)が欲しいけど、ZABOUの店まで遠くて買に行けない!そんな方の強い味方ZABOU WEB SHOPがございます。こちらからどうぞ→PARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード)

PARABOOT(パラブーツ) MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック) その3

 さて、連日ご紹介しておりますフランスの名門シューズブランド、『PARABOOT(パラブーツ)』でございます。今日は「MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック)」を、実際に履いてみようかと思います。

 手に持ってみますとズシリと、少し重みがあります。しっかりと頑丈に作られている事が、すでにこの時点で感触として伝わって参ります。

 これが噂のアザラシファーです。天然モノですから、当然、すべて色合いや風合いが異なります。言ってみれば、すべては一点もの。「出会い」という楽しみもオプションとして付いてくる訳です。

 早速足を入れてみます。新品ですから、革にはまだまだ固さが残っています。
 「LISSE(リス)LEATHER」と呼ばれるこの牛革素材は、パラブーツがパラブーツの為にのみ作り出した、世界で唯一のものです。革を作り上げる工程でワックスを含ませており、耐久性、耐水性に非常に優れています。かつ履き心地も極めて良く、短期間履くだけで、まるで長期間履きこんで馴染ませたかのような履きやすさをもたらします。
 すでにパラブーツを所有し、愛用している先輩方にその感想を求めた際、「めっちゃ履きやすいで。」と皆が口を揃えておっしゃる理由が、どうやらここに隠されているようです。

 紐を緩めれば大きく口が開き、締めて固定するのも非常に簡単。立ち上がると、今度はクッション性の良さが足の裏から伝わってきます。パラブーツは、「世界で唯一ソールの製造も自社で行っている」、という事でも有名です。独自に編み出されたゴムの製造法と、熟練の職人の手によって作り出される、極めて高いクオリティを誇るラバーソールです。中底部分には、最高の履き心地と通気性を保証するコルクが敷き詰められています。当然、靴底の張り替えも可能。大切に履けば、非常に長い年月愛用を続ける事が出来ます。


●靴 PARABOOT(パラブーツ) MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック)  カラー:ブラック(着用)、マロン  サイズ:40、41、42、43  プライス:¥60,900-

 履いてみました。理屈抜きでカッコいいです。いつものスタンダードなスタイルに、足元に遊びのあるアイテムを持ってくる。それも、最高に贅沢な遊びを、です。

このPARABOOT(パラブーツ) MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック)が欲しいけど、ZABOUの店まで遠くて買いに行けない!そんな方の強い味方『ZABOU WEB SHOP』がございます。こちらからどうぞ。
PARABOOT(パラブーツ) MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック)

PARABOOT(パラブーツ) MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック) その2

基本は、「視覚的にあまりアピールをしないものがいい」と思っております。

メンズファッションにおいては、といいますかデイリーウエアでは特にそのような感覚であると思います。(タブン)終わりがないのです。また極めて一般的な事であると認識してます。CHAMBORD(シャンボード)はまさにその代表的なシューズ。

対するこのMICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック)は分かりやすいぐらいのアピール。アヴァンギャルド。ファッションはある意味無い物ねだりのようなモノ。そんな気もします。主張し過ぎるのも、し無さ過ぎるのも面白くない。どこかでバランスを求めている。そのバランスのとり方そのものが個性のような。

このMICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック)は、CHAMBORD(シャンボード)の存在がある事で納得のいく、抜け感のある洒落た革靴。基本に忠実ないわゆるベーシック(例えば、セントジェームス ウエッソンにガンホー ファティーグパンツ。)な装いにこそ引き立つ。勝手にそう思ってます。

やっぱり決して気をてらわない、物事がごく自然に流れていくようなスタイル。そこに取り入れた遊びが『PARABOOT(パラブーツ) MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック)』でありたい。物そのモノに主張があってもスタイルになった時にバランスが取りやすい。そんなPHOQUE(ミカエル フォック)。いつもの『THE STANDARD』なZABOU styleに合わせてお楽しみ下さいませ。


PARABOOT(パラブーツ) MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック)  カラー:ブラック、マロン  サイズ:40、41、42、43  プライス:¥60,900-

このPARABOOT(パラブーツ) MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック)が欲しいけど、ZABOUの店まで遠くて買いに行けない!そんな方の強い味方ZABOU WEB SHOPがございます。こちらからどうぞ→PARABOOT(パラブーツ) MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック)

PARABOOT(パラブーツ) MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック) その1

 「ええ靴が履きたい。」僕もそう思っていました。

 そんな僕の心を見透かしていたかのように、ボスが仕入れてきたのがフランスの名門ブランド、『PARABOOT(パラブーツ)』でございます。すでにブログにてご紹介済みの「CHAMBORD(シャンボード)」だけでなく、こちらもパラブーツでは定番の人気モデル、「MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック)」もすでに入荷済みでございます。

 田口兄さんのように、成人式にシャンボードなどというお洒落エキスパートでは僕はありませんでしたので、パラブーツはまだ未体験です。革靴は昔から好きでして、例えばラッセルモカシンのチャッカとか、ラッセルモカシンのウォーキングモカシンとか、ラッセルモカシンのフィッシングオックスフォードなどはずっと愛用しております(ってラッセルばっか 笑。)

 ZABOUに入社してまる四年が経ち、“ええ靴”にますます興味が出てきていたその矢先、パラブーツが気になると話していた僕にボスは言いました。

谷:「ほっちゃんはアザラシって感じやな。ザラシっといたら。」

という、良く分かるような分からないようなアドバイスに田口兄さんは、

田:「せやな。」

と言っていたので、これはやっぱり足の甲部分にアザラシの革を使っていることで有名な、この「MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック)」が欲しいと、より一層強く思ったのでした。

 チロリアンブーツという伝統的なデザイン、水をはじくアザラシの毛、ワックスを染み込ませた、これまた水に強いカーフレザーに、登山靴に用いられるノルヴェイジャン製法、自社開発された高性能なラバーソールと、そのおそるべしスペックの高さに、よだれが出ると共に興奮を覚えます。当然の事、憧れのフランスメイド。ごつめのルックスに、可愛げのあるアザラシファーとのギャップもたまらない。いやぁ、只者ではないのがやって来ましたわ。


PARABOOT(パラブーツ) MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック)  カラー:ブラック、マロン  サイズ:40、41、42、43  プライス:¥60,900-

 靴が変われば、服の見え方が変わる。今、何気なく着ている服に対する見え方すら、変わってくるのではなかろうか…、そう思わせる靴なのです。

このPARABOOT(パラブーツ) MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック)が欲しいけど、ZABOUの店まで遠くて買いに行けない!そんな方の強い味方『ZABOU WEB SHOP』がございます。こちらからどうぞ。
PARABOOT(パラブーツ) MICHAEL PHOQUE(ミカエル フォック)

PARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード) その3

ちょうど14年前です、PARABOOT(パラブーツ)を手にしたのが。

当時、成人式用にと黒の革靴を探してました。「普段(ジーンズ)にも履けるのが欲しいな~。」よくしてくれていた服屋の店主やスタッフの方々にご意見を頂戴したり、または雑誌などを参考に血眼になって検証してました。

今となっては若気の至りとも言いたい行為ですが、こういうことはやっぱり必要な事だったんだろうな~なんて思ったりもする今日この頃。そんなこんなで手にしたのが、この『PARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード)』でした。

決め手は、ニュートラルなアッパーの表情(なんにでも合わせやすそう)とラバーソールだということ。365日スニーカーの僕にとってラバーソールであることの利点は非常に高い。履き慣れた柔らかいソールの延長上にある。雨の日にもグリップが利いて安全。単純に、表情が(レザーソールに比べ)カジュアルになる。そんなところ。あと歴史的背景からなる普遍性。その安心感も外せない。

また「普段(ジーンズ)にも履ける」というテーマがあったからこそ、そう時間はかからなかった。なぜなら気の効いたモノがPARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード)の他に無い。納得がいくデザインでスーツにもジーンズにも気をてらわずに自然に合わす事の出来る革靴が。


PARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード)  カラー:ブラック、ブラウン  サイズ:6.5、7、7.5、8、8.5  プライス:¥58,800-

このようなクセの無いニュートラルな革靴はそうそうありません。14年前に手にしたときと、今こうしてZABOU店頭にて並んでいるPARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード)。決して色褪せる事のない普遍的な革靴。ほんま「価値の変わらんええもん」でございます。

このPARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード)が欲しいけど、ZABOUの店まで遠くて買に行けない!そんな方の強い味方ZABOU WEB SHOPがございます。こちらからどうぞ→PARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード)

PARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード)その2

「やっぱり、シャンボードが履きやすうてええんちゃうのん。」さらっと語る氏に憧憬が隠せません。別注モデルも作っちゃいます。パラブーツ社のメンテナンスも行き届いております。生産からアフターケアに至るまで一貫したその姿勢はメーカーとしての誇りを感じます。

シャンボードはカテゴリを超越して非常に自由度が高いええ靴やと思います。スーツにも合うしジーパンやら半ズボンにも合う。何年経っても価値が変わらないモノ。

「価値の変わらんええもん」を理解した上でのドレスダウンおよびジャンクファッションはめっちゃカッコええと思います。せやからボチボチでええし「ええもん」身に付けていくのも必要かなぁと思う今日この頃でございます。来季はそういった意味では、また新しいご提案をさせて頂くつもりですので乞うご期待。

ZABOU WEB SHOPへはこちらから→PARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード)

PARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD(シャンボード)その1

「ええ靴が履きたい。」素直にそう思ってます。昔から「足元見られる」なんて言葉がございますが、そのとおりだと思います。

過日、大阪の一流ホテルで待ち合わせがあった時のこと。夏の暑い日でした。友人とふたりでそのホテルのロビーにいたところ、つかつかと蝶ネクタイのホテルマンが歩み寄ってきて「お客さま、恐れ入ります。雪駄履きの方はご入館をご遠慮頂いております。」声を掛けられた友人は「そうけ~、すまんのう。」と二人でホテルを後にしました。ひっくり返るほど笑った僕はその後も友人に「お客さま、雪駄は困ります。」だの何だのとおちょくり回した挙句、床を這いまわるほど笑い転げた記憶がございます。

しかし、それほど足元は重要なのだとその時から強く意識するようになりました。ここいらでちょっと「ええ靴」履いてみたい。そう思っておる次第でございます。

「足元が決まるとコーディネイトすべてが上手くいく。」とはよく申したものでございます。仮にジーパンとTシャツだけのイデタチであったとしても充分に恰好いいのでございます。そしてさらに言えば手入れの行き届いた「ええ靴」を見ただけで、その方の「人と慣れ」がわかるというものでございます。

ずいぶんと前置きが長くなりましたが、「ええ靴」ご紹介をして参りたいと思います。
(その2へつづく)