タグ: st.james(セントジェームス)の記事一覧 13/14 ページ目

SAINT JAMES(セントジェームス) ダブルフェイスニットパーカ

 この題名を見てピンと来た人は、かなりのZABOU通か、セントジェームス通のどちらかでしょうね。まさかのパーカ。痒いところに手が届いちゃって嬉しすぎる感じの一枚です。

 今日はしっかり冷えてきてますね。ZABOUも窓を開けていると、ブログを書いていたらちょっと足元が寒いくらいです。今日のお昼に僕の愛車、ビアンキのマウンテンバイク、『オセロ』を、修理&カスタムに出しました。もちろん土佐堀のアンプさんに。ちょっと予定があって、週末には仕上げないといけないという、かなり大急ぎのお願いなのですが、お忙しいにも関わらず快く引き受けて下さいました。出来上がりが本当に楽しみ。今からワクワクします。

 自転車に対して、スポーツの一つとして捉えている方は、やはり機能性重視になります。ハイテクウェア、自転車用シューズ、バッグ、ヘルメットなどなど。自転車の組み方やパーツのセレクトも、かなりスポーティ。楽しく運動できる事が大切。

 変わって、自転車を生活に組み込まれたツールや、ファッション、気軽なオモチャとして捉えた場合、服装やセッティング、パーツが大きく変わってきます。

 僕は普段のファッションがまず一番に来ます。今のところ。なので、自転車にまたがって快適に走る自分をまず想像し、そこにしっくりくる服装や色使い、バッグなどの小物をイメージしていきます。普段したい服装で、そのまま楽しく乗れてなんぼ。その時に、最近思い浮かぶスタイルの一つが、フードを着ていることなんですね。なんとなく、単なるイメージなのですが。自転車とフード。風になびくフード。なんか良いんです。

 だからますます気に入っちゃうんですよね、このセントジェームス。ダブルフェイスとは、表地がウールのニット。しかし、肌に当たる内側は、ちくちくしないようにコットンが貼ってある!しかも隙間無くきちっと織られているので、風も通しにくく、かなり温かいのです。
dfparka2.jpg
●SAINT JAMES(セントジェームス) ダブルフェイスニットパーカ カラー:(左から)パープルミックス、チャコールグレー、ネイビー サイズ:3、4、5 ¥15,540-

 お洗濯も出来るし、まさにチャリ乗りにはピッタリなのです。去年もこのダブルフェイスニットの虜となったお客さんが多数おられたのですが、今回はその新作。なんとパーカ型ですよ!シャツも中に着れるし、もう完璧でしょう。
dfparka1.jpg

 フード愛好家の方(笑)、是非一度ご覧下さい。
 

ZABOU style28 ~SAINT JAMES セントジェームス ウエッソン ボーダー~

『セントジェームスのウエッソンでもボーダー、やっちゃいました!!』

夏に解禁された?セントジェームスのピリアックのボーダーに続きまして、ついに!ウエッソンでもボーダー始めました。

「セントジェームスのボーダー、ええねんけど実際ぼくらあまり着ませんから…」
そんなわがままから、とりあえず。
着込んで、クタッとこなれとて、色が抜けてきて。そんな表情をシンプルに楽しむには無地に限ります

(2007/01/29 ZABOU BLOG 「SAINT JAMES セントジェームス ウエッソン」より引用)

st-james4.jpg
SAINT JAMES セントジェームス ウエッソン ボーダー  カラー:生成り/ネイビー、ネイビー/グリーン  サイズ:3、4、5  プライス:¥9450-

st-james3.jpg
SAINT JAMES セントジェームス ウエッソン ボーダー  カラー:生成り/パープル、ベージュ/ブラウン、グレー/ダークグレー  サイズ:3、4、5  プライス:¥9450-

いやいや、このボーダーも捨てたものじゃございません。定番カラーに加え、このシーズンカラーもなかなかの好配色揃い。評判の高いHOSU(ホス)のCOOLMAX JACKET(クールマックス ジャケット)やHYPERION(ハイペリオン)のツイードやメルトンのジャケット等のインナーにベタにコーディネートするのもええもんです。もちろんZABOU styleを代表するボタンダウンシャツやシャンブレーシャツにセントジェームスを合わすコーディネートも間違いないです。その時合わすボタンダウンシャツは無地に限りますね。

*参考スタイル:その1 ZABOU style 5 ~SAINT JAMES セントジェームス~
           その2  ZABOU style10 ~ボタンダウンシャツ~

ジャケットのインナーに。
st-james2.jpg

ボタンダウンシャツ(シャンブレーシャツ)×セントジェームス=ZABOU styleのド定番!!
st-james1.jpg

セントジェームスのボーダーもええもんですわ~

短パンデビュー。

 体育の時間以外に初めて短パンを穿いたのは2年前、28の時だったと思います。

 小学生なんて気にせず短パン穿いて学校行ってましたよね~普通は。僕は真夏でも長ズボンを穿いて学校へ行く変わった小学生でした。なぜなら、足がガリガリだから。ある日先生に呼ばれ、「みんな短パン穿いてるのに堀田君だけ長ズボンはおかしいから、夏は短パンを穿きなさい。」と言われました。翌日短パンを穿いて学校へ行き、みんなからつけられたあだ名は「ガリガリ」とか、「ガイコツ」とか。めっちゃコンプレックスでしたね~っ。本当に嫌でした。

 そんなこんなで高校、大学、社会人と人生を過ごしてきましたが、やはりファッションとして短パンを穿く事はありえませんでした。ほんまに体操着だから仕方なく、とか、部活でヒザくらいまでのハーフパンツにバッシュ履いたりはしてましたけど。

 そんな短パン・ガリ足コンプレックスの僕が、まさかこうしてみんなに短パンをオススメするブログを書く事になろうとは(笑)人生わからんもんですね。

 短パンの良い所、やはり涼しい!ファッションの幅が広がるという事は、人に伝えられる自分の姿も増えるという事。もっと自分を知ってもらえるようになる。大げさですけど、ほんまにそう思います。未だに足はガリガリですけど、それが僕の個性。それでも似合う短パンとコーディネートに出会えたときは、このコンプレックスのかたまりでしかなかった忌まわしい足が、ちょっと好きになります。自信ってこうして身につくのでしょうか。次はそれを同じ悩みを持つ、短パン穿きたくても穿けない『ガリガリ君』達にもお伝えするのが、今の僕に出来る事。

tanpandb1.jpg
●一番のコツはとにかく色々穿いてみて果敢に挑戦すること!男はちょっとやそっとであきらめてはいけまへんのです。僕なりに思ったのは、ガリ足の人に関しては、丈は短すぎず長すぎず、シルエットも細すぎず太すぎず、バランスが大事。足がガリだと子供っぽく見えやすいので、スニーカーよりはデッキシューズとかデザートブーツとか、ちょっとゴツさがあるほうが良い雰囲気が出るみたい。トップスもプリントTシャツとかよりはシャツを着たほうがガキっぽくなりにくい。あとはひたすら穿いてみるのだ!

 これでも片道一時間の自転車通勤のおかげで、ちょっとは足が鍛えられたんだけどな~っ。もう一息!

 

ZABOU style14 ~SAINT JAMES セントジェームス partⅡ~

『セントジェームスのボーダー、やっちゃいました!!』

「セントジェームスのボーダー、ええねんけど実際ぼくらあまり着ませんから…」
そんなわがままから、とりあえず。
着込んで、クタッとこなれとて、色が抜けてきて。そんな表情をシンプルに楽しむには無地に限ります。

2007/01/29 ZABOU BLOG 「SAINT JAMES セントジェームス ウエッソン」より引用

SAINT JAMES(セントジェームス)の取り扱いをはじめてから、頑なに無地のみの展開をしてきましたが「ボーダーもついにやっちゃいました!」。定番のOUESSANT(ウエッソン)に比べて生地が薄くつるっとした感じの今回の半袖ボーダーTシャツ、その名も「Piriac(ピリアック)」。

これから、夏に向けてピッタリのアイテム。初夏のスタイルではインナーに大活躍間違いなさそうです。カーディガンシャンブレーシャツときれいに合わせることが出来ます。定番のコーディネートですが色で遊びを取り入れて新鮮なスタイルに消化したいところ。

ヘミングウェイもボートネックのボーダー着てますねん。この雰囲気カッコいいですよね~。
bordert1.jpg

理想的なスタイルですが、なかなかこの雰囲気をつくるのは難しい。ここに近づけるため、まずはファッションとしてZABOU styleではセントジェームスのボーダーTシャツを取り入れて行きたい。

『ヘンリーonボーダー』
SAINT JAMES(セントジェームス)ボーダーTシャツ Piriac(ピリアック)のインナーにHealthknit(ヘルスニット)のヘンリーネックTシャツをコーディネート。初夏のスタイルは、その上からNOUNのCardiganまたはSportsを羽織る。
bordert5.jpg
bordert4.jpg

『ポロonボーダー』
SAINT JAMES(セントジェームス)ボーダーTシャツ Piriac(ピリアック)のインナーにLACOSTE(ラコステ)の半袖ポロシャツをコーディネート。初夏のスタイルは、その上からLoquatSportsWear(ロクワットスポーツウェア)のシャンブレーシャツを羽織る。
bordert3.jpg
bordert2.jpg

St.James (セント・ジェームス)Piriac(ピリアック)半袖ボーダーTシャツ

新緑の季節です。春風が頬を吹き抜けて心地良い。青い空がぽっかりと浮かんだ雲を携えて、惜しげもなく緑を照らしています。

ZABOUで展開中の定番St.Janes(セント・ジェームス) ouessant(ウエッソン)に引き続きPiriac(ピリアック)という名の半袖ボーダーTシャツが入荷しております。

定番のOUESSANT(ウエッソン)に比べて生地が薄くつるっとした感じです。これからの季節にピッタリ。

ボーダーの配色も男の子っぽく爽やかにしました。white×royal blue, white×navy, gray×navy, oatmeal(生成り)×green, indigo×oatmeal(生成り)の5色を展開しています。

サイズ:3(S), 4(M), 5(L) プライス:¥6,090(税込)
piriac6.jpgpiriac5.jpgpiriac4.jpgpiriac3.jpgpiriac2.jpgpiriac1.jpg

SAINT JAMES(セントジェームス)ウエッソン 全12色

定番、SAINT JAMES(セントジェームス)ウエッソン。

stjames2.jpg

今シーズンのテーマカラー、White,Blue,Navyに春らしい色目をそえて全12色揃いました。シャツをベースにした重ね着のフレンチアイビースタイルにはフランス生まれのSAINT JAMES(セントジェームス)は欠かせません。N.O.UN(ナウン) 3mm SHIRTSN.O.UN(ナウン) FRENCH BD(フレンチ ボタンダウン) SHIRTSにSAINT JAMES(セントジェームス)ウエッソンをコーディネートする。シャツにSAINT JAMES(セントジェームス)ウエッソンをあわせるのはZABOUを代表するスタイルのひとつ。

特に2008s/sはWhite,Blue,Navyがおすすめ。White,Blue,NavyをベースカラーにSAINT JAMES(セントジェームス)ウエッソンで色を使って『遊ぶ』のもまたよろしい。今回初展開となる、PINK(下の写真:左)とNAVY MIX(同じく右)もええ色です。これで、フレンチアイビースタイルも一歩完成へとつながっていきます。

stjames1.jpg
SAINT JAMES(セントジェームス)ウエッソン  カラー:ピンク、オレンジ、ブラウン、カーキ、オリーブ、ブラック、ホワイト、エクリュ、グレー、チャコールグレー、ネイビーミックス、ネイビー(順番:1枚目の写真上より)  サイズ:3、4、5  プライス:¥8925-

ZABOU style 5 ~SAINT JAMES セントジェームス~

zabou-style-stjames4.jpg

zabou-style-stjames3.jpg

zabou-style-stjames2.jpg

zabou-style-stjames1.jpg

SAINT JAMES セントジェームス ダブルフェイス セーター

SAINT JAMES (セントジェームス)も ダブルフェイスのセーターの季節がやって参りました。今年の新色もきれいな色が揃っています。表地がウールで裏地が起毛コットンのダブルフェイスのセーター。ウール特有の肌へのチクチク感もなく、めちゃくちゃあったか。綿100%のウエッソンとはまた違う魅力が詰まってます。

st-james-w1.jpg
SAINT JAMES セントジェームス ダブルフェイス セーター  カラー:グレー、チャコールグレー、ブラック、ブラウン、オートミールミックス、ライトグレーミックス、グリーンミックス、パープルミックス  サイズ:3、4、5  プライス:¥12390-

SAINT JAMES セントジェームス ウエッソン(’07F/W NEW COLOR)

半袖ではようやく肌寒さを感じさせる気温となり、あれを着るのにもってこいの時期になろうとしております。そう、おなじみSAINT JAMES(セントジェームス)ウエッソン。今シーズンの新色入荷致しました。

セントジェームスとは?・・・ 1889年、フランスのノルマンディ地方で『セントジェームス』は創業しました。バスクシャツと呼ばれ、横に広いボートネックと呼ばれる襟と、ラフに切り落としたような袖口と裾が特徴です。もともと漁師達が愛用しており、過酷な環境下で働く海の男の体を守ってきました。

sj07aw1.jpg
●カラー:カーキ サイズ:3、4(着用)、5 ¥8,925-

sj07aw2.jpg
●カラー:ブラウン サイズ:3、4(着用)、5 ¥8,925-

sj07aw3.jpg
●セントジェームス ウエッソン カラー:ダークグリーン、レッド、ブラウン、カーキ、エクリュ、ブラック、ダークグレー、グレー、ブルーグリーン、オレンジ、ホワイト、ネイビー サイズ:3、4、5 ¥8,925-

古着のバスクシャツとダッチキャップ

フランスから『ボーダーのバスクシャツ』入荷してます。

あれだけ、セントジェームス始めた時「セントジェームスのボーダー、ええねんけど実際ぼくらあまり着ませんから…」ということで無地のみをかたくなにやっていたのに、今更どうしてと目を疑う方もいるかもしれません。だけど、古着になるとまた違うんですわ。これが…。

「歴史のあるモノやブランドは中古と現行モノが存在してきます。その中で、現行モノはあかんけど中古だと具合ええ。またはその逆であったり、両方良かったりすることがある。」

今回フランスから入荷した古着のボーダー類は、バリエーションにとんでいて見ごたえあります。ピカソが愛用していたことでも有名なナバルという型から、バスクシャツ、胸元に紐がついているタイプ、ポロシャツタイプや、ハイネックがあったりと。そして、タグを良く見てみるとノーブランドの他にもセントジェームスやルミノワ、オーチバルまで。

basukucap4.jpg
バスクシャツ(ユーズド)  カラー:ホワイト/ブルー  サイズ:S、M、L  プライス:\6195-~\7875-
 
不快指数の高い汗ばむ季節であります。しつこいようですがもうすでに立秋を迎えました。少し秋の雰囲気を匂わす着方、主にこの時期なら色目を意識するといいと思います。手持ちの夏服に、秋色を添えたコーディネートでおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

たとえば、同じくフランスからのダッチキャップ。ヨーロッパの森林労働者や鉄道員が被る味のある帽子は、バスクシャツとも相性ばっちり。ヨーロッパのワークウエア同士、合わないはずがありません。レザー、コーデュロイ、ウールと3種類。秋冬の素材であるため、秋を先取りするには小物は便利。

basukucap3.jpg
ダッチキャップ(ユーズド)  カラー:ネイビー、ブラウン、グレー  サイズ:フリー  プライス:\6825-(レザーのみ\7350-)

夏に着る秋スタイル
basukucap1.jpg
ダッチキャップ(ユーズド)  カラー:ネイビー、ブラウン(着用)、グレー  サイズ:フリー  プライス:\6825-(レザーのみ\7350-)
バスクシャツ(ユーズド)  カラー:ホワイト/ブルー  サイズ:S、M、L  プライス:\6195-~\7875-
LoquatSportsWear(ロクワットスポーツウェア) パラシュートクロスショーツ カラー:オリーブ、グレー(着用) サイズ:S(着用)、M、L ¥7245-
クラークスデザートマリ  カラー:サンドベージュ、ブラック(着用)  サイズ:UK7~UK9  プライス:¥22050-

『おまけ』
「セントジェームス」新色の赤も入荷してます。
basukucap2.jpg
セントジェームス ウエッソン  カラー:レッド(着用)、ホワイト、エクリュ、オレンジ、ブルーグリーン、オリーブ、グレー、ネイビー、ブラック  サイズ:3、4、5  プライス:\8925-
リーバイス501(ユーズド)  カラー:デニム  サイズ:29~34インチ(31着用)  プライス:\7245-

カフェ・オレとセントジェームス

 今朝の事。いつもの時間に出勤し、田口さんと二人で掃除などの開店準備。掃除機かけてガラスや棚を拭いて。準備が整ったところで、先日届いていた新商品のサンプルに袖を通しました。2サイズ、2色、田口さんとあーやこーやと意見交換をして、さてそろそろ開店の時間です。サンプル試着の為に一度脱いだ、自前のセントジェームスをまた着ようとしたその時!
 
 「あっ!シミが付いてるーっ!!(><)」 今朝着てきたセントジェームスのウエッソン(バスクシャツ)のエクリュ(生成り)に、何かがたれたあとが付いているではないか!
 「コーヒー飲んだ時にでもたらしたんやろ。」と、いつもの田口さんの冷静な一言‥(笑)。
 すぐに洗面所へ。1cmほど、一ヶ所だけ茶色くなっている部分に水をちょっとづつかけ、手洗い用のハンドソープを少量つけてモミモミ‥ 
 「コーヒーはしぶといで。」と、追い討ちをかけるかのような、田口さんの冷静かつニヒルな表情にもめげることなく、スピーディーな対応が功を奏し、みごとシミはとれました☆ほっ(^^) しかし、この歳になってコーヒーたらしていた事の方が、情けないやら恥ずかしいやら‥ 服屋のはしくれとして、身だしなみやお行儀にも気を付けたいものです(^^;)

 さて問題はまだ続きます。コーヒーを落とすために水で濡れた、セントジェームスのバスクシャツ、エクリュ(生成り)色の変わりに、今日一日どうやって過ごそう?! ついにバスクシャツ今シーズン2枚目に突入です☆
 先に2枚目を購入している田口さんの、「やるなぁ。負けてられんなぁ。」という、本気かウソか分からん発言を軽く聞き流し、2枚目の色を選びます☆

 色々悩んだあげく、記念すべき2枚目に選んだカラーは、やっぱり『ネイビー』。自分がやはり青虫である事を再確認いたしました(^^;) とにかく落ち着く♪見慣れてるし着慣れてるし。コーディネートするにも、いつも使う色だから苦労しないし。 着てきたシャツにそのままネイビーのセントジェームスを合わせ、今日一日を乗り切ったのでした☆

 ところでこのセントジェームスのウエッソン(バスクシャツ)、洗うとよく縮む事は有名ですよね。お店で接客させて頂く時にも、だいたいこのぐらい縮みますよ~、なんて裾を折ってみたりして、お客さんにはイメージして頂いてます。横幅はほとんど変わらず、袖丈や着丈など、長さが変わるという事も説明させて頂いてますが、実際に洗って縮んだものと比べてお見せした事って、まだ無いですよね(^^) 丁度良い!怪我の功名!(笑) 裏に干してあったエクリュが乾いたところなので、比べてみましょう♪

●エクリュ(生成り)は現在洗濯回数2回、ひっくり返してネットに入れて、洗濯機で通常洗い、その後通常乾燥(乾燥機は使ってません)。ネイビーは今日一日仕事で来ていました☆どちらもサイズは4を購入。 エクリュはこうして比べると、身体の形に合わせて、本当に立体的な形に変化しています。ネイビーはまだひらぺったい感じです。
kurabete1.jpg
●袖の長さは2~2,5センチ程の縮み。袖の幅は5ミリ程度の縮み。
kurabete2.jpg
●着丈の長さも2~2,5センチ、身幅も5ミリ程度と、同様な縮みがでています。
kurabete3.jpg
●着比べてみると‥
kurabete4.jpg
●なぜかたったの2,5センチとは思えない違い!未洗いで平面的、かつ直線的なネイビーに対し、洗濯2回、着用10回ほどのエクリュは、身体のラインに沿った形に変化している分、着心地は楽なのに丈は非常に短く見えます。面白いですね~っ♪
kurabete5.jpg
セントジェームス ウエッソン(バスクシャツ)  カラー:ホワイト、エクリュ、ミントグリーン、グレー、オリーブ、ブラック、ネイビー、オレンジ、ブルーグリーン  サイズ:3、4、5  プライス:¥8925-

 朝の第二飯沼ビル、2階の窓際で、僕の口元からこぼれ落ちた一滴の『ブレンディー・ホットカフェオレ』は、こんな興味深い発見をもたらしてくれました(^^) ささいなことから、思いもかけない発見に出会うもんですね(笑)。 でもほんまに落ちないシミを作ってしまっては、お気に入りの服が台無しなので、これからはコーヒーこぼさないように気をつけます(^^;)

☆お店に行く!→ZABOUのお店
☆ネットで購入、もっと詳しく見る→ZABOU WEB SHOP

最新情報満載のZABOU facebook(フェイスブック)はこちらから。

色んなコーディネートが見たい!Instagramはこちらから。

SAINT JAMES セントジェームス (NEW COLOR-Blue green)

 セントジェームスのウエッソン(バスクシャツ)に、新たなカラーが追加されました。 こちら、『ブルーグリーン』は、その名の通りシンプルなブルーに優しいグリーンを加えたような、若干エメラルドグリーンにも近い、淡い中間色です。 少し強めに洗いをかけたように、かすかにあせた色あいが、コーディネートするアイテムによって表情を変える、面白い一枚です。

●セントジェームス ウエッソン(バスクシャツ) カラー:ブルーグリーン サイズ:3、4、5 ¥8,925- 
sjnew4.jpg

sjnew3.jpg

●例えばこんなコーディネート。いつもとは少し違った雰囲気です。
sjnew2.jpg
●ジャケットを脱げば、さらにこの色の持つ個性が優しく主張してくれます。
sjnew1.jpg

 是非ZABOUの店頭にてご確認下さい☆