tops

topsの記事一覧

Days&Daycraft (デイズアンドデイクラフト) WOOL TWEED 3B JACET(ウールツィード3ボタンジャケット)

伝統的なスポーツ・ジャケットと言えば、やはりツィード・ジャケットでしょうか。乗馬や狩猟用などのジャケットはシビれるほどカッコいいものが多く、その系統はラルフ・ローレンやブルックス・ブラザーズなどでもたくさん見ることができる。

本場のツィード・ジャケットと言えばハリス・ツィードやドネガル・ツイードなどたくさんあります。けれども新品の織り立ては毛がピンピンに立ってて、たとえ裏地が付いてても着ると痛いくらいなんです。だからイギリスやスコットランドではおじいさんが着てたお古を貰うくらいが一番の着ごろだといいます。ツィードを柔らかく加工する生活の知恵として、軒下にぶら下げて雨風にさらしておくとエエ感じになるそうな。(干し柿や大根みたいですね。)

そうして出来上がった?!ツイードは雰囲気が良くジーンズやチノーズ、軍パンに至るまで幅広くコーディネイトを楽しむ事ができます。やはり紺ブレは我々男子には強い見方なのです。いつもはラフなジャンバー姿もいいけれどデートのときやら御呼ばれしたときなんかは相手に失礼のない様にちょっとした気遣いであったりもする訳です。あくまでブレザーやジャケットと言えどもカジュアルウェアなので堅苦しさは出ませんのでご安心を。

所謂、恒産無くして恒心無しじゃないけど、紺ブレ無くして恒心無しでしょうか。(笑)

Days&Daycraft (デイズアンドデイクラフト) WOOL TWEED 2B JACET(ウールツィード2ボタンジャケット) カラー:ダークネイビー  サイズ:S,M,L  プライス:¥26,250-
konnbure1.jpg
洗いが掛かっているので雨風にさらしたときと同じようにくたびれてるよ。
konnbure3.jpg
(左上)チンストラップも付いてるよ。
(左下)袖のボタンは本開き仕様なんだ。
(右上)パッチポケット(貼り付けポケット)にフラップ(蓋)付き。クラッシックやな~!
(右上)スポーツ・ジャケットらしくウエストから腰にかけてステッチが入ってるんだ。
konnbure2.jpg
食事中の方、申し分けありません。この笑顔が気持ち悪いってよく言われます。(笑) Part2

HOSU(ホス) Lefty-h(レフティーH) COOLMAX JACKET(クールマックス ジャケット)

日を追うごとに温かくなるはずが寒いままでんなー。三寒四温どころか春が遠いですなー。かと言って寒さを嫌がってしまうよりも受け入れてオシャレするほうが断然楽しいのだ~。

今年のZABOUのテーマはしつこいくらい言うてますがVERSATILE STYLEです。季節で考えるよりも気候でコーディネイトを考えるというもの。当たり前の話なので皆さん難しく考えていらっしゃいますが、早い話が朝起きて天気予報を確認して、自分の体調なりコンディションなりで今日一日の着る服を考える。という一連の作業な訳です。

今日は日差しは温かいけど風があって、それも冷たい風やから日陰や家の中は寒い。そんな日のコーディネイトはどないしたもんか?しかも今日は飲み会があるし、自転車通勤。こんなときはジャケットを着たいわ、風があるからナイロンで風を止めな寒いわ、なんてことになります。が答えは簡単。こんな風に両方着ればいいのだ~。
hosujkt1.jpg
しかもインナーはシャツを着てるから夜の飲み会はCOOLにいけるのだ~。
hosujkt2.jpg
そしてもう少し温かくなったらこんな風に襟元スッキリのセント・ジェームスをインナーに着るとかわいいのだ~。
hosujkt3.jpg
だから、HOSU(ホス) Lefty-h(レフティーH) COOLMAX JACKET(クールマックス ジャケット)はCOOLでかっこいいのだ~。カラー:ネイビー、グレー サイズ:36(S) 38(M) 40(L) 42(XL) プライス:¥33,600-(税込)

もういい加減にこの言い回しはやめるのだ~。ごめんちゃい。
gomentyai.jpg失礼しました~。ちゃんちゃん。kgb3.jpg

HOSU(ホス)LYCRA TAFTA(ライクラタフタ)CYCLING JURSEY(サイクリング・ジャージ)

ハイテク素材を使わせたら最高に上手なのは、やっぱりHOSU(ホス)さんでしょう。いち早く新しい素材が開発されるや最先端のファッションに落とし込みます。それだけにとどまらず、生地の素材開発からジーパンの加工までありとあらゆる分野に通じておられます。まさにHYBRID(ハイブリッド)というか温故知新というか、いつも面白いモノをたくさん提供していただいてます。

で、本日ご紹介させていただきますのはHOSU(ホス) LYCRA TAFTA(ライクラタフタ) CYCLING JURSEY(サイクリング・ジャージ)です。LYCRAというのはその名の通り生地の名称でデュポン社の開発したポリウレタンを混入した繊維です。どういう特徴があるのかと申しますと、伸縮自在の素材です。早い話がストレッチが効いた縦にも横にも伸びる繊維ですわ。

やっぱり一度このストレッチ素材の良さを知ってしまうと他のモノが窮屈に感じてしまう。もともとは細身でシルエットが美しいモノは動きづらく運動に適していなかった。どうにか綺麗に見せつつ動きやすくする方法は無いものかと知恵を振り絞って出てきたのがLYCRA(ライクラ)というやつですわ。この素材が開発されて以降は洋服の文化が一歩先に進んだ事は自明のことでしょう。

あえてマイナス面を言うなら化学繊維であるため糸に光沢があります。生地自体にツヤが出るんですね。だから「ははーんこのオバはんの穿いとるパンツはストレッチ混やな」と、すぐにバレる訳ですわ。ジーパンにも不向きです。せっかくええ色落ちを楽しもうとしてても雰囲気がはじめからありませんのでブサイクですわ。

このような良し悪しがありますけど、うまい事コーディネイトだけしたら格好は良いは、来てる本人は動きやすくて快適やわ、もう言う事ありません!以前からZABOUがご提案させていただいてるHYBRID STYLE(ハイブリッド・スタイル)VERSATILE STYLE(ヴァーサタイル・スタイル)というのも実はこの素材と切っても切れない関係にありますねん。

ですので、いち早くこういった面白い素材を取り入れて、コーディネイトをZABOUのスタッフと一緒に考えていただいて、涼しい顔して女の子にモテるというスマートな図式をやりまひょかー!!

HOSU(ホス)LYCRA TAFTA(ライクラタフタ)CYCLING JURSEY(サイクリング・ジャージ)
カラー:BLACKのみ サイズ:36(S) 38(M) 40(L) プライス:¥30,450-(税込)
hosuhosu1.jpghosuhosu2.jpghosuhosu3.jpg

N.O.UN(ナウン) Alpen(アルペン)&StormCoat(ストーム・コート)再入荷しました。

みなさまお馴染みのNOUNでございます。本日は「Alpen」と「StormCoat」が再入荷してます。今回はお色がNavyのみの入荷となっております。しかし何やかんやいうてもやっぱり最高ですね「NOUN BRAND」。 こんなデザインをよう思いつきましたな~というような「形」や「ディティール」ですわ。脱帽です。

ところで感の良いみなさんのことですからお気づきでしょうけど、「NOUN」のデザインの随所には茶目っ気がありますよね。例えばBAG’n’NOUNという文字の中に顔が隠れてます。(’n’)この部分です。キャラクターの顔っぽくてええです。bagnnoun.jpgTool Bagもこんな風にカエルの顔みたいになったり、bagnnoun2.jpgÖZLEMÖも顔になっててカワイイでしょ。
ozlem2.jpgozlem1.jpg

この「Alpen」だって胸ポケットのボタンを目として捉えてみたらファスナーが鼻、裾のラインが口、袖が耳みたいに見えてくるでしょ。遊び心がたっぷりの服であることは間違いないです。ハイ。
alp.jpg

N.O.UN(ナウン) Alpen(アルペン)&StormCoat(ストーム・コート) カラー:Navyのみ サイズ:M/L プライス:Alpen(アルペン)¥28,350-(税込) StormCoat(ストーム・コート)¥27,300-(税込)
alpenalpen.jpgstormcoat.jpg

SPINNER BAIT(スピナーベイト) ネップ入りウール天竺セーター

ZABOUでお取り扱いさせて頂いてるブランド『スピナーベイト』さん。既にご存知の方も多いと思いますが、彼らの考える『カジュアル・シック』ということについて、今日は考えてみたいと思います。

皆さんは『カジュアル・シック』という言葉をご存知でしょうか? カジュアル・ウェア(普段着)に対する言葉としてはフォーマル・ウェア(公式な場所へ着ていく服≒スーツやタキシード)ですが、この『カジュアル・シック』≒カジュアルとフォーマルやドレスの中間といったところでしょうか。はとてもええ感じやないかなと思います。

よくあるケースですが日頃お付き合いのある方でスーツ姿しか見たことが無く、たまたま休日に街中で出会ったりしたとき。その方のカジュアル・ウェアのイケてないところを見てしまうと今までの印象が幻滅してしまったりするほどです。これはもう非常に危険ですよね。笑

というのも、皆さん諸事情はおありですが、昔に買ったものを今の状況を考えずに無理やり着てしまうために引き起こしてしまうことのように思います。高いモノを着ているから安心とか定番のモノを着ているからいつの時代でも大丈夫とかそんな事ではなくファッションですから古いモノが色褪せて見えてしまうことの危険性があるということですわ。もう少し分かりやすく言うと、昔流行ったモノに影響を受け過ぎていてそれを引きずっていること。かもしれません。

逆説的に考えるとそれは信念を貫いていて非常にカッコいいことなのですが、かなりの上級者向きです。笑 では上級者とはどんな人なのか?これは実は西洋人の服の歴史が物語っているように彼らのDNAに潜在的にある『カジュアル・シック』というものがベースにあると思います。

とある南の島のバケーションでの出来事。日本人とドイツ人、オーストラリア人、スウェーデン人の夫婦がたまたま昼間にビーチで仲良くなったので夜にパーティーをしよう!という事になりました。そこで日本人の彼。日頃はアパレルで勤務していることもあって洋服には自信があります。そしてアロハに短パンといういでたちでパーティーへ。しかし、そこで彼が見たものは・・・。

彼らは特別盛装しているわけではありません。こざっぱりした白のシャツに紺色のスラックスを穿いていただけ。おそらくこれが彼らの持っている洋服のDNAなのでしょう。あまりの違いに愕然とした訳です。決して正しいとか間違ってるとかそんなんじゃなく雰囲気がいいんですよね。

後日談として彼らのこういったスタイルのことを『カジュアル・シック』というのがわかったそうです。
それをmade in JAPANで表現するという方法がスピナーベイトさんの『カジュアル・シック』のように思います。

気負いすることなく清潔感があってサラッと着流すこと。決して雑誌とか見てムキにならないようにね。
いいですよね『カジュアル・シック』 でも、シンプルすぎると冬ソナ・ヨン様みたいになるので要注意!にゃはは。
spiner1.jpg
SPINNER BAIT(スピナーベイト) ネップ入りウール天竺セーター カラー:ダークブラウン、グレー、ベージュ、ブルー サイズ:S/M/L ¥8,190(税込)
spiner3.jpg

Crescent Down Works(クレセントダウンワークス)Italian Vest(イタリアン・ベスト)

この週末はえらい寒かったですねー。おかげ様で『第二回RUSSELL MOCCASIN(ラッセル モカシン)受注会(2008)』も盛況の中、幕を閉じました。本当に皆さまいつもありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいですわ。心から御礼申し上げます。今からスタッフで仕様書をチェックし完了後にRUSSELL社にオーダーをさせていただきます。今しばらくお時間をくださいませ。それと残念ながらご都合によりご来場いただけなかった皆さま、来期も開催できるよう頑張りますので次回は是非とも万障お繰り合わせの上、ご来場お待ち申し上げております。

さて、2Fの本店にも新しい入荷がありましたよ。アメリカ・シアトルから暖かいダウンベストが届きました。歴史あるクレセントダウン・ワークス社のダウンはこんな人こんな人が着てもええ感じです。(笑)

とても良く出来た構造で質の良いダウンを柔らかなパーテックス・ナイロンや60/40クロスに包み込んで寒さや風から身を守ります。フロント・ジッパーはダブルジッパーですのでコーディネイトの幅も広がりますね。それにクレセントと言えばボタンを留める留め金に柔らかい鹿革をつけたことでも有名で、その独自性が他を圧巻してます。(開閉時に勢いでボタンがちぎれないよう、そしてボタンの部分からダウンがもれるのを防ぐために。)大きなモデルチェンジもすることなく本当にシンプルでベーシックです。

ベストというアイテムは温度調節がしやすく、動きやすいという特徴も兼ね備えていると思います。しかもダウンベストということでこれまた軽くて暖かい。風呂上りの晩酌には寝巻きの上にちょこんと羽織ればお酒もすすむと!こういうわけでございます。

よろしおまっせー。どないでっかー。
Crescent Down Works(クレセントダウンワークス)Italian Vest(イタリアン・ベスト) カラー:ブラウン、オリーブ、カーキ、イエロー サイズ:S/M プライス:¥27,300(税込)
crescent.jpg

HOUSTON(ヒューストン) N-1 DECK JACKET(N-1デッキジャケット)

先日ご紹介させていただいた HOUSTON マリン・パーカもおかげさまで好評頂いております。

そこで第2弾といたしましてHOUSTON(ヒューストン) N-1 DECK JACKET(N-1デッキジャケット)のご紹介でございます。周知の通りDECK JACKETですから空母の甲板で海軍の兵士が着用するジャケットです。表地はコットン100%のピケ素材でインナーにはボアが張ってありますから非常に暖かいですわ。襟にも同様のボア遣いですので襟を立てて着ていただくとマフラー要らずですね。

1960年代後半から、ベトナム戦争に反対する若者達がこぞってジーンズに軍モノの服を着用するスタイルが確立されました。彼らは勿論、反戦の思いを込めてそんなファッションに身を包んでいた訳ですが、当時からずば抜けてセンスの良い人たちがいたのだなと改めて感心させられます。

軍モノはディティールが非常にしっかりしているだけでなく耐久性や用途に応じて作られているのでその内容は秀逸です。あまり多くを語らずとも良さがにじみ出てるええ商品です。これは値段も安いしよう出来てますわー。M-1ちゃいまっせN-1でっせー!!

HOUSTON(ヒューストン) N-1 DECK JACKET(N-1デッキジャケット) カラー:khaki ストーンウォッシュ サイズ:36,38,40 プライス:¥21,840(税込)
n1.jpg

Days&Daycraft (デイズアンドデイクラフト) WOOL FLANNEL 3B JACET(ウールフランネル3ボタンジャケット)

時に激しく、時にしなやかに。動作が非常に落ち着いていていつも余裕がある。おとなの男はいつもカッコよくありたいもの。バタバタしてるひとやギャーギャーわめきたてるひとはオッサン呼ばわりされますのでご注意ください。

いつの頃からかテーラード・ジャケットがカジュアルウェアーに持ち込まれてしっかりと根付くようになりました。
紺ブレやツイードジャケット、綿素材に至るまで幅広く。スーツとは違う上下バラバラの組み合わせが何とも洒脱な感じでよろしいです。

毎年定番としてウールフランネル素材(メルトン素材)のジャケットはアメリカの主たるブランド、例えばラルフ・ローレン、GAP、J・CREW、その他諸々ありますが彼らのお店にはいつも並んでいます。(もちろん、毎年形やデザインは多少の変化があるのだが。)ベースとなるボトムスがジーンズだったりチノパンだったりアメリカン・ベーシックである事が所以かもしれません。

今回ご紹介のDays&Daycraft (デイズアンドデイクラフト) WOOL FLANNEL 3B JACET(ウールフランネル3つボタンジャケット)は、今までありそうで無かった痒いところに手が届くような、そんな代物です。大きく分けると紺ブレに分類されますが形やボタン裏地やその他にいたるまで、とにかくシンプルです。所謂ブルックス・ブラザースのⅠ型と呼ばれているようなタイプですので飽きることなく着ていただけます。

「流行」とは縁のないところで「自分のスタイル」として着てみませんか。
Days&Daycraft (デイズアンドデイクラフト) WOOL FLANNEL 3B JACET(ウールフランネル3つボタンジャケット) カラー:NAVY  サイズ:S/M/L  プライス:¥35,700(税込)
days1.jpg

N.O.UN(ナウン)60/40(コットン・ナイロン) BLOUSON(ブルゾン)

簡単に着ようと思えば簡単に着れるけど、チョット考えやんと着られへん服。これからはそんな服がええんとちゃいますか!?

最近お客様からお受けする質問に「コレは(流行り廃りなく)長いこと着れますか?」とか「コレは着回しが利きますか?」と仰ることが多くなりました。こういうご意見は大きく捉えると世の中の景気に反映された象徴的な答えだと思いますし、バブル後のシビアな社会で育った経験しかない貴兄には当然のことと思います。より経済的にいける方法は何かを考えておられることはよく理解できます。

しかし、ファッションですから長く着れて、着回しが効くものなんてありません。体型だって変わりますし、雰囲気や時代の気分で服は形成されてますから。100年続いてるブランドでさえ新しいデザインを毎シーズン世に送り出してるのが現状です。定番ものは除きます。が定番といえども多少は変化が付き物ですからね。定番とは何ぞや?という事を僕たちは常に考え続けています。

要は『自分のスタイル』を持つ事が重要になってきたということです。いつの時代もそうだと思いますが、『自分のスタイル』を持っている人はカッコイイし魅力的です。でも『自分のスタイル』なんて一朝一夕に出来るものではありません。試行錯誤を繰り返して失敗もしながら出来上がっていくものだと思います。Aという品物を買ったのならどう着るのが楽しいのか、格好よく見えるのか。自分らしさがでるのかをもう一度考えてみてください。個性を引き出せるように僕たちがついていますからお手伝いさせてくださいネ。

僕たちも日々切磋琢磨あるのみでやってますのでお互いがんばりましょー!!

そんな中N.O.UNからオッサン・ブルゾンが入荷してます。

N.O.UNの服はいつも僕たちに考える機会を与えてくれます。

あくまでも普通っぽさが大切なんですけど、こないだ書かせていただいたN.O.UN DICKIE SHIRTSのようにホンマもんの職業ユニフォームと変わらんくらいのモノでないとあきません。笑 

ちょっとしたオッサン・ブルゾンですから背中で語るように着てください。あっ、それとあくまでもカッコ悪く・どんくさく見えるということを忘れずに。

N.O.UN(ナウン)60/40(コットン・ナイロン) BLOUSON(ブルゾン) カラー:Black, Bluegrey, Purple  サイズ:M/L  プライス¥27,300(税込)
blouson1.jpgblouson2.jpgblouson3.jpg

ZABOU コレクション 11 ~着るよろこび knit wear~

 ZABOUスタッフが使用していて「いい」と思ったモノをご紹介させていただく、ZABOUコレクション。
今回は僕、谷川がご紹介させていただきます。

早速ですが、僕はものすごくセーターが好きですねん。今年のZABOUはセーターやニット製品が盛りだくさんです。

ニットの起源を考える時、非常に長い時間が費やされて今の形を生み出したのだろうと想像できる。それまでは動物の毛皮を身に纏っていたのに、捕獲高が年々減少していくと需給のバランスが不均衡にならざるを得ない。そこで思いついたのが動物の毛を刈り取って試行錯誤の末に出来上がったのが現行のセーターなんだろう。

「セーターを着る」・・・僕自身はシャツをよく着るので必然的に冬は「セーターを着る」という図式になるようです。何故なのかは至って簡単、「暖かい」のひと言に尽きます。よくチクチクするからとか静電気が苦手でと仰る方もいらっしゃいますが要は着方の問題ですよね。僕も素肌でセーターを着れないからインナーにシャツを着ますし、乾燥肌なので静電気がおきないように着合わせや摩擦の少ないような工夫もしてます。

それにニットの一番好きなところとしては「人が手で編んでる」というのがあります。一本一本の毛糸を手作業で少しずつ織る。堪らなく良い感じなんですよ。僕にとっては。モノが出来上がるためには人の手がどれくらい介在してるかと言う事も重要な要素のひとつです。

その反面、ジーパンやワークものなんかは工場で作られますので、これはまたこれでいいんですけどね。ちょっとした逸話ですが、N氏というこの業界の重鎮が「カーハートはこのステッチが力強くていいんだよなー」ってしみじみと語っていたそうな。どうしていいんですかっていうと、ユニオンのミシンなど強烈な機械があったという事と、何千、何万という莫大な生産量ですから縫い手さんの集中力が発揮されているときは、ある種のトランス状態になってるんです。この状態のときは神が宿っているかのごとく縫えてるということだそうです。(余談でした。)

ところでニット。もちろんニットだって工場で作られているものが圧倒的に多い訳ですが、特にイギリスのモノが好きですね。今年ZABOUではガンジーセーターを展開してたり、ハイランド2000のニット帽をやってたりします。フェアアイル柄なんて伝統的な柄編みのセーターもイギリスが発祥の地ですしね。さすが産業革命で近代工業の基礎をなしただけの事はあります。

今年はセーターやニット製品の暖かさに触れてみてくださいませ。
ORURO アルパカベスト カラー:グレー、ベージュ サイズ:M/L プライス¥14,700(税込)
oruro.jpg

CANADIAN SWEATERカウチンベスト カラー:BLACKトナカイ,BROWNヘリテージ サイズ:36,38,40 プライス:BLACKトナカイ¥32,550(税込) BROWNヘリテージ¥33,600(税込)canadian.jpg

St,James (international各種)カラー:Nabyのみ サイズ:Sのみ プライス¥18,900~¥27,300(税込)
st-james.jpg

guernsey カラー:navy, red, ベージュ サイズ:36,38,40 プライス:¥22,050(税込) 
channeljumper.jpg

Days&daycraft カラー:MIX BLK,MIX YELLOW,MIX GRAY,MIX BRN サイズ:S/M/L プライス:¥14,490(税込)
days.jpg

RalphLaurenRugby(各種) 
rugby2.jpg

HIGHLAND2000 ニットキャップ カラー:BLACK,CHARCOAL,GREEN,OLIVE,BEIGE,LT.GREY サイズ:フリー プライス:¥4,095(税込)
hiland.jpg

HOSU(ホス) COOLMAX JACKET(クールマックス ジャケット)

今日は一日雨でんなー。自転車通勤者の僕の場合、雨が降るとかないません。カッコいい合羽が無いかなーと思いつつ今日は電車で出掛けました。午前中はHOSUさんの展示会へ。そしたらありますやーん。ええのんがー!ウジャウジャあります。ハイテク素材の数々。しかしこれは来春用の展示会商品なので後日のお楽しみ。

そんなこんなで本日ご紹介いたしまするは、これまたハイテク素材クールマックスです。
COOLMAX(クールマックス)素材とは・・・綿素材よりも5倍の速さで汗を吸収・蒸散し、体の快適な湿度を保持し体温を下げるという新素材技術です。

常に快適な温度を保つという気持ち良さ。ええですねー。カッコ良うて快適。言う事なしやん。

あっさりとTシャツに合わせてもよし、二次会なんかの席でもドレスダウン的にシャツとコーディネイトしてもGOOD!

オシャレでっせー!!

HOSU(ホス) COOLMAX JACKET(クールマックス ジャケット) カラー:チャコールグレー・ブラック サイズ:36/38/40 プライス:¥33,600(税込)
hosucool1.jpghosucool2.jpg

HOSU(ホス) スリーレイヤー coolmax-rib ブルゾン

久しぶりにやられちゃいましたー。HOSUさんから新商品の入荷です。 HOSUさんと言えばハイテクからローテクまで幅広い商品を手掛けておられますがハイテクものはまた絶品。

今回入荷したスリーレイヤー クールマックスリブ ブルゾンはその最たるもの。 ZABOUではローテクなスタイルでありながらハイテクな素材(hybrid style)を駆使しているメーカーを長年探しておりましたが、HOSUさんはそれを叶えてくれる数少ないメーカーさんです。

このスリーレイヤーと言う素材は言葉通り3層からなる生地のことで、いわゆる防水機能を兼ね備えながらも透湿性があるため蒸れない素材の事です。それでいてゴワつかない、バリバリと音がうるさくない、しかも柔らかく着心地の良い生地です。スリーレイヤーで有名な生地メーカーはいろいろありますがここのスリーレイヤーはすごく良いです。

そして、ブルゾンの形は通称”ミラネーゼ”というイタリアでよく見かけるA-1型(米軍のパイロットジャケット。A-2は有名だけど、A-1はマニアック。)スタイルのスタンドリブの形です。このリブに使われている素材もまたハイテク素材で「クールマックス」というコットンとポリエステルの特殊混紡素材です。綿素材よりも5倍の速さで汗を吸収・蒸散し、体の快適な湿度を保持し体温を下げるという機能素材です。このクールマックス素材を用いたリブを袖口と裾口、襟に使用しています。

最近、東京近郊で若い人のゴルフ人口が増えているんだって。このブルゾン、スポーツ用にもいいし、自転車に乗る時だって快適ですよね。そろそろスポーツの秋ですからね。
hosu1.jpg

ディティールだってしっかりしてます。ポケット位置がやや高めに付いていて雰囲気がミラネーゼとは一味違ってかわいらしいですし、左の脇腹のところにジッパー付き(もちろんriri zipperです。)のポケットが付いてますのでゴルフボールや小物を収納できますし、その横にはティーやIPODを入れられるくらいのオープンポケットだってついてます。スリムフィットだしアームホールも細いので腕周りもスッキリしてます。縫製がまた素晴らしい。運針が細かくって繊細だから凄く上品に見えるんだ。
hosu2.jpghosu3.jpghosu4.jpg

何故、左脇側についてるのかって?HOSUさんのブランドの中にはLefty-hというラインがあってLefty-h=(left hand、左利き)つまり左利き用のための服だよってやつです。デザイナーさんが左利きですべての服は右利き用を基準に作られているのでポケット位置など随分不便だったそうです。かといって僕は右利きですけどLefty-hの服は大好きなので全然問題ありませんから(笑)
hosu5.jpg