bycycle

bycycleの記事一覧

自転車に乗るのもアウトドア(out of the door)。

 先日の事。特に用事もないオフの日は久しぶりでしたので、玄関でうなだれている愛車のシングルバイク(変速機無しスポーツ自転車)にまたがり、いざ出発。

 この時期、昼間に乗る自転車にはちょっと注意が必要です。熱中症、脱水症状、もちろん事故にも気を付けて。夜になったらしっかりライトとリフレクター(反射板)を装備。乗る時はちゃんと乗る。

 でも僕は服屋ですから、そんな時でも身に着けるものがやっぱり大事。気分が上がってなんぼ、欲張りなのです。

 どんな格好で出かけたかと言うと(写真を撮っておきたかったのですが、一人ではちょっと無理が…)、汗どめ&熱中症予防にコットンのニットキャップ、速乾性のTシャツ、あえてコットンで生地が丈夫なショートパンツ、ローカットのスニーカー。

 私物ばっかりでしたので、それを今のZABOUラインナップに置き換えてみるとこんな感じ。

●キャップ JIGSAW(ジグソー) スーピマコットン リバーシブル ビーニー アスファルト/パープル  プライス:¥2,940-の30%OFF!!⇒¥2,058-
●Tシャツ P01(プレイ) AC TEE ダークグレー  サイズ:S、M(着用)  プライス:¥4,515-
●ショートパンツ ROKX(ロックス) SHORT PANTS (ショートパンツ) CHINO(チノ)  サイズ:S(着用)、M  プライス:¥5,145-
●スニーカー SUPERGA(スペルガ) リネンスニーカー White  サイズ:41、42(着用)、43  プライス:¥8,190-
●バッグ CCP(シーシーピー) ライタス パープル  プライス:¥3,990-
●ロックカバー UNDER MASS CONSUMPTION(アンダーマスコンサンプション) ロックカバー Red Check  プライス:¥2,625-
スタッフ:身長180cm、体重61kg、足のサイズ約28cm

 自転車から降りても、なるべく服装が自然であるようにしたい。これは、服屋としてはこだわりたい、楽しいひとつのワガママなのです。

 しかしこれだけ暑いなかで体を動かすとなると、もはやローカットのスニーカーでも暑い時が…。やはり夏の定番、「KEEN(キーン)のNewport(ニューポート)」なんかも欲しいところ。

KEEN(キーン) Newport(ニューポート) H2 Black  サイズ:US7,5 8 8,5 9インチ(9インチ着用)  プライス:¥11,550-

 つま先がガードされているので安心。軽くて頑丈です。

 夜になったらこいつらを身に付けます。ライトだけだと、車の強力なヘッドライトで消されてしまう事もあるのだとか。やはりリフレクターは必需品です。カワイイですしね。

●(左)Leather Pants Guard(レザーパンツガード) Brown  プライス:¥3,675-
●(真ん中と右のセット)TNP(ティーエヌピー) リフレクタークリップ パープル/イエロー  プライス:¥1,575-

 ZABOU写真部に引き続き、お次はいよいよ「ZABOU自転車部」も発足させたい今日この頃。暑さが少しおさまる頃には実現したいですね。ご報告はまた随時させて頂きますので、興味のある方はお楽しみに。

 では今日はこの辺で。
  

moca(モカ) Pants Guard(パンツガード)

 だんだんと春が近づいてきてますね。自転車乗りにはたまらないシーズンがせまっています。最近動画の撮影だけでなく、約30年前のマニュアルフィルムカメラにも挑戦中の僕は、自転車で出かけたくてウズウズしてます。しかし、今年花粉症デビューという事もあり、鼻もウズウズしてます。ほんまに、色んな意味で、たまらないシーズンがもう始まっています。

 ますます増加する自転車乗り。東京でのピスト人気は下火になってきている、とよく耳にはしますが、新しく自転車を趣味の一つに加えられた方は、ZABOUのまわりでは増え続けています。背伸びせず、自分のスタイルに合った自転車を選び、それぞれのファッションや、ライディングを楽しんでおられるようです。

 そこで!パンツの裾、皆さんどうされてますか?特に右足は、かなりタイトなパンツを穿かない限り、ギアやチェーンの餌食になって破けたり汚れたり…なかなか困りものです。

 そこでこれですわ!moca(モカ)Pants Guard(パンツガード)!!

mocapg1.jpg

 ~moca(モカ) Brand Concept~

日常生活になくてはならないモノになってきている自転車。
そんな、『自転車のある暮らし』の中へ自然に溶け込み、付き合っていけるようなアイテム達の提案。

 大阪は堀江にあるデザイン事務所、“moat(モート)”。ひょんなことから我々ZABOUとこちらのデザイナーさんがつながり、今回こちらの「moat. original cycle accessaries=moca(モカ)」のアイテムを取り扱いする事となりました。

 実は、堀田はすでにこのパンツガードを愛用しております。質の良い本牛革(アニリン仕上げ)を使用し、徐々にアジのある変化を見せます。リフレクターも本格的なもので、かなりの高輝度反射性能で、夜の走行時にも安心です。スポーティーテイストなアイテムが多い中、シックで落ち着いた雰囲気を楽しめます。

mocapg2.jpg
 
 自転車屋さんでよく見かけるめっちゃスポーティーなパンツガードに、カジュアルにマウンテンバイクに乗りたい僕としては、いまひとつ手が伸びませんでした。なので、冬場も寒くても右足だけパンツを捲り上げる事に…。しかしもうその必要はありません!かゆいところに手が届いてハッピーです!

mocapg3.jpg

mocapg4.jpg
●moca(モカ) Pants Guard(パンツガード) カラー:ブラック、ブラウン、レッド、ブルー、グリーン ¥3,675-

 これは今までなかったですよね。是非試しにいらして下さい。

acts of faith(アクツ オブ フェイス) スリーレイヤー ポンチョ

今日も雨、よう降りましたね~。ということは…、やっぱりL.L.BEAN(エルエルビーン)のBean Boots(ビーンブーツ)を履いての出勤です。連日大活躍ですわ~。

では、パンツは?というと、大好きなジーンズやチノパンはあまり穿きません。綿100%だと乾きが良くないですからね。やっぱりそこはポリエステル等、化繊が入っていたり、これからでしたらウールなんかの方が雨水等の乾きが良かったり、弾いたりでいいですわ。ということで、ポリエステル65%、コットン35%のNOUN(ナウン)のL/Pokets PANTSが調子いいです。

L.L.BEAN(エルエルビーン)のBean Boots(ビーンブーツ)にNOUN(ナウン)のL/Pokets PANTSでボトムスは完璧です。じゃ、トップスは何着ますの?ってことですわ。

もちろん、秋はネルシャツが気分でます。それで雨の日には…撥水性のあるテクニカルウエアに身を包みたい。

例えば、今年はこんなのどうでしょう。
actsponcho3.jpg
acts of faith(アクツ オブ フェイス)スリーレイヤー ポンチョ  カラー:オリーブ、ブラック  サイズ:フリー  プライス:¥24150-

雨水を通さず撥水性があり内側からの蒸気を放出する透湿性が備わった、スリーレイヤー。その素材でポンチョをつくってしまったのが、acts of faith(アクツ オブ フェイス)。斬新です!山登ったり、フェスに行ったりアウトドアではもちろんのこと、是非ストリートでのレインウエアとしての着用もオススメします。

なかなかええ感じでしょう。
actsponcho4.jpg

フードは取り外せます。裾にはリフレクターが付いてます。
actsponcho5.jpg

しかも!なんと!!ポンチョの角に親指を通す事によって自転車に乗るときにも丁度良い、機能的なレインウエアと化します。

親指を通します。
actsponcho2.jpg

自転車に乗ってるイメージ。
actsponcho1.jpg

アウトドアライフはもちろんのこと、雨の日やその時に自転車に乗ることも楽しくなりそうなアイテムです。ZABOU店頭にてお試しください。

ブラック以外にもオリーブもあります。
actsponcho6.jpg

UMC(UNDER MASS CONSUMPTION)ロックカバー ニューカラー入荷!!

連日暑いですね~。暦通り!立秋が過ぎると熱風から涼しい風にシフトしています。今年も恐らく秋がきちんと訪れるんだろうなと少し安心します(さいとうたかをの「サバイバル」に完全に影響されています。笑)。特に通勤の自転車でそう思います。季節を感じるのにも絶好のツールの一つです。

そんな自転車グッズでおなじみ。ロックのドレスアップカバー、UMC(UNDER MASS CONSUMPTION)から新色のロックカバーが入荷しました。

ニューカラーのサックス。めっちゃええ色です。ZABOUスタッフ3人共絶賛!!
umcnewc1-2.jpg

イエロー。今回はパイピングも同色となり、黄色なのにストイックな表情が魅力的。
umcnewc1-1.jpg
UMC(UNDER MASS CONSUMPTION) ロックカバー  カラー:サックス、イエロー  サイズ:22mmφ×110〜115cm  プライス:¥2625-

UMC(UNDER MASS CONSUMPTION)ロックカバー リニューアル!!

umc-re7.jpg

ZABOUでは先行入荷しているUMC(UNDER MASS CONSUMPTION)のロックカバーのリニューアルモデル。それが「NOON TRACKS TRACKHEADS NIGHT」という自転車(ピスト)イベントで展示販売されるということで、UMC(UNDER MASS CONSUMPTION)のデザイナーO氏と共に行ってきました。固定されたピストにまたがって映像を絡めたタイムトライアル(参加自由)やピストバイクの映像の上映等々、思い思いの洋服に身を包んだ人々で非常に盛り上がってました。

「ENJOY RIDE MADE BY FASHION」

あくまでファッションありきの自転車ライフ!流行だけではない、単純に自転車に乗ることが楽しいから、通勤で使うからただそれだけ。ZABOUの自転車に対するそんな感覚とUMC(UNDER MASS CONSUMPTION)のスタンスは非常に近い。

リニューアルしたUMC(UNDER MASS CONSUMPTION)のロックカバー。
umc-re3.jpg
UMC(UNDER MASS CONSUMPTION)ロックカバー  カラー:ネイビーチェック、レッドチェック、ウッドランドカモ、ネイビー、ブラック  サイズ:113cm×4cm  プライス:¥2,625-

リフレクター付きが新しく加わり、カラーにも変化が…
umc-re4.jpg
UMC(UNDER MASS CONSUMPTION)ロックカバー リフレクター付き  カラー:オリーブ、ブラック  サイズ:113cm×4cm  プライス:¥3,150-

ハイセンスなネームタグがつきました。
umc-re5.jpg

ブランドネーム「UMC(UNDER MASS CONSUMPTION)」が大きくなりました。
umc-re1.jpg

ますます雰囲気が良くなりよりカッコよくなった、UMC(UNDER MASS CONSUMPTION)のロックカバー。まだの人も既に愛用中の人もリニューアルしたUMC(UNDER MASS CONSUMPTION)のロックカバーで自転車ライフをより豊かなものにしてみてはいかがでしょうか?

UMC(UNDER MASS CONSUMPTION)のホームページはコチラ。

ZABOU コレクション8 ~My Bag~

 ZABOUスタッフが使用していて「いい」と思ったモノをご紹介させていただく、ZABOUコレクション。
今回は私、堀田がご紹介させていただきます。

 バックパックに対してこれほどこだわるようになってしまったのは、一体いつからなのでしょうか?それはおそらくZABOUに入ってから。自分のライフスタイルやファッションスタイルにおいて、バックパックは特に自分の価値観や生活観が深く絡んでいると、最近気付かされました。
 自分が『ノットタフガイ』であること。年に数回の東京出張。映像作成用のカメラやデータ、三脚、ハードディスクなどの荷物。そして自転車通勤用のタオルや着替え。これらのライフスタイルが形作られるにつれ、僕にとってバックパックは非常に重要な『ギア』、仕事道具となりました。それでいて、ファッショナブルに見せて、かつアイデンティティを表すアイテムともなっています。『My Bag(マイバッグ)=自分独自のこだわりのみで選んだバッグ』が、僕のちっぽけな哲学にもなっているのかも知れません。大げさですかね。

 ハイスペックで、超高機能で、最高の技術を集結させたバッグは、きっと見つけやすいのだと思っています。でも僕にとってはトゥーマッチ。自分の身の丈にあったモノ選びが信条です。リアリティを感じない評価には興味がありません。使ってみてなんぼ。使い切れてなんぼ。足りなくて知恵を出すくらいが僕はちょうどいい。

ortovox1.jpg

 ortovox(オルトボックス)、cirrus(サーラス)。こいつは本当に出会いでした。ブランドなんか何も知らずに目にとまりました。下北沢のとあるアウトドアショップ。基本的には本気系のラインナップ。しかし、ライフスタイルに取り込めそうなギアたちもセンス良く並びます。そんなすみっこにリサイクルコーナーがありました。つまりユーズド(中古)。値段はあえて内緒にしておきますが、このバッグ、めっちゃ安かったです。店主の方に質問をして驚きました。

堀田:「すみません、これはどんなブランドなんですか?」

店主:「はい、そのブランドは雪崩(なだれ)関係です。」

堀田:「???」

 バックカントリーというものがあります。スキーの場合が多いようですが、スキー場のコース外を滑るなんていうただのルール違反では無く、まさに自然の山を自らの足で登り、自然の山の中をスキーで滑り降りる、そんな『山滑り』という遊び。遊びにしてはあまりにも真剣ですが。

 やはり相手は自然ですから、雪崩に襲われることがあります。その際、雪に埋まってしまった被害者を探すためのトランシーバーやビーコン、ショベルなどを作っているメーカーなのだそう。ちょっと寒気がしました。

ortovox2.jpg
 何が一番良かったか?僕の体型とのマッチです。細くて長くて薄い僕の上半身に適度にフィット。そしてビジュアルの相性。これが本当になかなか見つからないのです。あとは細かい部分なので興味のある方はお店でお話しましょう。

 自分基準のモノ選びはハードルが高く、時間も掛かります。性能とファッションの両立が求められるものならなおさらです。しかし、確実に満足度が違います。皆さんはMy Bag(マイバッグ)、持ってますか?

ZABOU コレクション7 ~「大阪自転車ホリデー」~

ZABOUスタッフが使用していて「いい」と思ったモノをご紹介させていただく、ZABOUコレクション。

最近益々自転車に乗ることに敏感になってます。つい先日も7OVE(ラブ)ジャケットでお馴染みのプレイデザインさん、そのジャケットの裏地をデザインしているエフェカさん達とナイトサイクリングを楽しんできたところです。ZABOUをスタート地点に、靭公園から天満方面へ。「とっつぁん」という魚料理(刺身とてんぷらが安くてうまい!)で食事を済ませて大阪城公園、吉野街道の出発地点、近松門左衛門のお墓、四天王、通天閣と大阪市内を観光ナイトサイクル。

もう、汗だくで綿100%のTシャツ(ZIS T-shirts)はリュックを降ろしてもまだ背負ってます。『機能的でファッション性の高いリュックとウエアが欲しい!』。ノーマル完成車の「VOO DOO」のマウンテンが愛車の僕以外は、みんなピスト。このスピードの違いは…。自転車にもいろいろあるもんやな~。そんなことを思いながら、ただ自転車に乗ることを楽しんでました。

なんでも原宿あたりではママチャリよりもピストやクラシックロードの方が多く見かけるようで…。そんな情報にワクワクしながらリアルな東京自転車事情のリサーチも含め、はい。行ってきました、恒例の東京出張。実際のところ、原宿、青山、渋谷ではそれほど見かけない(これは、ショップスタッフの愛用者が多く日中は仕事中のため見ないという結論に‥)。むしろ、大阪、ZABOUのある南船場のほうが多いくらい。ただ、中目黒や下北沢といった街の方がマウンテンや小軽車をふつうに乗ってる人が多く、ライフスタイルの一部となっており、よりリアリティがあってカッコいい。

zabouco1.jpg
光村推古書院より「大阪自転車ホリデー」(¥1575-)という本がでております。
大阪市内の自転車コースを独自の切り口で紹介しています。自転車に乗って街を散策することが好きな方必見!写真が多くて非常に見やすい。なんとZABOUも載ってます。UMCのロックカバーとSPORKEMON(スポーケモン)のブレスレットが紹介されてます。そしてZABOUと親交の深いアンプさんにカルチェラタンさん、カフェコロンビアさんも‥。思わずサイクリングしたくなります。書店に行った際は是非。

ぼくにとって、まず通勤手段の一つとしての自転車。今後はサイクリングであったりと自転車のライフスタイルの比重が増すとそれに見合った機能的かつカッコいい服であったりギアがより気になってきます。快適に過ごす事のできるおすすめの服やギアがあれば、随時ご紹介していきます。

自転車と僕。

 先日久しぶりに自転車で出勤しました。愛車のビアンキのマウンテンバイク、『オセロ(命名ヤマト号)』にまたがり、片道約50分の道のり。店につく頃には全身汗でびっしょりです。下北沢で手に入れたユーズドのバックパックに、全身分の着替えが入ってますので、店の掃除をしてミーティングをして、着替えてから売り場に出ます。なかなかハードではありますが、やっぱりなにより楽しい。マイペースで頑張りたいと思います。

 最近仲良くさせて頂いている自転車屋さんがあります。場所は昨日のブログでもご紹介しました、カルチェラタンさんと同じく中之島界隈。土佐堀にあります、『velo life UNPEU(アンプ)』さんです。

unpeu11.jpg

 こちらのオーナーさんとうちのボスが、かなり昔に一度会って話をした事があったらしく、先日久しぶりにご来店頂き、色々と話が盛り上がったようです。自転車屋をされているとの事でしたので、さっそくお邪魔しに行ってきました。
 お店では小径車、折りたたみ自転車、リカンベントを中心に置いておられましたが、僕のマウンテンバイクがボロボロで…なんて話をしていたら、気軽に修理を引き受けて頂けました。ありがとうございます。

unpeu61.jpg

 店長の古道(フルミチ)さんが、丁寧かつ素早く作業を進めていきます。見ているだけで楽しかったですね。自転車って、お金をかけようと思えばどれだけでもかけることが出来ますが、本当に大切なのは乗る人それぞれの価値観であって、僕はそれほどお金をかけずに十分楽しんでいます。ただ、少しづつ欲は出てきますけど(笑)。でもそれはファッションだって同じ事だと思います。

furumichisan21.jpg

 アンプさんに置いてあった小径車(ミニベロ)がカッコ良かったです。欲が出ちゃいますね~っ(笑)。見た目以上に快適で、スピードも出るのだそうです。アンプさんのホームページから自転車を見ることが出来ます。→『velo life UNPEU(アンプ)

furumichisan11.jpg

 最後に古道店長さんと僕のヤマト号で記念撮影。大好きな愛車なので大切に乗り続けたいですし、もう少しカッコよくしたいなとも思っているので、これからも宜しくお願いいたします。皆さんもご興味のある方は是非一度遊びに行ってみて下さい。肥後橋駅から徒歩3分、ZABOUから自転車で7分ほどです。カルチェラタンさんも近いので、その後お茶をして中之島界隈を散策する、なんてのもありです。

 僕は服屋なので、こうして新しい趣味が見つかっても、そこに関係する服装や装備というのが一番気になります。色々と自分で試してみて、またご紹介出来ればいいなと考えています。