月いちコラム 弥生(やよい)

早春の候、皆さまに於かれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

弥生(3月)でございます。

早いものでもう3月でございます。ついこないだ初詣に出掛けたように思うのはワタクシだけではございますまい。
年を取ればとるほど日々が早く感じられますね。セックスをしたことだけは随分と遠くに感じるのが不思議なくらいでございます。
しかし何度やっても飽きないのがセックスでございますね。皆さまも服を脱ぐのも寒い時期ではございますが、お盛んに励んでおられる事と存じます。
引き続き日本の少子高齢化を食い止めるためにも、貴兄の清き「中出し」を切に希望してございます。
さて、弥生で思い出しましたが、大学生の時に弥生(やよい)ちゃんという和歌山出身の細くて背の高い同級生と付き合ってございました。
弥生ちゃんはお母さんが元ミス和歌山というくらいの美人でございました。気立てが良くて大人しいタイプのお嬢様でございます。
この弥生ちゃん「無くて七癖」とは申したものでございます。ナニを致しております最中にアクメを迎えるとワタクシの耳を引っ張るのでございます。
最初はあまりの勢いに驚きましたが、何度か致しておりますとアクメの少し前に腕が段々と背から頭の方へ上がってくるのでございます。
そして「あ~ん、もうダメ~っ!」の瞬間には手前どもの耳は随分と手前に引っ張られているのでございます。
これが痛いやら可笑しいやらで何とも言えない気持ちになるのでございますが、しまいには馬鹿馬鹿しくなって、耳を引っ張られる前にこちらがイクというパターンを編み出したのでございます。ワタクシの耳が出っ張ってしまったのはこの時のせいかしらと思ってしまうほどでございます。

毎度オッサンの馬鹿馬鹿しい話にお付き合いいただきありがとうございました。それでは・・・って終わったらダメですよね。笑

それでは今月のダイジェストでございます。

【アメリカ出張】

今年も2/20〜2/23まで4日間ラスベガスにて執り行われました恒例の2017FW展示会でございます。
合計3会場 約10の展示会でございます。

Mandalaybay Convention center(マンダレイベイ・コンベンションセンター会場)

Magic、Project、Pool、TENT、Collective

Las Vegas Convention center(ラスベガス・コンベンションセンター会場)

Platform、 WSA

Sands EXPO Convention center(サンズエキスポ・コンベンションセンター会場)

Agenda、Liberty、Capsule、Off Price

まず全体的に規模の縮小化が進んでございます。出展者数の減少が原因なのか会場の面積がおよそ3/4程度に。新旧のブランドの入れ替わりや興隆の移り変わりがよく分かる内容でございました。前回の広告主だったブランドが小さな小間に移動してたり、メジャーブランドが大きく縮小してたりと小ぢんまりした印象が強いのでございます。

しかしながら、全体的な傾向は大きくは変わらなかったように思います。

ビッグトレンドは無いが、まだまだ80年代の傾向が強い。中でも目立ったのは刺繍ワッペンをたくさん貼り付けたデニムやアウター、帽子など。過去のトレンドのリバイバルが要因。1980年代のポパイのコラムにキースへリングがこの手のワッペン物のスウェットを着てたのを思い出しました。

小さなトレンドとしては欧州のファッションショーでお馴染みのミラノ、パリ、ロンドンでも見られた肌色に近いピンク色のアイテムの数々。スウェットに始まり革ジャン、スニーカー、帽子、パンツに至るまで。

ヒットアイテムだったMA-1は鳴りを潜め、次のヒットアイテムはどこのメーカーも模索中のようでございます。中綿や防寒アイテムもそこそこ多かったです。


靴は引き続きガムシューが人気でございます。どこのブランドもガムシューもしくはガムシューをモディファイしたものが多く作られています。それと完全に冬仕様のボア付きシューズやブーツも多数見受けられます。中でも目立ったのはシャワーサンダル。これはビッグブランドから小さな商店に至るまで様々な物がありました。分かりやすい物が受けるのがアメリカの風土なのでしょう。

流行色に関してはネイビー、ブラック、ブラウン、ベージュ。差し色でバーガンディやグリーンなども。全体的にどのブランドもダークトーンで暗い色目が多いのが特徴でございました。


パンツはテーパード、クロップド丈が中心で、デニムはクラッシュ系(破れ加工やリペア加工など)が相変わらず幅を利かせているようでございます。引き続きストーンウォッシュやブリーチが多い。ブラックデニムでストレッチも多数ございました。スウェットやジョガーパンツ系の加工品も多数。

ウェアが縮小傾向にあるので、服飾雑貨(鞄や帽子やアクセサリー、時計、サングラス、その他小物類)が増えている。服飾雑貨だけにとどまらず、植木やそれに纏わる関連グッズ、携帯ケースなども含む。刺繍ワッペンはキーアイテムになり得るかもしれません。

Agendaはstreet系全般とHipHop。大小様々なブランドがひしめき合っているのが特徴。ド派手な車や自転車を展示しつつ、アーティストがフリードローイングで壁画を描いている。会場の小間も細かく区切られ、各ブランド毎のテーマでディスプレイされていたのが面白かった。

Liberty Fairはトレンド全般。ここが少し動きがあり、ブランドの入れ替わりが激しかったように思います。日本人のブランド出展者も新旧の入れ替わりが見られました。ニューヨークやパリには出展するがラスベガスは辞めるというメーカーが多いようでございます。

久しぶりにSave Khakiのクリスチャン先生に出会い、新しいブランドBlaurを持って来ていました。これはおススメです!

Capsuleは古着のブースが賑わっておりました。ワッペンはじめ軍物のインナーキルティングなどが人気。新しいブランドは少ないですね。レディースブランドも増えたがいかんせん
メンズの会場だけに勢いには欠けておりました。

大きなトレンドの傾向はなかったものの、80年代という小さな動きはあったのが特徴。景気の良いアメリカ経済に期待しつつ、定番の手堅い商品はガッチリ押さえたい展示会の内容でございました。

GUNG HOの新作なども交えながらご紹介して参りますので、是非とも今後のラインナップをご期待くださいませ~!

【春のよそほひ】

「暑さ寒さも彼岸まで」と申します。今月は3連休が控えておりますので、ここらあたりからグッとあったかくなるでしょう。

そこでこの春とっておきのコーディネートで毎日ご陽気に過ごしていただくために、ZABOUでは心優しきコンシェルジュどもが皆さまの目となり手足となって、ご一緒にコーディネイトのご提案を差し上げたいと存じます。

まずは、ZABOUのド定番「SAINT JAMES(セントジェームス)」を使った着こなしをご提案申し上げます。意外と知らなかった重ね着で、三寒四温の寒い日と温かい日を乗り切って参りましょう!

その後はみんな大好き「DOUBLE TREE(ダブルツリー)」の新作がボチボチ上がって参ります。このタイミングでスカッと爽やかオフホワイトが効いた春のコーディネイトで、奥さまや彼女さまを惚れ直させましょう!!男前にさせていただきますので、乞うご期待でございます!!

そうこうしている間にも、どんどんお品物が入荷して参ります。
「お洒落は足元から」の言葉通り、スニーカーやサンダルがやって参ります。すっきりした足元は、老若男女すべての層から受けがよろしゅうございますゆえに、是非とも押さえて置いていただきたいところでございます。まずスニーカー「MOONSTAR(ムーンスター)」の新作〇〇〇〇でございます。これは濡れます!おそらく糸が引くほどカウパーでびしょびしょになりますので、出来ればティッシュをご持参くださいませ!自信のない方は多い日も安心のロ〇エ・セーフティーロングがおすすめでございます。ポコチンにそっと当てて頂くだけでOK!

それと濡れついでに言わせていただきますと、今年は久しぶりに「BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)」をご用意させていただいております。ARIZONA(アリゾナ)しかもSOFT FOOTBED(ソフトフットベッド)で足元快適でございます。それから日本別注のZURICH(チューリッヒ)!双方ともにスウェード素材でご案内させていただきますよ~!

さ~て今月も休まず頑張ります。寒さが緩めばまた陽気で楽しい日がやって参ります。皆さまお風邪など召しませぬようくれぐれもご自愛のほどお過ごしくださいませ。
お休みの日には、是非ともご家族、ご友人、ご親戚、近所のオッサン、オバハンまでお誘い合わせの上ご来店くださいませ。心優しきZABOUのコンシェルジュどもが皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

店主敬白

http://www.yoomeebooths.com/PoolTradeShow/Day1/i-JNsk47F/A