SLOW(スロウ) リングメッシュレザーブレスレット&コンチョレザーブレスレット

 最近手に入れた、レザーのカメラケース。古いので結構年季が入っています。
 服屋なので、靴でも財布でもバッグでも、やはりレザーものには目がありません。お手入れも大好き。手をかけてあげた分だけ自分のものになるし、愛着も湧くし。ジーパンをちゃんと洗うようなもので、ラッセルモカシンにしろ、スロウのバッグにしろ、レザーのお手入れはお洗濯と同じくらい日常的で、かつ楽しいもの。このケースもお手入れしよう。

  
 さて、本日は『SLOW(スロウ) リングメッシュレザーブレスレット&コンチョレザーブレスレット』をご紹介致します。

 レザーバッグやレザーウォレットで人気の“SLOW(スロウ)”。僕も愛用者の一人ですが、質の良いレザーに確かな作り、手頃なお値段と非常にバランスの取れた同ブランド。そこへ、こんどは嬉しいレザーアクセサリーの登場です。

 コーディネートが薄着になって、何かとアクセントが欲しくなるこの季節。シンプルで気の利いたレザーアクセサリーは、カジュアルな服装をやや上品に、贅沢にしてくれます。もちろん、経年変化も楽しみ。たまに軽くお手入れして、自分だけのアクセサリーに育てちゃいましょう。

 以下、商品説明↓↓

 レザー部分の素材は兵庫県姫路市にある『昭南皮革工業所』にてなめされた”フルベジタブルタンニンレザー”を使用。『昭南皮革工業所』は国内でも数社しかない”ピットなめし”がおこなえるタンナーで、特に極厚レザーのなめしに定評があります。

 原皮は北米産のステア(生後2年以上経過した、太らせた雄牛からできる革のこと)で、1か月かけてじっくりと丁寧になめされた、”ベンズ”と呼ばれる革を使用しています。ベンズとは牛のおしりの部分(馬でいうコードバン)で、一番きめが細かく最高級の革と言えるものです。

 元々7ミリ以上もある極厚の革を4.5ミリに贅沢にすきかけしています。染料のみで色付けし、オイルを加えていき、最後に表面にワックスを塗りこみ時間をかけて浸透させて革が完成します。全て1点ごとに、東京の職人によるハンドメイドで仕上げられています。

  
 それがこちら↓↓

  
<SLOW(スロウ) リングメッシュレザーブレスレット キャメル>
SLOW(スロウ) リングメッシュレザーブレスレット キャメル  プライス:¥7,875-

  
<SLOW(スロウ) リングメッシュレザーブレスレット チョコ>
SLOW(スロウ) リングメッシュレザーブレスレット チョコ  プライス:¥7,875-

  
<SLOW(スロウ) コンチョレザーブレスレット キャメル>
SLOW(スロウ) コンチョレザーブレスレット キャメル  プライス:¥9,345-

  
<SLOW(スロウ) コンチョレザーブレスレット チョコ>
SLOW(スロウ) コンチョレザーブレスレット チョコ  プライス:¥9,345-

 真鍮製の大きいリングが付いた、シンプルなメッシュタイプのブレスと、シルバーのコンチョがアメリカな空気を漂わせる、二重巻きタイプのブレス。どちらもコーディネートを問わず、いつでも気軽に身に付けられそうです。

  

 ふと、手元を見るとお気に入りのレザーブレスが。さりげないお洒落、是非お試し下さいませ。

『SLOW(スロウ) リングメッシュレザーブレスレット&コンチョレザーブレスレット』が気になる!
☆ZABOUのお店の場所はこちら→『MAP
☆もっと詳しくはZABOU WEB SHOPをご覧下さい→『SLOW(スロウ) リングメッシュレザーブレスレット&コンチョレザーブレスレット

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL