TIMEX(タイメックス) 腕時計

 皆さんは腕時計しますか?僕はかならずします。社会に出てからは特にそうで、やはり時間を気にしながら行動することが求められますから、タイマー機能やアラームなんかは、一見いらないようでとても重宝します。

 例えば、荷物をメーカーへ発送するんだけど、5時までねばってから集荷を呼ぶとします。ところが、僕らの仕事は予測不能に仕事が入るので、気がついたら集荷受付が終了してる!なんてことよくあります。覚えとけよって話なんですが、さらっとアラームをセットしておくと、万が一忘れていても知らせてくれる。もしくは忘れにくくなる。

 はたまた逆に作業に没頭してて、気がつけばもうこんな時間!?他にすることあったのに‥、なんて時はチャイムが便利。一時間ごとに「ピピッ」って、時報をならしてくれる。「おっ、一時間たったか‥じゃあそろそろ次の作業に‥」なんてペース配分が出来る。仕事のいい相棒になってくれます。

 ってことは、ムーブメントはアナログでも、ある程度時を正確に刻み、アラームとチャイムくらいはついてるような、せめてそのくらいの機能は必要不可欠な訳です。しかもかっこよくなきゃ嫌だ。色々付け替えたい人だから、あまり値段が高くてもしんどくなる。オフの日にあまり時間を気にせず過ごす、もしくは、時間は携帯で見るから大丈夫、なんて人は、『アンティークウォッチ』なんかすごくいいのですが、でもどうせアンティークウォッチを買うならそれなりの値段のするいいものが欲しいし。となると気軽には買えないですよね。

 相変わらず前置きが長くなりましたが、こんな僕のわがままの条件を満たしてくれるのが、今回アメリカより入荷した、『TIMEX(タイメックス)』の腕時計なのです。まずラインナップが豊富です!

timex1.jpg

timex2.jpg

timex3.jpg

TIMEX(タイメックス)‥‥ 1854年に創立した長い歴史を持つブランド。アメリカ、コネティカット州ウォーターベリーに生まれた「ウォーターベリークロックカンパニー」を母体としてスタートしました。
 やがて、『大量生産によって誰にでも手の届く時計づくり』をモットーとするタイメックス社として発展。世界一薄型のカレンダー付きアナログクォーツを発表したり、世界初の文字盤全面発光“インディグロナイトライト”機能付き時計の発売を開始したりと、常に時代をリードしてきました。
 また歴代アメリカ大統領も愛用のアイアンマンシリーズなど、様々なラインナップが存在し、2003年には、GPSを利用して、移動した距離と速度を測定する“スピード&ディスタンス”を発表するなど、ユニークな製品もTIMEX(タイメックス)には多数存在します。

 詳しいラインナップはこちらをクリックしてご覧下さい!→『TIMEX WATCH(タイメックス・ウォッチ)

 入荷した日にTぐち兄さんとTIMEX(タイメックス)だけで1時間以上盛り上がり、さんざん付けまくって楽しんだあげく、その日に2人ともそれぞれ購入(笑)。ちなみに僕はこいつにしました。
exchrono1.jpg
こいつは『Expedition with chronograph(エクスペディションウィズクロノグラフ)』というモデル。全3色入荷しています。何がいいって、とにかく時計ってみるのと着けるのとで印象がまったく違います。着けたいと思うものと、実際に着けて似合うものが違うこともよくあります。自分に似合うほうにするのか、それとも好きなものを着けて似合うように工夫するのかは‥、自由です! 僕はこいつがなんせ『ザク』っぽくて気に入りました。それもカモフラに塗装してある限定バージョンっぽい感じ。分かりにくいと思いますが‥。

exchrono2.jpg
これがTIMEX(タイメックス)のお家芸、『インディグロナイトライト』。光る!ただそれだけでテンションが上がる。そんな単純な男に生まれて僕は幸せです。でもほんと便利ですよ。

 まさに『遊び』のある時計ですよ~。皆さん試しにご来店下さい。お待ちしております!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL