Fashion&Music-6 (船場ネオン×√Thumm(ルートサム))

 無事にショーが終わる。このドキドキは軽く10年以上は味わってなかったであろう。毎日学校へと通う、無邪気でびびりな子供だった頃、たかが学芸会で感じたようなあの緊張感を思い出し、懐かしさも同時におとずれた。 握手をしあう5人。表現の仕方はそれぞれだが、テンションはみな高い。ステージから無事戻った控え室で、5人は興奮状態だった。

『振り付け間違えたし、めっちゃ悔しいっすわ!もう一回やりたい!』と、本城君。

『次も出ます。』と、毛利君。

『世界がよいしょって動きましたね。』と、吉本君。

『カード出すの遅れたわ。』と、田口兄さん。

 おのおのの達成感を味わいながら、イベントはその後も続き、夜はふけていった。

~~~~~~~~~~

 となりのライブステージでライブが始まる。アナウンスを聞き、仲間と数名で足を運ぶ。バンド名は『√Thumm(ルートサム)』。初めて聞く。男性二人、女性ボーカル一人のテクノバンドのようだ。

 ゆっくり心地よく鳴り始めるやわらかいギターのメロディー。徐々にテンションをあげるビート。ボコーダーから耳へとダイレクトに届く歌と言葉。そこは√Thumm(ルートサム)ワールド。癒し効果抜群のアロマのような音の世界が僕たちを包み込みました。

 音にのってくると自然と体が動きます。ショーのために特別にセットしてもらった、僕のコロ助風ちょんまげヘアも、音に合わせて揺れます。 同時に、√Thumm(ルートサム)のメンバーものってくる。演奏に集中している3人も、少しづつ体が動いているのが分かる。わずかにはずみながら演奏する√Thumm(ルートサム)。その動きがカッコよすぎる!身体で刻むビートにしびれた。あっという間に4曲の演奏が終了。夢から覚めたような僕たちは、すでに√Thumm Music Worldのとりこになっていた。

~~~~~~~~~~

 と、ちょっとT川さん風に語り口調で書いてみましたが、去る12月8日にBEN◎、enn、ZABOU合同で行われたイベント、『船場ネオン』での出来事。 仕事&ショーの準備でほとんどライブが聴けなかった中、唯一しっかり聴くことが出来た『√Thumm(ルートサム)』。これが僕の音楽のツボにガツンと来ました!すごく良いです!

thumm1.jpg

thumm2.jpg

 すこしでも音楽に興味のある人、とにかく一度聞いてみて下さい。MYSPACEで音源を聴く事が出来ますので、コチラをクリックして下さい☆『myspace √Thumm(ルートサム)』

 √Thumm(ルートサム)のホームページはコチラです『√Thumm(ルートサム)』

 来年、1月20日にライブがあるようなので、行く予定をしています。一緒に行ってみたい人はZABOUの堀田までどうぞ。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL