ORTEGA’S(オルテガ) 別注が出来るまで

■ORTEGA’S(オルテガ)受注会を開催するにあたり、ZABOUスペシャルを作ろうと考えた2人。果たしてその裏側には、どんな苦労があったのでしょうか?

hota1.jpg
堀田(以下:H)「最初はクレイジーパターンでやろうって話から始まったんでしたよね~。」

tag1.jpg
田口(以下:T)「そうそう。イメージとしては、スリーピースのスーツのベストがそうであるように、背中がキュプラで前身ごろがスーツの共生地を使ったスタイルのような感じを表現したかってん。」

H:「僕なんかチンプンカンプンでしたよ~!そこから左右色違いとか、色んなアイディアが出ましたよね。」

T:「うん。で、結局ポケットの色だけ変えるのが一番カッコよかったもんな。」

ortega1.jpg

H:「ところが、次が色をどうするってなって、ほんま苦労しましたよね~!」

T:「10時M(※1)。しまくったなぁ(笑)。」

H:「はい(笑)。S(※2)じゃなくて、その時期は毎朝Mでしたね(笑)。」

T:「まず、グラデーションの色使いが良いって分かって、控えめなクレイジーがカッコいいっていう結論になったんやね。」

H:「そうでしたね~。頭の中がオルテガとポケットでいっぱいでした…。」

■こうして、クレイジーパターンは無事完成したわけですが、さて、もう一つのZABOUスペシャル、無地のORTEGA’S(オルテガ)はと言うと…

ortega2.jpg

T:「無地は案外すぐ決まったなぁ。」

H:「田口さんや店長の好きそうな感じが、すぐイメージできました。」

T:「ナチュラルなカラーしか頭に浮かべへんかったわ。」

H:「ですよね~。形もスクウェアって決まってる感じでしたし。でも、コンチョボタンはポイントだったんですかね?」

T:「せやなー。無地でナチュラルカラー。そうなると、ボタンでアクセントつけなバランスわるいし。」

H:「なるほど。これで完成ですね。」

■こうして、「クレイジーパターン」「無地ナチュラル」2つのZABOUスペシャルが完成したのでした。そして、いよいよ本国アメリカへのオーダーの日。

hota2.jpg

H:「田口さん、最後に確認させて頂きますが、本当にこのスペシャルモデル、いけるのでしょうか?」

tag2.jpg

T:「うむ…。いけるのではないか。」

3FのZABOUにて9/8(土)~9/17(月)まで、ORTEGAS VEST(オルテガ ベスト)の受注会を開催いたします。皆様、是非お越しください。

※1「M」=マクドミーティングのこと。 ※2「S」=ショップ(ZABOU)のこと。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL